2017年5月18日更新

思った以上の運動量にびっくり!パピヨンの散歩についてのまとめ

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

蝶が羽を広げたような大きな耳にエレガントな飾り毛が綺麗なパピヨン。華奢な見た目から室内でのんびりと過ごしていそうな印象ですが、実はとっても活発で遊び好きな犬が多いようです。そのギャップもまたパピヨンの魅力ですが、どのくらいの運動量が必要なのでしょう?今回はそんなパピヨンの散歩について調べてみました。

 

パピヨンに散歩は必要?

上品な愛玩犬の印象が強いパピヨンですが、そり犬の血を引くスピッツと鳥猟犬の血を引くスパニエルの性質を併せ持っており、見た目以上に活発で大胆な性格をしています。もちろん個体差はありますが、家の中にいても飼い主に遊びを要求したり、1人で何か遊ぶものを探して冒険していたり、あまりじっとしているような犬種ではないようですね。

他の小型犬と同様に骨が細く骨折や関節の病気には注意が必要なので、運動量だけを考えると室内で動き回っているだけで足りてしまうようですが、活発なパピヨンの場合は散歩に出かけることにはストレスの発散や社会性の学習など、運動量の確保以外に意味のあることのようです。

パピヨンに散歩が必要な理由を1つ1つ考えてみましょう。

犬_素材

パピヨンに散歩が必要な理由

ではパピヨンにとって散歩には一体どんな意味があるのでしょうか?パピヨンに散歩が必要な理由としては主に次のような事柄があげられます。

ストレスの発散

室内でもじっとしていることが少ないパピヨンの場合は、運動量の面だけを考えれば室内だけで足りてしまうようです。しかし賢く好奇心も旺盛なパピヨンにとって、刺激の少ない室内だけで過ごしていることは、ストレスにつながってしまうようです。

パピヨンは小型犬のなかでも訓練性が高く、訓練次第ではフリスビーやアジリティーなどに挑戦することもできる犬種なので、頭と体の両方をうまく満たしてあげる必要があるのです。

社会性の勉強のため

パピヨンは警戒心が強く大胆で怖いもの知らずなスピッツ系の1面と、陽気で社交的なスパニエル系の1面を併せ持った犬種です。そのため家族の中だけで生活をさせてしまうと、見知らぬ人や他の犬に対して警戒心の強いよく吠える犬になってしまうこともあるようです。

せっかく陽気で社交的な性質を持っているのですから、できるだけよいところを伸ばしてあげたいですね。パピヨンの社交性をうまく引き出すには、小さな頃から家族以外の人や他の犬と触れ合う機会を持つことが大切だといわれています。

家族意外の人や他の犬との関わり方など、犬に社会性を身に付けさせることを犬の社会化といいます。パピヨンの場合は家族以外の人や他の犬への警戒心が強くなる前の、ワクチンの接種が終わる4ヶ月辺りから、積極的に散歩へ連れて行って人や犬と触れ合う機会を作ってあげるとよいですね。

日光浴

犬も人間と同様に太陽の紫外線を浴びることで、体内でビタミンDを生成します。ビタミンDはカルシウムの吸収を助けることで知られています。活発で運動能力も高いパピヨンですが、他の小型犬と同様に骨や関節には注意が必要です。できればビタミンDをうまく生成してカルシウムを効率よく取りたいところですね。

また日光浴をすると体内でセロトニンというホルモンが分泌されます。セロトニンはアドレナリンやドーパミンなどのホルモンの過剰分必を抑え、脳内のホルモンバランスを整える役割を果たすといわれています。イライラとしていたり落ちつきのない犬はこのセロトニンが不足している可能性があるようです。

天候や気候のよい時期に日光を浴びながらゆっくりと散歩をするのは、精神的にも肉体的にもパピヨンには必要なことのようです。

imasia_13495825_S

 

パピヨンに必要な散歩の目安は?

パピヨンは活発で運動能力も高い犬種ですが、他の小型犬同様に膝蓋骨脱臼や骨折など骨や関節に注意が必要な犬種です。過度な運動は後々関節などへ影響を及ぼすことが考えられるので、犬の様子をみながら無理をさせない範囲での運動がよいようですね。

散歩も運動量の面では室内で動き回ることで十分にとることができるので、1日朝と夕方の2回、1回15分程度の散歩で十分なようです。もちろん体力には個体差があるので1時間散歩をしてもまるで平気な犬もいるでしょう

パピヨンの場合はそれぞれの犬の体力にあわせて、無理のない範囲での散歩がもっとも適しているようです。

散歩の時間は決めない方がよい?

犬の散歩でよく問題なることが散歩の時間を決めてしまうべきかどうかということですね。決めてしまう方がよいという意見には犬の生活リズムを作ってあげることで、健康的で安定した生活を送れるようになるというものが多いようです。逆に決めるべきではないという意見の多くは、決まった時間に行けないことによって犬がストレスを感じることを避けるためというものが多いようですね。

家に必ず誰かがいて決まった時間に決まったことができる環境ばかりではない現代では、散歩の時間をしっかりを決めてしまうのは難しいことかもしれません。またパピヨンのような小型犬の場合は、季節によっては散歩に適さない時間もあるようです。

例えば夏の散歩はできれば地面が熱を持つ前の午前5時~6時くらい、夕方は地面の熱がしっかりと抜けているのを確認してから散歩をするとよいといわれていますし、逆に冬は陽の高くなって暖かくなってくる時間帯を選ぶなど散歩の時間を調整してあげるとよいとわれています。

体高が低く地面からの熱や寒さの影響を受けやすいパピヨンのような小型犬の場合は、散歩の時間を決めずに気候や天候にあわせて回数や時間を調整してあげるとよいようです。

素材_papillon-274182_640

まとめ

パピヨンの散歩についていろいろと調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

パピヨンは見た目とは異なりかなり活発で運動への欲求も強い犬種のようです。長時間の散歩は必要ありませんが、天候のよい時には一緒に外の空気を楽しみながら散歩してあげるのは必要なことかもしれません。

もしも外へ出かけることができなかった時は、ストレスを溜めないためにも室内で充分に時間をかけて遊んであげて、パピヨンの運動欲求と旺盛な好奇心を満たしてあげるとよいですね。

 
 

関連カテゴリ