2017年5月18日更新

暑さ寒さに敏感なマルチーズに洋服は必要?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

純白の長い被毛がチャームポイントのマルチーズ。そんなマルチーズのチャームポイントを覆い隠してしまうのはどうなの?と考える方も多いのではないでしょうか?でもマルチーズは暑さ寒さに敏感だといわれています。防寒対策に洋服は必要ないのでしょうか?今回はマルチーズに洋服を着せることについて調べてみました。

 

洋服の必要性とは?

マルチーズはその被毛の美しさから貴婦人たちにアクセサリーとして愛されてきた犬種です。そんな美しいマルチーズの被毛を洋服でかくしてしまうのはもったいないと、洋服を着せることを迷っている飼い主の方も多いようです。

マルチーズに洋服を着せることにはどのような意味があるのでしょうか?マルチーズに洋服を着せることには次のような意味があるといわれています。

imasia_7710939_S

暑さ寒さの対策

マルチーズはシングルコートという被毛の構造をしています。犬の被毛にはダブルコートとシングルコートの2つのタイプがあり、シングルコートの犬種はダブルコートの犬種よりも寒さに弱い傾向があります。

マルチーズのようなシングルコートの犬種は、温暖な地方で育種改良された犬が多く寒さから体温を守る必要がなかったため、被毛によって体温調整をおこなう構造にはなっていないようです。そのため日本の冬の寒さはとても苦手な犬が多く、寒さについていけずに胃腸炎などを起こしてしまう犬もいるようです。

寒さに弱いかわりに暑さには強いと思われがちですが、マルチーズのような小型犬の場合は、夏は地面からの照り返しの影響を受けやすく熱中症にも注意が必要なようです。

暑さ寒さに敏感なマルチーズの場合は冬は防寒のために、夏は日差しを遮り地面からの熱を遮断するような洋服が必要なようです。

公共の施設を利用する時のマナー

マルチーズが飼いやすい犬種として名前があがることが多い理由の1つに、抜け毛が少なく体臭が気にならないことがあります。

確かにマルチーズは抜け毛の少ないシングルコートの毛の構造をしています。しかしまるで抜けないというわけではありません。臭いの方も犬を飼っている人には気にならない程度かもしれませんが、犬を飼ったことがない人には少しの臭いでも気になるものでしょう。

他所の家に遊びに行く時や多くの人が利用するドッグカフェなどの公共の場所では、周りの人達への配慮も必要ですね。ドッグカフェなどの公共の場所では、利用の際には洋服を着用することを義務付けているところもあります。

自宅以外の場所へ出かける時は洋服を着るのはマナーの1つかもしれません。

汚れの防止

マルチーズは長く絹のように細い純白の被毛がチャームポイントです。できればいつも綺麗な状態を保っておきたいところですね。

しかし柔らかな被毛はゴミや汚れを絡み取りやすく、特に散歩などの外を歩く時は地面からの跳ね上げもあるため汚れやすいようです。短毛の犬種や被毛の固い犬種ならば濡れたタオルで汚れを拭き取ることもできますが、柔らかく絡みやすい毛質をしているマルチーズの場合は拭き取るわけにはいきません。

散歩から帰ってきて毎日シャンプーやシャワーで汚れを洗い流すのは大変な作業ですし、敏感なマルチーズの肌を傷めて皮膚炎などの原因になってしまいます。

マルチーズに洋服を着せる意味は防寒や暑さ対策のためとあわせて、汚れの付着を防いで被毛を清潔で綺麗な状態に保つ役目もあるようです。

マルチーズ_犬_素材dog-1123016_640

慣れるまではゆっくりと

マルチーズにとって洋服を着せることには意味があり、必要に応じて着せてあげた方がよいことがわかりましたが、必要だからといって着せていきなり外を歩かせるのは難しいようです。

人は生まれた時からさまざまな形で洋服をまとって生活をしています。人にとって服を着ることは当たり前の行為で違和感を感じることはないでしょう。しかし犬はもともと洋服を着る習慣がありません。着始めはどうしても違和感から脱ごうとして暴れたり、気になって動けなくなったりしてしまうものです。

まずは少しずつ慣らしてあげることが大切ですね。最初に着せる洋服は出来るだけ装飾がなく軽くて着心地のよい洋服を選んであげましょう。着せる場所はいつも過ごしている安心できる室内がよいですね。最初は長い時間着せる必要はありません。嫌がるようならすぐに脱がせてあげましょう。少しでも着て落ち着いていられるようになったら、たっぷりと褒めてあげましょう。ご褒美のオヤツをあげるのも効果的です。

これを繰り替えし着ていられる時間を少しずつ伸ばしていきましょう。犬自身もそのうちに違和感よりも暖かさや着心地の良さを感じ始めます。なかには自分から進んで洋服を着たがるようになる犬もいるようですね。焦らずゆっくりと着せてあげるとよいでしょう。

 

サイズの確認は必ずしましょう

マルチーズのような長毛種に洋服を着せる時の最大の難関が、どのサイズの洋服を着せるべきなのかということでしょう。被毛が長く豊富なマルチーズの場合は実際の体の大きさは見た目以上に華奢なことが多く、体のサイズにあわせて洋服を選んでしまうと被毛が綺麗に入りきらず、うまく着せることができないことがあるようです。

しかし被毛の外からふんわりと切るようなサイズでは大きすぎて、防寒などの役目は果たせません。マルチーズの洋服を選ぶ時はできるだけ試着をして、カットスタイルにあったきつくなく動きが制限されることのないサイズの洋服を選んであげるとよいですね。

インターネットなどで購入する場合は、予め自分たちで犬のサイズを採寸してから注文すると失敗が少ないようです。犬の洋服を買う時に採寸が必要な場所は次の4点だといわれています。

  • 胴回り:前足のつけ根から背中を回って胸の一番広いところを1周
  • 首回り:首輪の位置を1周
  • 着丈:首のつけ根から尻尾のつけ根まで
  • 腹側着丈:腹側の首輪の位置から排泄で汚れない位置まで
  • ウエスト:後ろ足の抜け根から背中を回って胴の一番細いところを1周

最近ではオーダーメイドやセミオーダーなどの注文を受け付けているところも多くなってきています。フルコートのマルチーズなどの場合は被毛の量が多いので自分たちで採寸するのはなかなか難しいですね。少し高額になりますがプロの方に採寸をしていただけば、体のサイズにぴったりの洋服を作ってもらえるので安心です。

デザインも自分たちの考えにあわせたものを作ってもらえるので、少し奮発してオーダーメイドしてみるのもよい方法かもしれません。

洋服は着せっぱなしにしない

マルチーズに洋服を着せることには意味がありますが、着せていることによる弊害もあるようです。特にマルチーズの場合は柔らかく絡まりやすい毛質をしているため、洋服を脱がせると毛玉だらけということも多くあるようです。また被毛の中に汗などによる湿気がこもった状態になり、肌が蒸れてしまっている場合もあるようですね。

マルチーズに洋服を着せる時は、着せっぱなしにしないことが大切です。家の中に必ず1部屋は室温管理ができていて、洋服を着ないで過ごすことができる場所を用意してあげましょう。

また洋服を脱がせたときは被毛のケアを忘れずにおこないましょう。毛玉はいきなりブラシでとくと肌が引きつって犬が嫌がります。毛玉になっている場合は、手でゆっくりと解してあげてからブラッシングをするとよいでしょう。手で解せないような場合は、はさみで切り分けながらブラッシングをするなど工夫をしてあげるとよいですね。

imasia_12190643_S

まとめ

マルチーズに洋服を着せることについて色々と調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

最近では犬の洋服を手作りする方も増えているようです。インターネットにも手作り用の型紙をダウンロードできるサイトが多くあります。手作りのよいところは自分たちでいくらでもリメイクできるところですね。

犬もいつも同じ体型を維持できるかというとなかなか難しいものです。1シーズン置いておいたら入らないなんてこともありますね。そんな時に手作りの洋服ならリメイクで自由にサイズを変更することができます。

愛犬へのプレゼントに手作りの洋服に挑戦してみるのもよいのではないでしょうか。きっと愛着ある1枚が出来上がると思いますよ。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード