2017年2月24日更新

任意ですが【混合ワクチンについて】愛犬の元気は飼い主さんの元気!

おかもとてつへい



ドッグマナー

自称犬の写真家(笑)/ NPO法人日本ドッグマナー協会 / 一般社団法人ペットライフデザイン協会 愛玩動物救命士 モラキジドッグは愛犬(モモ、ララ、キキ、ジジ)の頭文字からです。 犬同伴可の焼肉店で手作りフードでキャリアを積み、飼い主さんと愛犬の(ドッグマナーとペットライフ)共生の為に尽力しております。自社Webサイトコンテンツ制作や他社Webサイトも制作。

 
 

混合ワクチンで予防できる病気一覧

そもそも、ワクチンを摂取していれば下記に記述する病気の可能性は低くなります。
しかし、混合ワクチン摂取のタイミングには賛否両論がありますので、それを踏まえて読んで頂けたら幸いです。

最近、オーナーさんと愛犬のアウトドアブームが来てますが、犬レプトスピラ病にはお気をつけ下さい。

病名 症状
犬ジステンバー 発熱、義理、神経症状などが起こり、全身がおかされ、治ってもいろいろな後遺症に悩まされます。
死亡率も高く怖い病気です。
犬アデノウィルス2型感染症 アデノウイルスによる感染症で、肺炎や扁桃炎など呼吸器病などを起こします。
犬伝染性肝炎 アデノウイルスによる感染症で肝炎を主とし、嘔吐や下痢、食欲不振などが起こり、目が白く濁ることもあります。
子犬では突然死する事もある病気です。
犬パラインフルエンザウイルス パラインフルエンザウイルスによる呼吸器病で、咳や鼻水、扁桃炎を起こします。
アデノウイルスや嘔吐と一緒に「ケンネルコフ」と呼ばれる犬のカゼ症候群を引き起こします。
犬パルボウイルス感染症 血液の混じった酷い下痢や嘔吐をおこす腸炎型がよく知られていますが、子犬に突然死をもたらす心筋症もあります。
伝染性が強く死亡率も非常に高い病気です。
犬コロナウイルス 腸炎を引き起こす感染症です。下痢や嘔吐が起こります。
パルボウイルスと混合感染すると症状は一層重くなります。コロナとバルボを一緒に予防すること重要。
犬レプトスピラ病(黄疸出血型 / カニコーラ型) 細菌によって腎臓や肝臓が侵される、人と動物共通のこわい伝染病です。
代表的なのは歯茎の出血や黄疸がみられる黄疸出血型と、高熱、嘔吐、下痢をおこすカニコーラ型の2種ですが、この他にもいろいろなタイプがあるので注意が必要です。
アウトドアで活躍する犬ほど感染しやすいので、予防が大切です。

混合ワクチンを接種していないと入れないドッグランも!

混合ワクチンは任意であって義務ではありませんが、昨今ドッグランなどでは混合ワクチン接種をしていないと入場出来ないドッグランも増えてきています。
伝染病の可能性があったら当たりまえですよね!

ワンクチンの種類はまだあります。
5~6種混合ワクチンが5,000~7,500円、8~10種が5,000~10,000円程度となっています。
犬によってはアレルギーや副作用も考えられますので、農林水産省・動物医薬品研究所が公開している詳細情報を御覧ください。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード

本当に必要な犬や猫の「ペット保険」がわかる!後悔しない犬や猫のペット保険の選び方

ペット保険について徹底研究しました。ペット保険で失敗しないためには自分のニーズにあった保険を選ぶこと、保険についてきちんと理解することが大切です。

ドッグフード

【ペットシッターが解説】マンチカンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】マンチカンの飼い方、マンチカンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。マンチカンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

マンチカン

【ペットシッターが解説】メインクーンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】メインクーンの飼い方、メインクーンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。メインクーンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

メインクーン

もし親がいない子猫を拾ってしまったら…子猫の育て方を獣医師が解説

もし親がいない子猫を拾ってしまったら、こちらの記事をどうぞご覧ください。子猫を育て上げるために必要な知識を獣医師が解説します。

子猫

【獣医師監修】年に一度の狂犬病の注射、本当に必要なの? 狂犬病のワクチンの意義

狂犬病は、一度発症すると人間、動物ともに致死率100%と言われる恐ろしい病気です。しかし、日本国内では昭和33年以降、この病気の発生は報告されていません。 それでも狂犬病の予防注射は必……

犬のワクチン接種

【獣医師が解説】防げる病気は防いであげたい。犬の予防まとめ

狂犬病予防接種(年1回) 生後91日以上の犬の飼い主には、毎年1回の狂犬病予防注射を受けさせることが義務づけられています。 4月(年1回) 犬からの感染が多いので「狂犬病」……

犬のワクチン接種

【動物看護師が解説!】ワクチン接種で起こりうる副作用は?注意すべき症状と対策~犬編~

毎年必ず1回の接種が決められている、混合ワクチン。ペットホテルやドッグランを利用する際に証明書が必要となることもあり、狂犬病ワクチンと同じく、毎年忘れずに接種してくださっている飼い主さんも多……

犬のワクチン接種