2016年12月28日更新

おっとりさんにオススメの猫種ベスト5

猫は犬と違って毎日散歩に連れていく必要もないし、インドア派でおっとりしている人でも飼いやすい……と思っている人は珍しくありません。しかし、猫の性格も様々です。猫の中には、遊んだり運動したりするのが大好きな猫種もいるんですよ。逆におっとりしている猫種の猫も居ます。おっとりしている人がアクティブな猫を飼うと、猫に振り回されてしまうこともあります。ここでは、おっとりしている人でも飼いやすい猫種を5つご紹介しましょう。

猫の性格は様々

猫_素材
一口に猫といっても、その性格は様々です。子猫と成猫でも違いますし、オスとメスでも違います。もちろん、猫の種類によっても違います。

年齢による違い

おっとりしている人であれば、生まれたばかりの子猫より、6ヶ月以上の子猫または1歳以上の成猫を選ぶと良いでしょう。子猫はとにかく好奇心が旺盛で、遊びたい盛りです。また、成猫に比べて体調も崩しやすいと言えます。

6ヶ月以上になると、ある程度性格にも落ち着きが出てきて、体も丈夫になってきます。遊びたい欲求も子猫ほど強くはありません。その猫自身の性格もある程度掴めてくるので、飼い主との相性も見極めやすくなりますよ。

1歳以上であれば、ある程度人間との関わり方も知っています。性格も落ち着いており、体調も安定していることが多いのがポイントです。しかし、子猫に比べて新しい環境に慣れにくい面もあります。

性別による違い

オス猫とメス猫でも、正確に違いが現れます。一般に、オス猫は活発で遊ぶことが好きだと言われています。一方メス猫は、大人しくて落ち着いている子が多いようです。

性別による性格の違いは、避妊・去勢手術を受けるとあまり目立たなくなります。

おっとりさんにオススメの猫種

猫の年齢や性別による性格の違いを見てきましたが、ここからは猫種による性格の違いを見ていきましょう。おっとりさんであれば、ブリティッシュショートヘアやラグドールなどが飼いやすいのではないでしょうか。ここでは、特におすすめの猫種を5種類ご紹介します。

ブリティッシュショートヘア

ブリティッシュショートヘア_猫_素材
イギリスにルーツを持つブリティッシュショートヘアは、丸い顔が特徴の猫です。非常に筋肉質な体を持ち、「ずんぐりむっくり」とした印象を与えます。

マッチョな体とは裏腹に、とても穏やかでのんびりした性格の子が多いのも特徴です。

人と遊ぶのも好きですが、自分一人で遊ぶこともできる器用さも持っており、頭の良さは猫の中でもトップクラスと言えるでしょう。

比較的大人しい子が多いので、静かな環境を好む飼い主さんにおすすめです。

ラグドール

猫_素材
「ぬいぐるみ」という意味の名前を持つラグドールは、がっしりした体つきが特徴の長毛種の猫です。

性格はとても穏やかで優しく、飼い主に対しては従順だと言われています。

長毛種の割には毛玉ができにくいのもポイントです。

メインクーン

猫_素材cat-1208013_640
時には10kgを超えることもある大型の猫がメインクーンです。アメリカ原産の猫で、とてもがっしりとした体付きをしています。

大きな外見とは裏腹に、とても穏やかで優しい性格の子が多いのも特徴です。ただし、好奇心が旺盛で遊ぶのも大好きなので、しっかり遊んであげましょう。

長毛種の猫なので、ブラッシングは欠かせません。朝晩しっかりブラッシングしてあげてください。

ペルシャ

素材_shutterstock_17669107
猫の王様とも言われるペルシャは、柔らかな長毛と特徴的な顔が魅力です。丸みのある体形ですが、決して太っているわけではなく、意外と筋肉質なんですよ。

性格はとても穏やかで、人懐こいと言われています。また、とにかくマイペースで物静かなのもペルシャの魅力です。特別な運動をさせる必要も無いので、おっとりさんでも飼いやすいのではないでしょうか。

ただし、ペルシャの毛は非常に柔らかく繊細で、すぐにもつれてしまいます。毎日のブラッシングを欠かさずに行ってください。

バーマン

バーマン_素材sacred-birman-338332_1280
バーマンは、ビルマ(現在のミャンマー)が原産だと言われている猫です。美しい長毛種の猫ですが、比較的手入れしやすい毛質だと言われています。

夏になると、短い毛に生え変わるのもバーマンの魅力です。冬と夏では全く違った印象になりますよ。

性格は大人しく、飼い主には従順な賢い猫です。

自分に合った猫を探そう

猫_素材
いかがでしたか?おっとりさんが猫を飼う時は、猫種や年齢、性別だけで判断せず、一度その猫と実際に触れあってみて、自分と合う性格の猫を選ぶようにしましょう。

純血種の猫であれば、ある程度血統から性格の傾向を掴むこともできますよ。

しかし、同じ猫種の猫でも、その性格は様々です。いくら大人しい性格傾向の猫種であっても、アクティブな性格の猫も居ます。

ぜひ実際に猫が生活している場所に足を運んで、猫の行動パターンから性格を掴んでみてくださいね。

ペット生活



編集部

犬や猫との暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

猫が親しみを込める鳴き方、サイレントニャー。声を出さない鳴き方の秘密。

猫の鳴き方、いろいろありますよね。か細い「ニャー」から恨めしい感じの「うゎ~お」という鳴き方まで、猫は鳴き声にその時の感情や要望を込めて訴えかけてきます。 飼い主さんにとって猫の鳴き方……

猫の雑学

発表!2016年アメリカで人気の猫の名前、オス・メスTOP10!

猫を飼うときに最初にすること。それは名前を決めることです。皆さんあれこれ悩んでつけていると思います。2015年に発表された、日本の猫の名前トップ3は、男の子で「レオ」「ソラ」「コタロウ」、女……

猫の雑学

高齢猫のために知っておきたい…お別れするのに必要な費用はどのくらい?

愛猫が亡くなった時、あなたはどのように猫を送りますか?以前に愛猫との別れを経験したことがある飼い主さんなら、悲しみにくれながらも次の行動を起こすことができるでしょう。しかしながら、猫との別れ……

猫の雑学

【ネコ科でもいろいろ?】猫と大型ネコ科動物を徹底比較!意外な特徴がたくさん!!

猫と同じ科に属するライオン、トラ、豹などの動物は顔も猫そっくりですし、そのライフスタイルや体のつくりも似ています。ところが、大型ネコ科動物には猫やほかのネコ科動物とは異なる特徴も多々見られま……

猫の雑学

猫のやけどの応急処置を知っておこう【獣医師が解説】

「猫はこたつで丸くなる」の季節がやってきました。冬は寒いだけでなく、猫への危険もいろいろあります。特に冬によくある事故の一つが、暖房器具や熱いお湯によるやけど。やけどは病院で診てもらうことが……

猫の雑学

ネコの肥満が急増中!猫のダイエットに本気で取り組もう!【獣医師が解説】

猫の肥満、実は大きな問題になっているのをご存知でしょうか?その割合、なんと40%以上と言われています。さらに、2013年の調査では、「5年前と比べて肥満の猫が増えているという実感がある」と答……

猫の雑学

キジトラ好き必見!猫はもともと1種類の柄しかなかった?

猫の柄には、キジトラやサバトラ、三毛猫、白黒など、様々な種類があります。最近では、猫の柄で猫の性格が分かるとも言われていますね。でも、実は古代エジプトの猫のミイラを調べたことで、猫の柄がキジ……

猫の雑学

なんでこんなものが…?猫さんが好きな意外すぎる物たち!

ホームセンターやネット、最近では100均などでも売っている猫さんのおもちゃ。紐やリボンがひらひらとするタイプのものや、ねこじゃらしなど様々な種類がありますよね!!猫さんによっても好みは様々で……

猫の雑学

そろそろ愛猫の抜け毛が…飼い主さんのための換毛期の抜け毛対策!!

4月に入るとそろそろ気になるのが愛猫の抜け毛ですよね。もふもふの冬毛から少しさっぱりとした夏毛に生え変わる時期ですが、毛づくろいをする猫さんが毛玉を吐いたり、部屋や服が抜け毛だらけ!!なんて……

猫の雑学

黒猫が運ぶのは不幸?幸福?黒猫の歴史とベルギー猫まつりとは

猫というと「黒猫」を思い浮かべる人は少なくないのではないでしょうか。マイナビニュースによると、好きな猫の色ランキングでは第4位にランクしています(1位は茶トラ)。黒猫は不吉だという話も聞いた……

猫の雑学

なぜそんなところに…なぜ猫は小さな箱に入りたがる?

普段の生活の中でも、猫は狭い場所に潜りこんですやすや寝ていることがあります。「なぜそんなところに?」と思ってしまいますが、猫にとっては祖先の行動の名残として、ごく自然なことなのです。猫と一緒……

猫の雑学

猫とのお別れの後に感じる喪失感。そもそもペットロスとは何?

考えたくはありませんが、猫を飼っていると必ずやってくるのが猫とのお別れ…死別です。猫を大切にしている人ほど猫を失った喪失感が大きく、ペットロスになる人も少なくありません。長い人だと何年も続き……

猫の雑学

猫の好きな匂い・嫌いな匂いってどんなもの?

猫の飼い主さんなら愛猫のために嫌いな匂いを身につけたくない!!と思うものですよね。逆に猫が好んでくれる匂いを身にまとっていたいとも思うかもしれません。今回は猫さんの好きな匂い・嫌いな匂いにつ……

猫の雑学

ゆっくり焦らず根気よく!猫のダイエット

太りすぎが体に良くないのは、人間も猫も一緒です。太りすぎた場合は、当然「ダイエット」が必要になります。 しかし、人間も猫もダイエットするのは簡単ではありません。食事を制限したり、運動を……

猫の雑学

これであなたも猫マスター? 鳴き方で猫の気持ちがまるわかり!

「ニャー」「ゴロゴロ」「シャー」など、猫の鳴き方といってもたくさんの種類があります。この鳴き声には、それぞれに猫の気持ちが隠されているのです。ぜひ鳴き方に注目して、猫の気持ちを読み取りましょ……

猫の雑学