2016年12月25日更新

動物愛護はオシャレだヽ(*’0’*)ツ【ねりまねこブログ】

みなさんは「動物愛護活動」に
どんな印象を持たれますか?

人間の都合で不要になった犬や猫が殺処分されたり

邪魔者にされて死んでいく野良猫など

暗い現実があります。

それを怒りや悲しみでうったえても、
一般の人は辛いし、怖いので、

目を背け、
耳をふさいでしまうかもしれません。

ところが、

最近の動物愛護の
アプローチは変わってきたと感じます。

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

例えば・・・、

先月行われた滝川クリステルさん
の財団が主催する動物福祉のイベント

知的で洗練されていて、
カッコよかったです。

「動物愛護はカッコいいヽ(*’0’*)ツ」

o2736182413733288513

人間の都合で命を奪われる犬や猫。

それらを救い出そうと
奮闘する人たちがいて、

救われた犬や猫がいます。

o0960072013760287948

今は幸せそうな犬や猫の写真

でも、裏のエピソードを見ると、

殺処分寸前だったり、
怪我や病気で死にかけたり、

可哀想な行き場がない子たちでした。

o0960072013760287990

カッパちゃんもいます。

o0960072013760287920

「凶暴な野良猫カッパちゃんは家に入れたら
ベタ慣れになりました。

野良猫も飼い猫も同じ猫です。

排除するのではなく、平和に共生できる社会で
あってほしいです。」

o0363038113760300126

私達が保護した野良の子猫
更ちゃんも展示されました。

o0500033313760308963

更ちゃんは兄妹いっしょに
あずきさんの家の子になりました。

o0800053612310287250

この子たちを保護したのは4年前です。
今、その現場がどうなっているか見てきました。

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

ねりまねこブログ

関連記事

町の人たちが力を合わせれば【ねりまねこブログ】

この時期、子猫が産まれたという相談がつづきます。 隣町で、いつも地域猫活動を ご支援くださるAさんから ご相談がありました。 「近所に捨て猫なのか 突然、母子猫が現れました……

ねりまねこブログ

保護だけでなく、不妊手術を!【ねりまねこブログ】

ある施設で 保護された70gの命 見過ごすことができない 優しい方たちからのSOSで 私達が保護しました。 70gの赤ちゃんは 700gの子猫に成長しました。 ……

ねりまねこブログ

殺処分ゼロはダメなのか?【ねりまねこブログ】

アニマル・ウェルフェアサミット レポート の前に 赤ちゃん、大きくなりました~ 保護した時↓は70g 羽がとれたコウモリみたいな姿と 比較してみてください。……

ねりまねこブログ

地域猫は公益のための活動【ねりまねこブログ】

1年前、 優しい飼い主様のもとに 行ったポワールとソレイユ 仲良く幸せに暮らしています。 この2匹もともとは ボランティアグループが 地域猫としてお世話をしてきま……

ねりまねこブログ

子猫が現れた!さあどうする?【ねりまねこブログ】

この時期、町に一斉に子猫が現れます。 それを見て、「どうしましょう?」 というご相談が多数寄せられます。 「どうしましょう?」の前に あなたはどうしたいですか? お尋ね……

ねりまねこブログ