2017年5月18日更新

真っ白フワフワ!愛嬌たっぷりのマルチーズの飼いやすさについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

紀元前からの長い歴史を持ち、ずっと人々の腕の中で大事に愛されてきた生粋の愛玩犬であるマルチーズ。ウェディングドレスを思わせるような純白の被毛と対照的な真っ黒の瞳が印象的ですね。マルチーズが長く私たちを魅了し続ける理由は一体なんなのでしょうか?今回はそんなマルチーズの飼いやすさについて調べてみました。

 

マルチーズの性格は?

貴婦人たちの抱っこ犬として長く愛されてきたマルチーズは、基本的には明るく温厚な性格をしています。飼い主に対し愛情深くとても甘えん坊で、飼い主が他の人や犬と楽しそうにしていると焼きもちをやくようなこともあるようです。飼い主に甘えながら上手におねだりすることでも知られていますね。

飼い主にはべったりと甘えるマルチーズですが、飼い主以外の人にはあまり懐かずやや排他的な傾向があります。その点を理解してしっかりと人とのコミュニケーションの方法を教えてあげれば、人の気持ちに敏感で優しい性格をしているので、セラピードッグとして活躍することもできるようです。

見た目が可愛く上品なのでいつも大人しく過ごしているような印象がありますが、意外と野性的な面も持っていて、活発に走り回ったり飼い主と一緒におもちゃやボールで遊ぶことも大好きです。

イギリスで初めてドッグショーへ登場した時は、マルチーズ・テリアといわれていたことがあるように、大胆で怖いもの知らずなところもあるようですね。自分よりも大きな犬に対しても向かっていてしまうような面も持っているようなので、散歩やドッグランで遊ばせる時には注意が必要かもしれません。

マルチーズ_犬_素材dog-1027549_640

マルチーズのしつけはしやすい?

マルチーズは犬を初めて飼う方におすすめの犬種だといわれる理由が、賢く聡明でしつけがしやすいことです。

長く人とともに生活をしてきたマルチーズは、より人に対して友好的で穏やかな愛玩犬に向いた性格になるように交配されてきました。つまり生まれながらにペットとして生活することに向いた犬種であることが、マルチーズがしつけをしやすい理由のようですね。

ただし賢さはもろ刃の剣でもあります。可愛くておねだり上手なマルチーズですからついつい甘やかしてしまいがちですが、おねだりに負けて要求をとおしてしまうと、どうすれば飼い主に要求がとおるのかをすぐに覚えてしまいます。

マルチーズのしつけはダメなことは毅然とした態度でダメ、できた時はたっぷりの褒め言葉でしつけてあげるとよいようです。メリハリのあるしつけを心がければ、1番難しいといわれているトイレのしつけもスムーズに覚えてくれるようです。

 

マルチーズの臭いと抜け毛は?

しつけのしやすさにあわせてマルチーズが飼いやすいといわれるわけには、体臭と抜け毛がほとんどないこともあります。

マルチーズの抜け毛が少ない理由は、マルチーズの毛の構造にあるようです。シングルコートの犬種は温暖な地方で育種改良された犬が多く、冬の寒さから体温を守る必要がないため、人と生活しやすいように抜け毛の少ない犬へと改良されたという説が有力です。マルチーズはこのシングルコートの毛質をしているので、抜け毛が少ないようですね。

臭いの方ですが、犬の臭いはカラーによって若干影響を受けるようです。ブラックカラーの犬は臭いが気になることが多いようですが、マルチーズのようなホワイトカラーの犬種は気にならないことが多いようです。

室内で犬と一緒に生活をすることを考えると、抜け毛と体臭が気にならないのはポイントが高いですね。ただし抜け毛は少ないのですが白い被毛を毛玉やくすみなく綺麗に保っておくことはとても手間のかかることです。被毛のケアに十分に時間をとることができる人がマルチーズを飼うのに適しているようです。

imasia_7710939_S

マルチーズのかかりやすい病気は?

犬でなくてもペットを飼う時に1番心配なことは病気がちであるどうかではないでしょうか?ペットの医療費には保険がききませんので高額になることが考えられますね。医療費への備えを考えるとできるだけ健全な犬を迎えたいところです。

マルチーズがかかりやすいといわれている病気には次のようなものがあります。

膝蓋骨脱臼

マルチーズのような小型犬に発症することが多い病気です。

後ろ足の膝蓋骨(膝のおさら)が脱臼(ずれたり外れたり)してしまう病気です。骨や筋肉の形成異常で起こるような場合は先天性、高いところから落ちるなどがきっかけで発症する場合は後天性といいます。

症状としてはスキップのような歩き方をする、脱臼した足をかばい3本の足で歩く、つま先立ちのような歩き方をする、膝が腫れている、歩きたがらない、立ち上がりにくそうにするなどがあります。

治療法としては膝蓋骨を正常な位置に戻す手術を受けるのですが、あまり病気が進行してしまうと骨が変形してしまい、手術に適さない状態になってしまうことがあります。そのため早期発見、早期手術が必要になる病気です。

低血糖症

血液の中にある糖分であるグルコースが少なくなってしまうことで発症する病気です。グルコースの欠乏により細胞への栄養供給が行き渡らなくなるため、急に元気がなくなりぐったりしてしまったり、痙攣を起こすなどの症状が現れます。症状が進むと下半身が麻痺したように動かなくなったり、失神、失明などの危険性があります。

幼年の頃に発症した場合は腸内の寄生虫やストレス、パルボウィルス感染症などの疾患から、成犬の場合はホルモンバランス異常、糖尿病、敗血症などの疾患から併発している可能性が高い病気です。

治療法はブドウ糖を口からもしくは点滴などで投与します。

僧帽弁閉鎖不全症

マルチーズは中高年期以降に心疾患を発症するケースが高いようです。なかでも僧帽弁閉鎖不全症を発症するケースが多いようで、7歳から8歳が好発年齢だといわれています。

僧帽弁閉鎖不全症とは心臓の左心房と左心室の間にある僧帽弁が変性し閉まらなくなってしまうことで、左心室から左心房への血液が逆流してしまう病気です。若年の犬よりも老齢の犬での発症率が高い病気です。

初期の症状はあまりなく健康診断などで発見されることが多いようですが、進行してくると散歩や夜中などに咳が出る、疲れやすい、運動を嫌がるなどの症状がみられるようになります。重度になると肺水腫を引き起こし呼吸困難になることもあるそうです。

現在は根治させる治療法がなく症状の緩和と病気の進行を抑えるため、投薬や運動制限、食事療法による体重管理など内科的な治療が主になります。1度発症すると生涯にわたって経過観察や投薬などの治療が必要になる病気です。

マルチーズの飼育費用は?

犬を飼う時にまずかかるのがトイレやケージなど犬の生活用品の購入費ですね。マルチーズは小型犬で大きくなっても体高は30cm程度にしかならないので、大きな生活スペースは必要ではありません。生活用品もすべて小型のもので大丈夫なので、初期費用もあまりかからないようです。またマルチーズは小食な犬が多いようでエサ代もあまりかかりません。

ただしマルチーズの場合は真っ白な絹のような被毛を、美しく保つためにはトリミングの費用がかかるようですね。

マルチーズのトリミング料金のおおよその相場は4千円から5千円前後のようですが、白さを保つためにホワイトカラー専用のシャンプーなどをオプションで付けるともう少し高額になることがあるようです。スタイルによっても異なりますが、綺麗なカットスタイルを保つためには1ヶ月から2ヶ月に1度くらいの頻度でトリミングが必要になるようです。

imasia_12190643_S

まとめ

マルチーズの飼いやすさについて実際に生活をすることを考えて、色々と調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

マルチーズは愛玩犬としての長い歴史から、人とともに生活しやすい性格の犬種になっていったようですね。小柄で生活のスペースも必要なくあまり無駄吠えもしないことから、マンションなどの集合住宅でも飼いやすいといわれています。

被毛のケアには時間とお金がかかるようですが、その分さまざまなカットスタイルを楽しむことができますし、何よりも純白の被毛は見る人を魅了する美しさがあります。マルチーズを飼う人は、被毛の手入れをコミュニケーションの1つとして楽しむことができる人が向いているようですね。

 
 

関連カテゴリ