2017年5月18日更新

蝶々のようなお耳が可愛いパピヨンの飼いやすさについて

蝶々が羽を開いて頭に止まっているようなエレガントな姿が特徴のパピヨン。見た目の上品さと小柄で華奢な体つきなどから室内で飼いやすい犬種として名前があがることも多いですね。ちょっと気ままなで小悪魔的なところもパピヨンの人気の秘密かもしれません。今回はそんなパピヨンの飼いやすさについて調べてみました。

パピヨンの性格は?

パピヨンの祖先犬の1つはスパニッシュ・ドワーフ・スパニエルという犬種だといわれています。つまりパピヨンはスパニエル系の血を引いているということですね。スパニエル系の犬種の持つ素晴らしい特徴は、陽気で人や他の動物に対して友好的なところです。

パピヨンも陽気で人や他の動物に対して友好的な性格をしているので、小さなお子さんからご高齢の方まで幅広い年代の方と仲良く生活していくことができます。また他の動物に対しても攻撃的な性格ではないので、先住ペットのいるような環境でも飼育することが可能だといわれています。

飼い主に対してはとても愛情深く家族と一緒にいることを好む傾向があるので、長時間の留守番は苦手な犬が多いようです。飼い主の気持ちに敏感で落ち込んでいると側に来てくれたり、忙しそうにしていると一人遊びを始めたりと雰囲気を読むことにも長けているようですね。

その一方で小柄で華奢な体つきからは想像もできない大胆で勇敢なところがあります。プライドが高くはっきりと自己主張をする芯の強さも持っており、このことからパピヨンは気まぐれな犬だといわれることが多いようです。

なかにはやや神経質な犬もいるようですが、基本的には運動能力が高く活発で動作も大変機敏なので、フリスビーやアジリティーなどのドッグスポーツを一緒に楽しむこともできます。

パピヨン

パピヨンのしつけはしやすい?

パピヨンは犬の賢さランキングで全犬種中8位、小型犬のなかでは堂々の1位に輝くほど賢い犬種です。つまりしつけはとても入りやすく、小型犬のなかでは訓練性がずば抜けてよい犬種だということです。

これだけを聞くとしつけがしやすいと考えてしまいがちですが、賢いということはそれかだけ悪いこともすぐに覚えてしまうということでもあります。パピヨンが小悪魔的だといわれるのは、しつけ次第では天使にも悪魔にもなる素質を持っているからでしょう。

パピヨンのしつけでは家族が一貫したルールに従って、いけないことはいけないと毅然とした態度で接することが必要なようです。特に家族から無視されることが嫌いなパピヨンには、悪いことをしたらサークルに入れてしばらく無視をすることが有効なようです。

甘やかさずにしっかりと教えてあげれば言葉を理解することも早いので、面白いくらいにできることが増えていきます。飼い主と家族が大好きなパピヨンですから、できたことを褒めてあげると喜んでしつけにも前向きに取り組んでくれるようですね。

パピヨンの賢さをよい方向に伸ばすためには、パピヨンの可愛さに負けずにメリハリのあるしつけをしてあげることが大切なようです。

パピヨンの臭いと抜け毛は?

室内で犬を飼う時に気になることは臭いと抜け毛の問題ではないでしょうか?パピヨンは独特の飾り毛が美しい犬種なので、抜け毛が多そうなイメージがあるかもしれませんが、実は抜け毛の量はそれほど多い犬種ではありません。

パピヨンはブリーディングの過程で人と生活がしやすいように、抜け毛が少ないシングルコートになるように掛け合わせがおこなわれてきたといわれています。シングルコートの犬種は温暖な地方で育種改良された犬が多く、冬の寒さから体温を守る必要がないため下毛が発達しておらず、下毛が抜け替わることによって体温を調整しているダブルコートの犬種よりも抜け毛が少ないといわれています。

しかしパピヨンの毛質はトイ・プードルやマルチーズなどカットしないと伸び続ける他のシングルコートの犬種とは異なり、一定の長さになると生え変わる毛質をしているのいるので、シングルコートの犬種の中では抜け毛は多くなります。逆にいうとトイ・プードルやマルチーズのようにカットをしなくても綺麗なスタイルを保つことができるので、小型の長毛種の中では被毛のケアには手間がかかりません。

抜け毛の量と被毛のケアの手間のどちらを選ぶかによって、パピヨンの場合は飼いやすさの感じ方が異なるようです。

抜け毛の問題でもう1つ気になることは、パピヨンにはスピッツ系の犬種の血が入っており、血統によっては抜け毛の多いダブルコートの犬もいるということです。パピヨンを購入する時にはコートタイプを確認することも必要なようですね。

臭いの方ですが、犬の臭いはカラーによって若干影響を受けるようです。パピヨンでもブラウン系やセーブル系のカラーの犬は臭いが気になることはないようですが、ブラック系のカラーの犬の場合はやや気になることがあるようです。

imasia_581187_S

パピヨンのかかりやすい病気は?

パピヨンが飼いやすいといわれる理由の1つが、健康的で長生きな犬が多いというものです。犬種的に遺伝性の疾患が少ないことが理由のようですね。

しかしまるで気になる病気がないというわけではありません。パピヨンが気を付けておきたい病気は次のようにいわれています。

膝蓋骨脱臼

パピヨンのような小型犬に発症することが多い病気です。

後ろ足の膝蓋骨(膝のおさら)が脱臼(ずれたり外れたり)してしまう病気です。骨や筋肉の形成異常で起こるような場合は先天性、高いところから落ちるなどがきっかけで発症する場合は後天性といいます。

症状としてはスキップのような歩き方をする、脱臼した足をかばい3本の足で歩く、つま先立ちのような歩き方をする、膝が腫れている、歩きたがらない、立ち上がりにくそうにするなどがあります。

治療法としては膝蓋骨を正常な位置に戻す手術を受けるのですが、あまり病気が進行してしまうと骨が変形してしまい、手術に適さない状態になってしまうことがあります。そのため早期発見、早期手術が必要になる病気です。

眼瞼内反症

瞼は内側と外側の靭帯のバランスによって形を保っています。眼瞼内反症はこの瞼を支えている靭帯のバランスが崩れてしまうことによって、主に下の瞼が反り返ってしまう病気です。瞼が内側に反り返る状態を眼瞼内反症、瞼が外側に反り返った状態を眼瞼外反症と呼びます。

内側に反り返った瞼は瞬きをするたびに角膜を刺激することになり、熱膜炎や角膜炎、流涙症、逆まつ毛などの症状を起こします。

遺伝が原因の場合もありますが、体重の減少や瞼の痙攣が原因になることもあります。

治療法としてはまつ毛を抜く方法もありますが、重度の場合は外科的に内反矯正手術をおこなう場合もあります。

進行性網膜萎縮

網膜にある光を受容する部分に異常が生じることで網膜が徐々に萎縮し、最終的には失明にいたる病気です。遺伝的な要因で発症することが多く、残念ながら現在のところは確かな治療法がありません。

症状としては暗い所で物にぶつかりやすくなる、夕方の散歩の時に不安そうにする、家の中でよく物につまづくようになるなどで、だんだん夜間の外出を嫌がるようになります。痛みを伴うようなことがなくゆっくりと進行する病気なので、犬の症状にあわせてストレスがないように生活させてあげることが大切な病気です。

パピヨンの飼育費用は?

パピヨンは費用の面でも飼いやすい犬種いだといわれています。

臭いと抜け毛のところでも書きましたが、パピヨンの被毛は一定の長さになると生え変わりスタイルが崩れることがありません。またブラック系のカラーの犬は臭いが気になることがあるようですが、まめにシャンプーをしなければならないほどひどい臭いになることはあまりないようです。そのため定期的なトリミングの必要がなく、シングルコートの犬種の中では美容にかかる出費を抑えることができるようです。

また犬の飼育費用で大きな部分を占めるのが医療費ですね。ペットの医療費には保険がきかないので高額になることが多いこともあり、犬を飼う時の飼育費用で1番心配なところでもあります。

パピヨンの場合はワクチン接種や狂犬病の注射など予防医療への負担は他の小型犬と変わりありませんが、遺伝性の疾患が少なく健全な犬が多いといわれていて、健康的に天寿を全うする犬が多いようです。医療費への備えが少なくてすむのは、飼いやすさの1つの目安になりますね。

食事や初期の生活用品の購入費も大型・中型の犬種よりもかかりませんので、パピヨンは飼育費用の面では負担の少ない飼いやすい犬種だといえるでしょう。

素材_dog-1060964_640

まとめ

パピヨンの飼いやすさについて実際に生活をすることを考えて、色々と調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

パピヨンはエレガントな見た目だけでなく、賢く活発で大胆な性格も魅力の1つのようですね。それだけに可愛いだけで飼ってしまうと我儘で手におえない犬になってしまうこともあるようです。

賢く活発なパピヨンのよさを引き出すためには、しつけは重要なポイントのようです。訓練性も高い犬種なので室内でただ一緒に過ごすだけでなく、遊びながら芸を教えてあげたり、一緒にドッグスポーツに挑戦したり、さまざまなことを取り入れてお互いに楽しみながらしつけをするとよいですね。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

ブリーダーからパピヨンを迎える時の選び方・メリット

華奢〜で耳が蝶・・・おフランスのかほりがたっぷりのパピヨンですが、その優雅な出で立ち通り、ヨーロッパ貴族に愛された犬なのでした。中には神経質なパピヨンもいますが、基本的には外見だけではなく性……

パピヨン

華奢で小柄なパピヨンには首輪がいいの?ハーネスがいいの?

柔らかく長い被毛と美しい飾り毛が特徴的なパピヨン。パピヨンのお散歩デビューの頃になると気になるのは首輪?それともハーネス?ということではないでしょうか。「可愛い首輪を付けてあげたい。」「でも……

パピヨン

【動物看護師が解説】パピヨンにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

近所の散歩をしている犬を見ると、よく見かけるパピヨン。身体が非常に細く小さい個体もいれば、被毛が豊富に生えていて体がガッシリして見える個体もいるでしょう。鼻が長くキツネのような顔をしていたり……

パピヨン

備えが肝心!パピヨンにおすすめのペット保険は?

可愛い愛犬とのお別れの時なんて、犬が好きな人なら誰だって考えたくないものですね。でも犬も生き物です。ケガをすることもあれば病気になることもあります。万が一の時に経済的なことで治療をためらうよ……

パピヨン

パピヨンのおすすめブログ 6選

16世紀のヨーロッパで人気だったパピヨン。かのマリーアントワネットも寵愛したとか。パピヨンと言えばバタフライ・イヤーと呼ばれる大きな耳が特徴的ですね。耳が蝶のように見える事から、フランス語で……

パピヨン

思った以上の運動量にびっくり!パピヨンの散歩についてのまとめ

蝶が羽を広げたような大きな耳にエレガントな飾り毛が綺麗なパピヨン。華奢な見た目から室内でのんびりと過ごしていそうな印象ですが、実はとっても活発で遊び好きな犬が多いようです。そのギャップもまた……

パピヨン

パピヨンの平均体重や、年齢による食事の目安

小さくて線が細くつぶらな瞳が可愛いパピヨン。とても人懐こく従順な事から、家庭犬として人気がありますよね!それに、なんと言っても名前の語源にもなった「蝶」のような耳が特徴的です。 まるで……

パピヨン

オヤツばかりでエサを食べない・パピヨンのエサの量について

パピヨンのエサで検索をすると「おやつは食べるけど、エサをなかなか食べてくれなくて。」というお悩みをよくみかけます。なかには「エサにはまるで執着がなくて、どうやって食べさせたらいいの?」という……

パピヨン

パピヨンの里親になるには?パピヨンの里親を募集するには?

大きな耳から生えた長くてふわふわの被毛、まるで大きなリボンを頭にのせたような姿のパピヨン。少し臆病なところもありますが、人懐っこく遊び好き。そんなパピヨンの里親になる方法や、里親になるための……

パピヨン

アジリティーだってOK!活発なパピヨンと一緒にドッグランへ行くには?

エレガントな見た目と華奢な体つきから上品にお澄まししているようなイメージのパピヨン。実はフリスビーでもアジリティーだってこなしちゃう賢く活発な犬種なのです。パピヨンを飼うなら一緒にドッグスポ……

パピヨン

気になる抜け毛!パピヨンのブラッシングの方法は?

小柄で華奢な体つきと可愛く品のある見た目から、飼って見たい犬として人気の高いパピヨン。パピヨンなどの小型犬は屋外での飼育には向いておらず、飼育する時は屋内飼育が必須です。そこで気になるのが犬……

パピヨン

お洒落な洋服も似あっちゃう!パピヨンに洋服は必要?

エレガントな飾り毛のついた蝶々のような耳と、背中に背負ったリスのような尻尾が上品なパピヨン。パピヨンはどんな洋服もお洒落に着こなしてしまう犬の中のファッションリーダーのような存在ですね。でも……

パピヨン

耳だけじゃない!色彩豊富なカラーも魅力なパピヨンのカラーについて

パピヨンといえば蝶々の羽のような美しい耳!でもパピヨンの魅力は耳だけじゃありません。上品なカラーも魅力の1つですね。パピヨンのカラーは実はとてもバリエーションが豊富なことをご存知ですか?成長……

パピヨン

パピヨンの寿命ってどのくらい?長く元気でいるためにはどうしたらよい?

大きな蝶々のような耳と長い飾り毛が特徴的なパピヨン。フランスの貴族たちの間で長い間寵愛を受けてきた気品あふれる犬です。近年犬の健康への関心の高まりとともに犬の寿命は延び、高齢化が進んでいると……

パピヨン

気になる犬の体臭!パピヨンの臭いについてのまとめ

長い飾り毛の付いた蝶のような立耳が特徴のパピヨン。ツンと澄ましたような表情がなんとも言えず可愛らしいものですね。でも飼ってみたら「臭いが・・・。」なんてことになったら困ってしまいます。犬の臭……

パピヨン