2017年5月18日更新

マルチーズとのお散歩には首輪がいいの?ハーネスがいいの?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

シルクのように白く艶やかな被毛がトレードマークのマルチーズ。豊かな被毛に覆われているマルチーズはなかなか体のサイズはわかりずらいのですが、実はびっくりするほど華奢な体をしています。今回はそんなマルチーズと散歩する時にはに首輪とハーネスどちらが適しているかを調べてみました。

 

首輪とは?ハーネスとは?

華奢で小顔のマルチーズと散歩をする時に気になることは、引っ張った時に首輪やハーネスが抜けてしまわないのかということですね。また首輪だと首への衝撃が強すぎるのではないかという心配もあるようです。

マルチーズと散歩をする時に首輪がいいのかハーネスがいいのかを考える前に、まず首輪とハーネスがどのようなものなのかを理解しておきましょう。

imasia_6869420_S

首輪の特徴

首輪とは犬の首に巻くリボン型のグッズになります。素材は主に皮、ナイロン、布などでできていることが多く、長さを調節するためのアジャスターが付いているので、犬のサイズにあわせて細かく調整することができます。また太さや長さ形などさまざまなものがあるので、犬の体格にあわせて選ぶことができます。

最近では首輪は散歩の時にリードをつなぐためのグッズとして扱われることが多いですが、首輪は散歩の時に使用するためだけの道具ではなく、見る人にその犬に所有者がいることをアピールする目的もあるのです。そのため首輪は散歩に利用しなくても常時付けておくことが望ましいといわれています。

「でも室内で飼ってるんだから必要ないんじゃないの?」と考える方も多いことでしょう。しかし室内で飼っていたとしても、来客時に玄関が空いた時に不意に外に飛び出してしまったり、散歩の途中でリードから離れてしまうよう万が一がないとは限りません。

そんな万が一に備えて首輪をしておけば、例えば保健所に保護された場合は飼い犬として処分期間が延期になることが多いようですし、首輪に連絡先を記載したり迷子札を付けておけば、保健所へ連れて行かれる前に保護した方が連絡を取ってくれる可能性が高くなりますね。

また階段など高いところから落下してしまいそうな時、とっさに掴むところがあれば安全を確保することができます。首輪には犬を危険から守る意味もあるようです。

ハーネスの特徴

ハーネスはもともとはそり犬をそりにつなぐための道具として開発された物です。

そり犬は重たい荷物や人をそりに乗せて、悪路の中を長時間走り続けなければなりませんね。そのためできる限りからだに負担をかけずに、力いっぱい引っ張ることができるような構造になっています。

散歩に使用するために改良されたハーネスは、皮やナイロンのリボンで作られたものを前足に通す形のものが多いようですが、最近では可愛らしいデザインのベストタイプのものも多く販売されていますね。

マルチーズ_犬_素材dog-1254326_640

メリット・デメリットを知っておきましょう

首輪とハーネスそれぞれを散歩に利用するには、メリットとデメリットがあるようです。それぞれのメリット・デメリットを理解して、マルチーズにはどちらが適しているのかを考えてみましょう。

首輪のメリット・デメリット

メリット

  • 着脱が簡単に行える
  • いつもつけておくことができる
  • 首に直接ショックを与えることができるので犬とのコミュニケーションが取りやすくしつけに向いている

デメリット

  • 首が細く頭の小さい犬種の場合は抜けやすい
  • 引っ張った時に首や気管に負担が大きい

ハーネスのメリット・デメリット

メリット

  • 引っ張っても首や気管に負担がかからない
  • 胴に回すので抜けにくい

デメリット

  • 犬が引っ張りやすい構造なので引っ張り癖を付けやすく治しにくい
  • 犬が咬んで壊してしまう可能性があるので装着をしたままにしておくことができない
  • 前足を通して胴体に回さなければならないので着脱に時間がかかる
 

マルチーズに適しているのは首輪?ハーネス?

首輪とハーネスの特徴やそれぞれのメリット・デメリットをふまえて、マルチーズが散歩に使うにはどちらが適しているのかを考えてみましょう。

まず首輪を利用する場合ですが、華奢で小顔なマルチーズの場合は首輪だと引っ張った時に抜けやすいといわれています。また小型犬は気管が細く首などへの衝撃から気管虚脱などの病気を誘発しやすいといわれているのも気になるところです。

ではハーネスではどうなのでしょうか?ハーネスの問題点は引っ張り癖をなおすことが難しいところです。首輪のように引っ張っても体に負担がかからないのはよいところなのですが、リードウォークなど散歩のしつけが難しくなってしまうのです。

これらのメリット・デメリットを考えるとマルチーズには両方を使い分けるのがよいようです。まず首輪とリードを使って散歩のルールを教えてあげて、しっかりと飼い主の側を歩けるようになったらハーネスに取り替えてあげるのがよいでしょう。

付け慣れておくことが大切です

マルチーズには首輪もハーネスも必要なことがわかりましたね。「では早速つけて散歩に!」と考えてしまうかも知れませんが、それはちょっと待ってください。犬にとって首輪もハーネスも付け慣れない物です。付けてすぐに散歩に出ようとしても首輪やハーネスが気になって歩けないこともあります。

首輪もハーネスもまず慣らしてあげることが大切です。首輪やハーネスに慣らすにはまず室内で首や胴に軽いリボンのようなものを巻いて、何かを巻くことに慣らしてあげるとよいでしょう。リボンが巻かれていても気にしなくなってきてから、首輪やハーネスを巻くようにします。

それでも皮や布の感触に慣れずに嫌がることも多いと思います。その場合は無理をさせずすぐに外してあげましょう。少しずつ慣らしてあげることが大切です。巻かれていても落ち着いていられるようになったら、散歩の前の準備として室内でリードを付けて遊んであげましょう。

室内で遊ぶことに慣れてきたら外へと出てみましょう。外へ出しても無理をさせないことが大切です。犬の様子をみながら犬のペースにあわせて少しずつ距離を伸ばしていきましょう。

マルチーズ_犬_素材dog-1123016_640

便利なグッズをうまく活用

マルチーズには首輪が適しているのかハーネスが適しているのかを、散歩で利用することを中心に調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

最近は首輪やハーネスもさまざまな用途にあわせたものが販売されています。引っ張る癖を助長してしまうといわれているハーネスにも、引っ張り癖をなおすことができるイージーハーネスという商品があります。普通のハーネスと違って胸の前にリボンが渡る構造になっていて、胸の前のリボンにリードを付ける金具が付けられています。

胸の前にリードが付くことで犬が引っ張ると自然に体が横や後ろに向いてしまいます。思う方向に進めないことを繰り返すことで、引っ張り癖をなおすことができるのです。気管や心臓に心配のある犬の場合は、最初から首輪を使わずにイージーウォークハーネスを試してみるのもよい方法ですね。

また迷い犬の対策のために常に首輪を付けていると、マルチーズのような長毛種の場合は被毛に癖が付いてしまいます。マルチーズの飼い主の方の中には被毛に癖がつかないように、迷子札をアクセサリーチェーンに付けている方も多いようです。

最近は犬用のグッズも便利なものが多く販売されています。うまく活用して快適に過ごせるようにしてあげたいですね。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード