2017年5月18日更新

実は大胆で勇猛果敢!マルチーズと一緒にドッグランへ行くには?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

上品な見た目と小柄で華奢な体つきから澄ました印象のあるマルチーズ。実はとっても勇敢で大胆な性格をしているってご存知ですか?慣れるまでは大人しくても1度慣れてしまえば初めてのドッグランでもへっちゃらなマルチーズ!大型犬もなんのその。今回はそんなマルチーズとドッグランに行くための準備などを調べてみました。

 

ドッグランとはどのような所?

最近では高速道路のサービスエリアや大きな商業施設に併設されていることもあり、飼い犬が利用する施設としてドッグランは一般的になってきていますね。観光地などでは広さや施設の充実したドッグランもあり、ドッグランに行くことを目的に出かける飼い主の方もいらっしゃるようです。

ドッグランを利用する方のなかには、同じ犬種同士で日時をあわせて集まるオフ会を実施している方もいらっしゃいます。同じ犬種同士なら体格差もあまりなく遊び方も似ているので安心ですし、飼い主同士も犬種固有の悩みなどを情報交換ができるので有意義な時間を過ごせますね。

ドッグランデビューをする時に少し不安を感じるなら、近くのドッグランで開かれるマルチーズのオフ会に参加してみるのもデビューをスムーズにするよい方法でしょう。

日本ではドッグランの名称で親しまれていますが、欧米ではドッグパークといわれていて、飼い主と飼い犬が自由に遊ぶことができる広場のことを示します。基本的にはリードを付けることなく犬が自由に走り回ることができる施設なので、犬が逃げ出してしまわないように柵で他の施設と区別されているところが多いですね。

ドックランは飼い主と飼い犬が利用する公共の施設です。公共の施設を利用する時はお互いが気持ち良く利用できるように心を配る必要がありますね。マルチーズとドッグランへ行くために必要なことを1つ1つご紹介しましょう。

マルチーズ_犬_素材dog-1123016_640

どんな準備が必要なの?

公共の場所を利用する時にはある程度のマナーを理解しておく必要があるのは人でも犬でも変わりありません。犬がドッグランを利用する時には最低限のしつけができていることが前提になります。

ドッグランを利用する前に身に付けておきたいしつけは主に次のようにいわれています。

呼び戻し

ドッグランに行く前に家や散歩での呼び戻しは100%できる状態にしておく必要があります。

ドッグランの中では犬たちはリードから離れて自由に動き回ります。他の犬の臭いや動きに興奮して我を忘れてしまう場合も考えられますね。どんなに興奮した状態でも飼い主の呼びかけにしっかり反応できるようにしておかないと、思わぬ事故につながってしまことが考えられます。

また自分の愛犬は冷静であったとしても、相手の犬が冷静さを欠いている場合もありますね。特にマルチーズのような小型犬は事故の加害者になるよりも被害者になってしまう場面が多く、悲しいことに死亡事故につながるようなケースもあるようです。少しでも危険だと感じた時は、素早く呼び戻し抱き上げるなど安全を確保してあげられるようにしておく必要があるのです。

クールダウン

呼び戻しにあわせて教えておく必要があるのがクールダウンです。マルチーズは見た目の上品さとは裏腹に大胆で勇猛な面を持っています。そのため大型の犬種に対しても物おじせず向かって行ってしまうような場合もあるようです。

危険だと判断して呼び戻したはいいけれど吠え続けているようでは、他の犬を刺激してしまい一緒に遊ぶどころではなくなってしまいます。呼び戻しをした後はしっかりとクールダウンさせて、落ち着いた状態で遊ばせるようにしましょう。

クールダウンには「お座り」「ふせ」「待て」のコマンドが有効です。少し興奮がおさまってきたら抱っこから下へおろして「お座り」もしくは「ふせ」のコマンドをかけて「待て」をさせましょう。他の犬の動きなどを目で追うことなく飼い主をしっかりと見ていられるようになってから、離してあげるとよいですね。

クールダウンには飼い主がどんな時も側にいて守ってくれることを感じさせて、犬を安心させる効果もあります。ドッグランに入ったら他の犬とは離れて、クールダウンをさせてから離してあげるのもよいでしょう。

犬の社会化

「他の犬に慣れさせるためにドッグランへ連れてきました。」という飼い主の方を時々見かけます。犬に慣れていない状態でドッグランを利用するのは危険が伴うので、犬に慣らすためにドッグランを利用することはおすすめできません。

犬に慣れていない状態でドッグランを利用すると、いきなり多くの犬に囲まれることがあります。犬に慣れていない状態で多くの犬とうまく挨拶をかわすことはなかなか難しいものです。なかにはうまく挨拶をかわせないことに怒ってしまう犬もいるでしょう。

前にも書いているとおりドッグランでは犬たちはリードから離れている状態です。飼い主のコントロールが効いている場面では考えられないことが起こる可能性があることを忘れてはいけません。

犬に犬同士のコミュニケーションや、家族以外の人との関わり方を覚えさせることを、犬の社会化といいます。ドッグランを利用する前に散歩などお互いに飼い主がコントロールできる状態で、多くの犬や人と触れ合う機会を持って社会化を済ませておきましょう。

犬_素材dog-1037702_640

 

利用する時に気を付けることは?

ドッグランを利用する時には飼い主が気を付けておかなければならない、いくつかのルールがあります。お互いに気持ち良く安全に利用するために必要なことなので、必ず守るようにしましょう。

ワクチンの接種

ドッグランに限ったことではありませんが、犬が公共の場所を利用する時には必ずワクチンの接種は済ませておく必要があります。伝染性の病気は1度蔓延してしまうと収束させることがとても困難になってしまいます。人でもそうですが伝染性の病気はうつさないもらわないが鉄則ですね。

ドッグランの中にはワクチン接種済みの証明ができない犬の入場を断っている施設もあるくらいです。ドッグランを利用する前にはワクチンの接種は必ず済ませておきましょう。また初めて利用するドッグランへいく時は、鑑札や注射済み証を持参するとよいでしょう。

発情中の利用は控える

発情中のメスはワクチン接種をしていない犬と同様に、ドッグランだけでなく公共の場所を利用することは控えましょう。

発情中のメスの放つフェロモンの香りは、どんなに訓練されているオスでも抵抗することができない強烈なものです。興奮したオス同士が喧嘩になってしまったり、急に襲われて愛犬がケガをしてしまったり、場合によっては望まない妊娠をしてしまうことも考えられます。

発情中は周りの犬にも迷惑をかけることになりますし、なにより自分の愛犬に危険がおよぶことが考えられます。体調を崩さないためにもできるだけ室内で静かに過ごさせてあげるとよいですね。

排泄は済ませておく・粗相をしたら素早く片づける

ドッグランを衛生的に保つためにはできるだけドッグラン内で粗相をさせないようにしたいところですね。ドッグランを利用する前には散歩などでウンチやおしっこを済ませておきましょう。

それでも他の犬の臭いにつられて粗相をしてしまうこともあるでしょう。ドッグラン内で粗相をしてしまった場合は、飼い主の責任で速やかに片付けましょう。

おしっこの時に何もしない飼い主の方を時々みかけます。ウンチだけでなくおしっこも臭いや雑菌の温床になります。地面に芝生を張っているようなドッグランでは、おしっこをそのままにしたせいで芝生がそこだけ枯れてしまうこともありますね。おしっこをした場合は必ず水をかけて洗い流しましょう。

ドッグランの中には粗相をした時のルールが決められているところもあります。ルールが決められている場合はそのルールに従って正しく処理しましょう。

愛犬からは目を離さない

ドッグランで犬をノーリードで遊ばせる時の大前提は、飼い主が愛犬から目を離さず愛犬のすべての行動を把握していることです。飼い主同士の話しに夢中になって愛犬の姿を見失ってしまうことはルール違反です。ましてどれだけ慣れていても愛犬だけをドッグランに置いていってはいけません。

ドッグランを利用している間は何があるかわからないということを忘れずに、例え飼い主同士で情報交換をしている時も、愛犬からは目を離さないようにしましょう。

ドッグランのルールに従いましょう

ドッグランにはそれぞれ利用する時のルールが決められています。ルールの内容はそれぞれのドッグランで異なり、利用時間や利用料金などの基本的なことだけの場合もありますし、ワクチン接種済みの証明や鑑札を提示する必要があったり、講習会への出席が義務付けられているなど細かい規定があるところもあります。

ドッグランを使用する時はその施設のルールをしっかりと理解し、ルールに従って正しく利用しましょう。初めてのドッグランの場合は事前に決まりがあるかを確認しておくとよいですね。

マルチーズ_犬_素材painting-1116689_640

マルチーズとドッグランを利用するには

マルチーズとドッグランを利用するために必要なことについて調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

マルチーズは神経質で排他的な面と活発で大胆な面を併せ持った犬種です。そのため初めての場所へ行くと緊張してうまく挨拶が交わせない犬も多いようです。初めてのドッグランの場合はいきなり離してしまわずに、慣れるまでは抱っこをしながらドッグランの中を歩いたり膝の上で他の犬の様子を見せてあげて、遊びたい様子を見せるまで待ってあげるとよいですね。

遊び始めると今度は活発で大胆な面が出てくるようです。マルチーズは大胆な性格をしていますが、決して喧嘩が強い犬種ではありません。大型の犬にからんでいってしまうと大きな事故につながってしまいかねませんね。

マルチーズと一緒にドッグランを利用する時は、できれば大型・中型犬用と小型犬用がわかれているドッグランを利用するようにしましょう。わかれていないドッグランを利用する場合は中の状態を確認して、大型や中型の犬種が多く利用しているような場合は時間をずらすか、利用を見合わせるようにするとよいですね。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード