2017年5月18日更新

愛玩犬の中の愛玩犬!マルチーズの散歩についてのまとめ

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

純白の美しい被毛に覆われたマルチーズ。純粋に愛玩犬としてのみ飼育されてきた珍しい歴史を持つ犬種ですね。ビクトリア女王をはじめ高貴な婦人たちの腕の中で、美しい装飾品のように抱っこされてきたマルチーズには、運動や散歩は必要ないことなのでしょうか?今回はそんなマルチーズの散歩について調べてみました。

 

マルチーズに散歩は必要?

愛玩犬として長い歴史を持つマルチーズには激しく運動するようなイメージはあまりありません。そのためマルチーズには散歩の必要はないといわれることが多いようですが、本当に必要ないことなのでしょうか?

インターネットでマルチーズ、散歩で検索をしてみると、散歩が好きで1日1時間以上散歩をするような犬もいれば、外を歩くのが嫌いで10分以上歩かないような犬もいるようですね。マルチーズの運動に対する欲求には個体差が大きいということのようです。

確かに体格にも個体差が大きいマルチーズを一括りで考えるのは難しいところではありますが、一般的にマルチーズに必要な運動量は室内でも十分にとることができるといわれています。しかしやや神経質で、マルチーズテリアとも呼ばれるほど気が強い1面のあるマルチーズにとっては、散歩をすることには運動量を確保する以外にも意味のあることのようです。

マルチーズ_犬_素材dog-1309377_640

マルチーズにとっての散歩の意味

マルチーズにとって散歩にはどのような意味があるのでしょうか?マルチーズに散歩をさせる意味としては主に次のような事柄があるといわれています。

警戒心をおさえ社会性を身に付ける

高貴な方々に長く寵愛されてきた歴史を持つマルチーズは気位が高く、やや神経質な面と大胆でテリアのような気の強さを併せ持った犬だといわれています。そのため室内だけで飼育してしまうと、排他的で家族以外の人や他の犬に対して警戒心の強い犬へと成長してしまうようです。

せっかく愛らしく陽気な性質を持っているのですから、誰からも愛され小さなお子さんにも朗らかに接することができる犬へと成長して欲しいものですよね。

家族以外の人や他の犬との関わり方など社会性を身に付けることを犬の社会化といいます。神経質でやや排他的な面のあるマルチーズの場合は、できるだけ早い時期から家族以外の人や他の犬と触れ合う機会を作って、社会化を始めるとよいといわれています。ワクチンの接種が終わる4ヶ月辺りから積極的に散歩へ連れて行って、人や犬と触れ合う機会を作ってあげるとよいですね。

ストレスの発散

運動面だけを考えるとマルチーズの場合は室内でボールやおもちゃを使って遊んであげれば十分に足りるといわれています。また意外と活発で室内でも動き回っている犬が多いことも、マルチーズには散歩は必要ないといわれてしまう要因のようですね。

しかしあまり刺激のない室内だけで過ごしていると、知らないうちにストレスを溜めてしまうこともあるようです。今まで吠えなかったような音にも吠えるようになってしまったり、齧ってはいけない物をわざと齧ったりなどはストレスのサインだといわれています。

長い時間の散歩でなくても外に出て室内にはない刺激を受けることは、マルチーズにとっては大切なストレス発散になるようです。

日光浴

犬も人間と同様に太陽の紫外線を浴びることで、体内でビタミンDを生成します。ビタミンDはカルシウムの吸収を助けることで知られています。骨が細く関節にも心配のあるマルチーズの場合は、できるだけ効率よくカルシウムも吸収するためにも、ビタミンDは必要な栄養素の1つです。

またビタミンDにはカルシウムの吸収をよくするだけでなく、殺菌作用にも効果があるといわれています。マルチーズはアレルギー性皮膚炎やアトピー、脱毛症などに注意が必要な犬種です。被毛や皮膚はいつも清潔に保っておきたいところですね。

夏などの日差しが強いなかを歩くのは、熱中症などの危険もあるのでおすすめできませんが、春や秋など気候のよい時に暖かい時間帯を選んでゆっくりと日光浴を楽しむのも、マルチーズと散歩をする意味の1つでしょう。

素材puppy-1491605_960_720

 

マルチーズに必要な散歩の目安は?

前にも書きましたがマルチーズは関節の病気に注意が必要な犬種です。特に膝蓋骨脱臼はかかりやすい傾向があるので、あまり過度な運動は病気を誘発してしまう危険性があるようです。

また運動量を確保するためだけならば室内で遊ばせてあげるだけで足りるといわれていますので、あまり長時間の散歩は必要ないようです。マルチーズの散歩の目安は1日朝夕2回で1回の時間は15分程度で十分だといわれています。犬の体力にあわせて無理のない散歩量がマルチーズには適しているようですね。

季節にあわせて時間調整をしましょう

マルチーズは体高が低く小柄な犬種です。そのため地面からの熱や寒さの影響を受けやすくなります。最近は気候の変動が激しく昔よりも日差しも強くなってきています。気持ち良く安全に散歩をさせるためには、季節にあわせて散歩の時間を調整してあげる必要があります。

夏の散歩はできれば地面が熱を持つ前の午前5時~6時くらい、夕方は地面の熱がしっかりと抜けているのを確認してから散歩をするとよいでしょう。逆に冬は陽の高くなって暖かくなってくる時間帯を選ぶなど散歩の時間を調整してあげるとよいとわれています。

運動量としては室内だけで十分にとることができるのですから、早朝や昼間の散歩が無理な場合は無理に2回にこだわらず、1回の散歩を少し長くしてあげたり、室内で遊ぶ時間を長くとってあげるなどの工夫をして、体に無理のない散歩を心がけてあげましょう。

犬_素材dog-1037702_640

まとめ

マルチーズの散歩についていろいろと調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

マルチーズの中には屋外が苦手で散歩にあまり行きたがらない犬もいるようです。犬にとって室内で飼い主とともに過ごす時間は、自分のテリトリーの中で決められたルールの元で過ごすことができる安心感のある時間ですね。そのため神経質な面の強い犬の場合は、屋外に出ると不安から歩けなくなってしまうようです。

屋外が苦手で散歩が嫌いな犬の場合は運動量の問題は室内で解決するようにして、まずは外に慣らしてあげることが大切ですね。抱っこをして家の外を散歩したり、庭やベランダに出してあげるなど工夫をしながら、少しずつ外の刺激に慣らしていくとよいでしょう。

外に出ると楽しいことがあると感じてもらうために、少し歩いたら褒めておやつをあげるのも効果的なようです。室内だけで生活している犬より、生活の中に屋外で過ごす時間がある犬の方が健康的だというデータもあるようです。屋外が苦手だからと室内だけで生活させずに、少しでも一緒に外へ出る時間を作ってあげるとよいですね。

 
 

関連カテゴリ