2016年12月23日更新

猫は変な場所で寝る!ベッドで寝ない理由やその対処法は?

ペット生活



編集部

犬や猫との暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

猫用にベッドを用意したのに、全く興味を示さない猫っていますよね。しかも、ソファの背もたれの上や階段の手すりなど一歩間違えば床に転落!という寝るには危険すぎる場所で寝ていることもあります。

せっかく猫用のベッドがあるんだから、ベッドで寝て欲しいと願う飼い主さんも多くいるはずです。

そこで今回は、猫がベッドで寝ないその原因や対処法についてご紹介します。猫の気持ちになって、一緒に考えてみましょう。

 

なんで?猫用のベッドで寝てくれない原因は何?

素材_shutterstock_223051525
猫が猫用のベッドで寝ないで、わざわざ変な場所で寝るのには、猫なりの理由があります。その原因を確認していきましょう。

猫用のベッドで寝ない原因①ベッドの置き場所が気に入らない

そもそも、猫が寝る場所というのは、安心して寝ることができる場所でなくてはなりません。例えば、人が行き来する場所やうるさい場所に設置していると、落ち着いて寝ることができません。

猫用のベッドで寝ない原因②ベッドの素材が気に入らない

猫は好き嫌いがはっきりしているので、ベッドにも好む素材と嫌いな素材があります。猫用のベッドでも、猫が嫌いな素材で作られたものなら、そこで寝ることはありません。

猫用のベッドで寝ない原因③自分のニオイがしない

猫は縄張り意識が高い動物です。自分のニオイがしない場所では安心して寝ることができません。

猫が猫用のベッドで寝るための対処法とは?

imasia_2361366_S
では、どうすれば猫用のベッドで寝てくれるようになるのでしょうか。一つずつ対処法を確認していきます。

対処法①ベッドの設置場所を見直す

猫は暗くて狭い場所、高い場所を好みます。壁際や床から高さのある場所など猫が普段からくつろいでいる場所に設置しましょう。また、猫は体温調整が苦手な動物なので、夏は風通しが良く涼しい場所、冬は日が当たる温かい場所に設置しましょう。

対処法②猫が好む素材のベッドを用意する

正直なところ、全ての猫に好まれる素材となると、探すのは難しいです。一般的には、取り込んだばかりの洗濯物など柔らかい素材を好む傾向にあります。猫を観察して、どんな素材が好きなのかを見極めましょう。

対処法③猫のニオイがついたものを敷く

ベッドの設置場所も素材もバッチリなのに寝てくれない場合は、猫のニオイがついた毛布やバスタオルをベッドの上に敷いてあげましょう。自分のニオイがする場所は、猫にとって自分の縄張りであり、安心できる場所だと認識します。

このように、猫が快適に寝ることができる寝床を整えてあげられれば、猫は猫用ベッドで寝てくれるはずです。

 

さいごに

素材_shutterstock_338669930
ベッドの設置場所にしろ、ベッドの素材にしろ、いかに猫が快適に寝れる環境を整えることが大切であるとお分かりいただけたと思います。猫が好む場所や素材を見極めましょう。そして、猫が最高に喜ぶ寝床を作ってあげてくださいね。

 
 

関連カテゴリ