2017年5月18日更新

外に出かけるのが大好きなキャバリアに洋服は必要?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

大きな瞳とふんわりと優しい飾り毛のついた垂れ耳が優しく上品な印象のキャバリア。好奇心旺盛で社交的なキャバリアは一緒にお出かけするのにも最適な犬種です。お出かけの時に気になるのが抜け毛の問題。抜け毛対策で洋服を着せるのはどうなのでしょうか?今回はキャバリアに洋服を着せることについて調べてみました。

 

洋服の必要性とは?

キャバリアの魅力の1つは優雅な名前が付いたカラーが特徴的な、ほどよい長さのふんわりとした被毛ですね。「洋服を着せて包み隠してしまうのはもったいない!」と考える方もいらっしゃると思います。

犬に洋服を着せることについては賛否両論があります。反対の考えを持つ方に多い意見が、人のように着飾らせるのは人のエゴで犬には迷惑だという意見でしょう。確かにお洒落のためだけに過度に装飾された洋服を着せることは、人のエゴで犬にとっては迷惑なものかもしれません。

しかし今の犬の洋服にはお洒落だけでなく実用性の高い物も多く、人と犬がお互いに快適に暮らしていくために必要なものとなってきているようです。犬にとって洋服が必要だといわれている理由をいくつかご紹介しましょう。

犬_素材2821585840_81028df03b_z

暑さ寒さの対策のため

キャバリアはダブルコートという毛の構造をしています。ダブルコートの犬種は本来寒冷地で育種改良された犬が多く、暑さに弱いといわれています。またキャバリアのカラーの1つであるブラック&タンの場合は夏の強い日差しを吸収してしまい、被毛の中に暑さを溜めてしまうことがあるようですね。そのため熱中症になるケースも多くみられるようで夏の熱さに対する対策が必要なようです。

寒さには強いという印象があるキャバリアですが、日本で繁殖された犬の中には寒さに弱くヒーターの前から離れないような犬もいるようです。確かにあまり甘やかしてしまい元来持っている寒さに対する対応力を無くしてしまうのは問題ですが、防寒をせずに無理に外を歩かせる必要もありません。

温度管理がされている室内で洋服を着て過ごす必要はないかもしれません。しかし以前に比べて気候の変動が激しくなっている現状では、外へ出かける時には気候にあわせた洋服を身に付けて、暑さ寒さに対処してあげることも必要なようです。

臭いと抜け毛の防止

キャバリアの毛の構造であるダブルコートは上毛と下毛の2重の構造をしており、下毛が抜け替わることで季節にあわせた体温調整をしています。そのため春から夏にかけてと秋から冬にかけての季節の変わり目には、換毛期と呼ばれる毛の生え変わりの時期があり、その時の抜け毛の量は抱っこをすると服にべったりと付くほどです。

またキャバリアの臭いですが、基本的には体臭はあまり気にならない犬種だといわれていますが、耳の臭いや目の周りなど臭いが気になることもあるようですね。

愛犬の臭いは飼い主にとっては気にならないものかもしれませんが、犬の臭いに慣れていない人には少しの臭いでも気になるもののようです。また抜け毛についてはアレルギーのある人もいらっしゃいますね。

自宅では臭いも抜け毛も自分たちで対処すればよいことですが、他所の家にお邪魔する時やショッピングモールなどの公共の場所では迷惑になってしまいます。キャバリアと一緒に出かける時に洋服を着せることは、マナーの1つでもあるのです。

汚れの防止

キャバリアはほどよい長さの絹のように細い被毛をしています。細く柔らかい毛質をしているため、外を歩くと下に落ちているゴミや枯れ葉などを絡め取りやすく、1度絡めてしまうと取りにくいようです。特にチャームポイントの垂れ耳は、臭いを嗅いでいる時に地面や草むら、植え込みなどに擦りつけてしまうようで、汚れが付着しやすいようです。

ゴミや枯れ葉も困るのですが、1番絡めて困ってしまうのはノミやダニなどの寄生虫ですね。予防薬を塗布していれば寄生されることはありませんが、被毛の中に死骸が残ってしまうとアレルギーの原因になってしまいます。

洋服を着て汚れの付着を予防してあげることは、家の中に汚れを持ち込まないようにするためだけでなく、被毛や肌を清潔に保つために必要なことのようです。

imasia_14136173_S

慣れるまではゆっくりと

キャバリアと出かける時に洋服を着せるのは、愛犬の健康を守るためにもマナーとしても必要なことのようですね。ですが犬にとって洋服は着慣れない違和感のあるものであることには違いはありません。特に室内で着る習慣がない場合は、出かける時に急に洋服を着せると嫌がって暴れたり、動けなくなってしまうこともあります。

洋服を着せる時は少しずつ慣らしてあげることが大切ですね。軽くて着心地のよい洋服を選んであげて、まずはいつも過ごしている室内で着せてあげましょう。嫌がるようならすぐに脱がせます。少しでも着て落ち着いていられるようになったら、たっぷりと褒めてあげましょう。ご褒美のオヤツをあげるのも効果的ですね。

これを繰り替えし着ていられる時間を少しずつ伸ばしていきます。着ることによって暖かかったり、過ごしやすくなることがわかるようになると、進んで洋服を着てくれるようになります。洋服を着せる時は焦らずゆっくりと慣らしてあげるとよいですね。

 

犬の洋服選びはサイズのあったものを選ぶことが重要

犬の洋服選びで重要なことはデザインではありません。もっとも大切なことは動きを妨げることがない、体のサイズにあった洋服であることです。

既成の洋服の場合は人間の洋服を同じようにS、M、Lなどのサイズ表記がされていることが多いようですが、それぞれのメーカーによって同じサイズ表記でも若干大きさに違いがあるようです。またダックスフンドのような胴長短足の体つきにあわせた洋服の場合は、通常のサイズ表記の前や後にDが付いたDS、DM、DLのような表記もあるようです。

キャバリアだからといってダックスフンド用のサイズが合わないとは限りませんし、メーカーが違えばいつもはSサイズでもMサイズでなければ着られないようなこともあるようです。ペットショップなど試着のできる所の場合は、できるだけ試着をして体に合ったサイズであるかを確認してから購入するとよいですね。

最近では犬の洋服を専門に扱っているお店では、オーダーメイドやセミオーダーなどの注文を受け付けているところも多くなってきています。犬のサイズの採寸はなかなか正確に測るのは難しいので、プロの方に測ってもらうと安心ですね。

少し高額になりますが1度採寸してしまえば次からも体のサイズにぴったりの洋服を作ってもらえますし、デザインも形も世界で1つの愛犬のための洋服が手に入るのは魅力的です。

室内では着せないで過ごす時間も必要

キャバリアのような長毛種に洋服を着せる時の悩みの1つが、被毛と洋服が擦れて切れ毛や毛玉ができやすいという問題です。また長い毛を押し付けるように洋服を着せることになるため、洋服の中が蒸れやすい状態になるのも困った点ですね。毛玉も肌の蒸れも肌へのストレスが大きいものです。その状態を続けていると皮膚病の原因となってしまうこともあります。

キャバリアに洋服を着せる時は、着せっぱなしにしないことが大切です。家の中に必ず1部屋は室温管理ができていて、洋服を着ないで過ごすことができる場所を用意してあげましょう。また洋服を脱がせたあとはブラッシングをして被毛の手入れをしてあげるとよいでしょう。

犬_素材

まとめ

キャバリアに洋服を着せることについて色々と調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

垂れ耳のキャバリアにとって便利なグッズの1つにスヌードがあります。変装用の被り物のイメージがあるかもしれませんが、本来は散歩や食事の時に耳が汚れることを防ぐ目的で使用するものです。特に雨上がりなど道がぬかるんでいるような時には、とても重宝するグッズになります。

垂れ耳の犬種は立耳の犬種より耳の中が汚れやすいものです。外耳炎など耳の病気を予防するためにも、耳をつねに清潔に保ってあげたいものですね。キャバリアの場合は洋服にあわせてスヌードを付けることにも慣らしておいてあげるとよいでしょう。

 
 

関連カテゴリ