2017年3月19日更新

とっても重要!犬のごはんにタンパク質は必要不可欠

動物の身体は60〜70%が水分、20%がタンパク質などのアミノ酸からできています。
体内バランス、皮膚、毛並み、免疫組織、エネルギーをつくるうえで肉食(雑食)動物にとっても重要な成分なんです。

動物に必要な三大栄養素は何だか知ってますか?

それは

  • 糖質
  • 脂質
  • タンパク質

これ重要です。

ここですごいのがタンパク質
必要に応じては、糖質や脂質に変身できるのです
だがしかし、糖質、脂質はダンパク質には変身できないのです。
タンパク質は優れもので、犬のごはんは、高タンパク、低脂肪といわれるのはここにあります。

タンパク質の性質

タンパク質は20種類のアミノ酸から構成されていて、
犬は体内で自然と合成することができる非必須アミノ酸10種と、ごはんを食べないと吸収できない必須アミノ酸10種から構成されています。

タンパク質は消化過程でアミノ酸に変身し、吸収されるとタンパク質に戻るんです。

この必須アミノ酸を吸収するのに重要となってくるのが高品質のタンパク質=肉となってくる訳です。

タンパク質の分類


タンパク質は主に

  • 動物性タンパク質
  • 植物性タンパク質

に分かれています。

動物性タンパク質(肉)は必須アミノ酸を100%カバーできるのに対し、
植物性タンパク質(小麦、トウモロコシなど)は50〜60%しかカバーできません。

効率よく消化吸収できる動物性タンパク質

必須アミノ酸を体内に効率よく消化吸収できるのも肉であり、肉食動物は植物を消化吸収するのが一番苦手なんです。
ですから必然と効率よくタンパク質をとる為に肉食動物は肉を一生懸命食べるのです。
(※ただし、脂身は避けたほうが良いです。)

タンパク質は量より質なんです!!

犬が昔群れで暮らしている時代は体内に一つしかない
臓器をこぞって食べたという話もあります。
レバーなどの栄養価が豊富で、ビタミンやミネラルを
摂取できると野生の時から犬は知っています。

ドッグフードで注意すべきポイント


質の悪いドックフードは動物性タンパク質が約20〜30%程度しか含まれてなく、しかも質の悪い肉類(ミール)で構成されて、補えない分を副産物や化合物で補充しているのです。
ラベルを見て頂くと分かるのですが、
原材料ラベルは一番多く含有されている順番に書きます。
穀類から始まって肉の文字がなかなか出てこないフードもたまにあります。

いかに高品質のタンパク質を愛犬に食べさせてあげることで、素晴らしい体型、綺麗な毛並み、何と言っても免疫力向上により健康な身体がつくられるんです。

まだ、お肉を上げたことがない飼い主さんは少量から試してみてはいかがでしょう。

トレーニングなどのご相談は!
「無添加ドッグフードや馬肉おやつと、犬と共に生きるためのパートナートレーニングで楽しいDog Lifeを始めませんか!」

ZUTTO DOG:http://zuttodog.jp/

おかもとてつへい



ドッグマナー

自称犬の写真家(笑)/ NPO法人日本ドッグマナー協会 / 一般社団法人ペットライフデザイン協会 愛玩動物救命士 モラキジドッグは愛犬(モモ、ララ、キキ、ジジ)の頭文字からです。 犬同伴可の焼肉店で手作りフードでキャリアを積み、飼い主さんと愛犬の(ドッグマナーとペットライフ)共生の為に尽力しております。自社Webサイトコンテンツ制作や他社Webサイトも制作。

モラキジドッグ
Facebook

関連記事

【獣医師監修】犬にとってもヘルシー食材?おからを与える時の注意点とは

おからはペットフードの材料に利用されているように、栄養価が高く低カロリー。犬にとっても悪い食材ではありません。しかし、人間のお惣菜をそのまま食べさせたり、やみくもに量を与えてしまうと犬の健康……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬と一緒におやつ!パンを与えても大丈夫?

朝食やおやつに食べているパンを犬にねだられて、つい…という飼い主さんは多いでしょう。でも人間用のパンは、果たして犬にとって良い食べ物となるのでしょうか。ここでは犬に食べさせても良いパンや、与……

犬に必要な栄養

犬の飼い主さんが市販のドッグフードを利用する4つの理由

昭和の中旬まで犬は外に繋がれ、食事は人間の余りものというケースが少なくありませんでした。ここ十数年、犬も室内で飼われることが多くなり、食事はドッグフードが中心になってきています。ところで飼い……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】白菜は犬が食べても大丈夫な野菜の筆頭 与える場合の注意点は?

白菜はあくも少なく、犬に与えても心配のいらない野菜のひとつです。ビタミンや水分の補給もできる白菜は、むしろ積極的に活用したい食材。でも、体質や病状によっては与えていけないときもあります。白菜……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬はブルーベリーを食べても大丈夫?犬にブルーベリーをあげる場合の注意点と簡単レシピ

眼に効くサプリメントの材料として最近注目されているブルーベリー。お菓子やジャムなどで使うことが多いようですが、そのままでも甘くて美味しい果実です。生のブルーベリーが入手できた時、犬にあげても……

犬に必要な栄養

愛犬、愛猫に手作り食を食べさせられない人にオススメ。ニュージーランドから来たペットフード【ジーウィピーク】

ペットの健康を考えて生肉を使った手作り食をペットに食べさせている飼い主さんが最近、増えています。一時は「手作り食は栄養のバランスが悪い」などと言われていましたが、最近の手作りは栄養分を綿密に……

犬に必要な栄養

愛犬ご飯のトッピングに挑戦!元気の三原則とその与え方

犬のご飯はドッグフードのみという方は少なくはないでしょう。しかし、ドッグフードだけでは摂取できない栄養もあります。 そこで今回は元気の三原則とその与え方を紹介します。 元気の三原則 ……

犬のおやつ

【獣医師監修】ダイエットに使いたい!犬にこんにゃくを与える時の注意点とは

こんにゃくと言えば、人間にはダイエットの強い味方ですが、犬に与えても良いのでしょうか?こんにゃくが犬に良くないと言う説も聞かれますが、それはなぜでしょう。ローカロリーで食物繊維豊富なこんにゃ……

犬に必要な栄養

手作り食はペットにとって良い? 手作りペット食の基本から注意点、メリット・デメリットを解説

昔は人間の残り物がペットの常食でしたが、今では市販のペットフードを食べるのが当たり前になっています。ところが、ここ数年は手作りでペット専用の食事を作るこだわり派の飼い主さんが増えてきています……

犬の食事の基礎

【獣医師監修】夏に美味しい麦茶は犬も大丈夫?飲ませるときの注意点について

暑い夏にごくごく飲む麦茶はとても美味しいものですが、犬にあげても大丈夫なのでしょうか。ミネラルやその他の栄養が添加された商品は?飼い主と一緒に飲ませてもOK?ここでは、麦茶の効能や与えるとき……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬は玉ねぎを食べても大丈夫?犬に玉ねぎをあげると中毒になる危険性が!

飼い主さんの食べ物をこっそり食べてしまう犬、結構多いですよね。匂いを嗅いで美味しそうだとパクッと口に入れてしまうので止める隙もありません。そんな調子でもし犬が玉ねぎを食べてしまったらどうなる……

ドッグフード

【獣医師監修】犬はイチゴを食べても大丈夫?犬にイチゴをあげる場合の注意点とイチゴのレシピ

甘酸っぱい味が美味しく、いくらでも食べられそうなイチゴ。洗うだけですぐに食べられる手軽な点も魅力です。サイズが小さく柔らかいので犬にあげるのにもちょうど良いのですが、犬にイチゴを与えても健康……

犬に必要な栄養

【獣医師が教える!】愛犬・愛猫のライフステージ別ペットフードの選び方

愛犬や愛猫の健やかな暮らしには、健康的な食習慣が欠かせません。最近では、各メーカーからとてもたくさんの種類のフードが販売されています。 ずらりと並んだたくさんの種類のフードの中から、ど……

【獣医師監修】犬はブロッコリーを食べても大丈夫?犬にブロッコリーをあげる場合の注意点と簡単レシピ

サラダ、炒め物、シチュー、肉料理の付け合せなど、いろいろな料理に使えて野菜としての存在感も抜群のブロッコリー。花のつぼみなだけに栄養も豊富ですが犬に食べさせても良いのでしょうか?今回はブロッ……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】毒?薬?犬がにんにくを食べて大丈夫って本当なの?

人間にとっては滋養強壮効果の高いにんにくですが、成分的には犬にとって害になるものが含まれています。しかし、飼い主さんによっては、元気がないときににんにくを与えているという人も。 はたし……

犬に必要な栄養