2017年4月15日更新

ドッグフードも腐る!ドライフードの酸化防止と保管の方法

愛犬たちの大切な栄養源、ドライフードの保管についてのお話です。
みなさんは愛犬たちのドライフードをどのように保存されていますか?
我が家では開封したドライフードは密閉できる袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存しています。

それはドライフードだけでなくオヤツなども品物によっては同様です。
一部情報によって近年「お米は冷蔵庫に保存する」なんて話しもありましたよね?精米した生米は皮をむいたリンゴと同じなんだと。

ドライフードは人間の食物と同じように扱いましょう

  • 小型犬1頭しかいないのに安いからと小分けになっていない大袋のドライフードを購入する。
  • 開封して常温のまま、密閉せず、数ヶ月に渡ってそのフードを与える。

あなたはこのようなことをしていませんか?

一度高温で加工され、酸化防止剤が入ったドライフードは傷みにくいと思われがちですが、酸化はしっかり起こっています。

お肉を多く含むわんこたちのドライフードは油分も多く含みます。油の種類にもよりますが、酸素・温度・湿度・光などが酸化の原因と言われています。

酸化したドライフードを食べさせるとどうなるか!

油分の酸化は様々な体調不良の原因となります。

動脈硬化やアレルギーに発展する場合もありますので注意が必要です。
大切な愛犬にはそんな危険なものは与えたくないですよね?

ドライフードの保存方法

ジップロックなんかは使いやすいですね。なるべく空気を抜いて保存しましょう。

  • 一度に大量に購入しない
  • 小分けに分包されているものを選ぶ
  • 開封後は密閉できる容器に入れ冷蔵庫等の冷暗所にて保管する

空気に触れる事で酸化は進みますので、シリカゲルや脱酸素剤などを使用するのも1つの手ですね。




美味しいくて新鮮なゴハンでいつまでも健康で元気に!ですよ。

おかもとてつへい



ドッグマナー

自称犬の写真家(笑)/ NPO法人日本ドッグマナー協会 / 一般社団法人ペットライフデザイン協会 愛玩動物救命士 モラキジドッグは愛犬(モモ、ララ、キキ、ジジ)の頭文字からです。 犬同伴可の焼肉店で手作りフードでキャリアを積み、飼い主さんと愛犬の(ドッグマナーとペットライフ)共生の為に尽力しております。自社Webサイトコンテンツ制作や他社Webサイトも制作。

関連記事

【獣医師監修】犬はりんごを食べても大丈夫?犬にりんごをあげる場合の注意点とりんごを使ったレシピ

季節に関係なく1年中売り場に並ぶりんご。りんごの香りは人にはリラックス効果があり、寝る時に枕元に置くと寝つきが良いとも言われています。味も香りも極上のりんごですが犬にとっても良い効果の期待で……

犬の食事の基礎

手作り食はペットにとって良い? 手作りペット食の基本から注意点、メリット・デメリットを解説

昔は人間の残り物がペットの常食でしたが、今では市販のペットフードを食べるのが当たり前になっています。ところが、ここ数年は手作りでペット専用の食事を作るこだわり派の飼い主さんが増えてきています……

犬の食事の基礎

【獣医師監修】犬はメロンを食べても大丈夫?犬にメロンあげる場合の注意点と簡単レシピ

ギフトとしても使われ贅沢な果物のイメージがあるメロン。甘みのある芳醇な味はもちろん、香りも良いため興味をもつ犬もいるでしょう。そばに寄って来て鼻をヒクヒクさせたりしますね。「そんなに食べたい……

犬の食事の基礎

【獣医師監修】犬はキャベツを食べても大丈夫?犬にキャベツをあげる場合の注意点と簡単レシピ

食物繊維が豊富で人では便通に良いと言われているキャベツ。生でも火を通しても美味しい野菜ですが犬にも食べさせて良いのでしょうか?また、食べさせる場合はどのような点に注意するといいのでしょうか?……

犬の食事の基礎

【獣医師監修】白菜は犬が食べても大丈夫な野菜の筆頭 与える場合の注意点は?

白菜はあくも少なく、犬に与えても心配のいらない野菜のひとつです。ビタミンや水分の補給もできる白菜は、むしろ積極的に活用したい食材。でも、体質や病状によっては与えていけないときもあります。白菜……

犬の食事の基礎

【獣医師監修】犬に豆乳は大丈夫?与えるときの注意点とは

身体に良いことで知られる大豆。牛乳の代わりに豆乳をフードに混ぜている飼い主さんも多いようです。とりあえずの危険性はないようですが、そもそも犬にとって豆乳は身体に良いのでしょうか?与えるときに……

犬の食事の基礎

【獣医師監修】犬はきゅうりを食べても大丈夫?犬にきゅうりをあげる場合の注意点と簡単レシピ

サラダに欠かせない野菜、きゅうり。夏の野菜ですが1年中売り場に並んでいるため私たち人間にとっては食べる機会の多い野菜でしょう。ところできゅうりは犬に与えても良いのでしょうか。今回は犬にきゅう……

犬の食事の基礎

【獣医師監修】蕎麦を犬に食べさせても大丈夫?犬に蕎麦を与える際の注意点は?

犬は飼い主が食べているものに興味深々。つるつると蕎麦を食べている時にねだられて、つい2、3本犬にも分けてしまうという人もいるのでは?人では身体に良いとされている蕎麦ですが、果たして犬にとって……

犬の食事の基礎

【獣医師監修】少量ならOKでも鮭はダメ!犬に与えられるお刺身と注意点

お刺身を食べていると愛犬のうらやましそうな目線に負けてしまいついあげてしまう...そんなお父さんが多いようです。生の魚であるお刺身を、犬が食べても果たして大丈夫なのでしょうか? 肉と魚……

犬の食事の基礎

【ドッグトレーナーが解説】ドッグフード 計量の落とし穴

犬のごはんの80%を占めるドライフード。計量はどのようにされてますか? 一つだけ計量の落とし穴をお伝えします。 毎日のごはんは、ドッグフードのパッケージに記載された給与目安量を……

犬の食事の基礎

【獣医師監修】犬がうどんを食べても大丈夫 でも塩分には注意が必要

つるつるとのど越しの良いうどんは、人間だけでなく犬も好きな食べ物のひとつ。ねだられると、ついどんぶりの中から分けてあげているという方もいるかもしれません。 でも、うどんは犬にとって塩分……

犬の食事の基礎

【獣医師監修】意外なことにゴーヤ好きの犬が多数 与える際の注意点は?

『ニガウリ』というだけあって、ゴーヤは独特の苦みがありますが、意外にも喜んで食べる犬は多いようです。ゴーヤを犬に与えても問題はないのでしょうか。熟して黄色くなったゴーヤやそのタネは?ここでは……

犬の食事の基礎

【獣医師監修】犬は柿を食べても大丈夫?犬に柿をあげる場合の注意点と柿を使ったレシピ

秋を代表する果物、柿。栄養豊富な柿は昔から「柿があれば医者はいらない」と言われ、珍重されてきましたが、犬にとっても良い果物なのでしょうか?今回は柿を犬に食べさせても良いのかどうか調べてみまし……

犬の食事の基礎

ドッグフードも腐る!ドライフードの酸化防止と保管の方法

愛犬たちの大切な栄養源、ドライフードの保管についてのお話です。 みなさんは愛犬たちのドライフードをどのように保存されていますか? 我が家では開封したドライフードは密閉できる袋に入れて冷蔵……

犬の食事の基礎

ペット用のおやつ、添加物やカロリー塩分など気をつけるべき点は?【動物看護師が徹底解説】

最近では食品や化粧品、日用品に”オーガニック”とつく品物が増えて来ましたね。ナチュラル志向で、添加物や化学物質をなるべく避けたいと思う人々の間で流行しています。大切な愛犬や愛猫のためを想って……

猫の食事・キャットフード

【獣医師監修】犬は豆腐を食べても大丈夫?犬に豆腐をあげる場合の注意点と簡単レシピ

上質なタンパク質が摂取でき、低カロリーである点から、今や海外でも注目されている豆腐。人間にとっては健康に良い素晴らしい食品ですが犬が食べても人間と同じようなメリットが得られるのでしょうか?今……

犬の食事の基礎

【獣医師監修】犬は玉ねぎを食べても大丈夫?犬に玉ねぎをあげると中毒になる危険性が!

飼い主さんの食べ物をこっそり食べてしまう犬、結構多いですよね。匂いを嗅いで美味しそうだとパクッと口に入れてしまうので止める隙もありません。そんな調子でもし犬が玉ねぎを食べてしまったらどうなる……

犬の食事の基礎

【獣医師監修】犬にコーヒーをあげても良いことなし!怖いカフェイン中毒

飼い主さんがちょっとコーヒーブレイクしていると、犬も同じものを欲しがったりします。そんなとき、つい犬にもコーヒーをひと口...なんてあげていませんか? いつもあげていて、大丈夫だからと……

犬の食事の基礎

【獣医師監修】犬だってチーズが食べたい!塩分・脂肪分には要注意

チーズが大好物という犬が多いようです。喜んで食べるのを見るとついあげたくなりますが、乳製品はあまり犬に良くないという説もあります。また、人間用のプロセスチーズは塩分と脂肪分が心配です。ここで……

犬の食事の基礎

【獣医師監修】その刺激に注意!犬がレモンをなめても大丈夫?

強烈なすっぱさと言えばレモン。ビタミンCの宝庫として知られていますが、犬がレモンをなめてしまったら、どうなるでしょうか。多くの場合は、その刺激を経験すれば、その後二度と欲しがらない犬がほとん……

犬の食事の基礎