2017年5月18日更新

華奢で小柄なパピヨンには首輪がいいの?ハーネスがいいの?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

柔らかく長い被毛と美しい飾り毛が特徴的なパピヨン。パピヨンのお散歩デビューの頃になると気になるのは首輪?それともハーネス?ということではないでしょうか。「可愛い首輪を付けてあげたい。」「でも首輪だと抜けてしまそうで心配。」そんな声をよく聞きます。今回はそんなパピヨンには首輪かハーネスかについて調べてみました。

 

首輪とは?ハーネスとは?

大きなリボンのような耳がなんとも可愛らしいパピヨン。エレガントな見た目から家の中で静かに過ごしているようなイメージですが、意外と活発でよく動き回る犬種のようです。運動能力も高いのでワクチンが済んだら散歩デビューしてあげたいところですね。

散歩デビューで気になるのがリードを付けるのは首輪がいいのか、ハーネスがいいのかということではないでしょうか?では首輪とハーネスとはどのようなものなのでしょう。まずは首輪とハーネスの特徴をご紹介しましょう。

犬_素材

首輪の特徴

最近では可愛らしいデザインの物も多く販売されていてファッションの1つとしても大切な要素になっている首輪ですが、散歩の時にリードを付ける目的以外にも首輪を付けることにはさまざまな意味があるようです。

1つは首輪をつけることによって、見る人にその犬に所有者がいることをアピールする目的です。最近では迷い犬の対策としてマイクロチップを埋め込むことが推奨されていますが、首輪をつけていればマイクロチップを確認するまでもなく、見ただけで飼い犬であることがわかりますね。首輪に迷子札や直接連絡先を記入しておけば、保護された時にすぐに連絡をもらうこともできます。

もう1つは犬に危険がおよんだ時にとっさに掴んで安全を確保する目的です。例えば室内でも遊びに夢中になって高いところから落下しそうな時や、入ってはいけない部屋へ入ろうとしたときなど、首輪をつけていればとっさに掴んで止めることができますね。

そのため首輪は例え室内で飼育していても、常時付けておくことが望ましいといわれています。

ハーネスの特徴

散歩に使用するためのハーネスの多くは、皮やナイロンのリボンで作られたものを前足に通す形のものが多いですね。以前は散歩のための道具として簡素なものが多かったハーネスですが、最近では着用するとまるで洋服のような可愛いベストタイプのハーネスなど、ファッション性もだいぶあがってきていて、首輪同様に愛犬を飾るアイテムとしても楽しめるようになってきています。

ハーネスの本来の目的はペットが散歩に使用するためのものではなく、犬ぞりを引くそり犬をそりにつなぐための道具として開発されたものです。そのため首輪に比べて犬の体への負担が少なく、犬にとっては物を引っ張りやすい構造になっています。

そのためそり犬以外でも介助犬や盲導犬など、人を導く役割を担う使役犬と人とをつなぐ道具としても使用されていますね。

メリット・デメリットを知っておきましょう

では首輪とハーネスを散歩に使用すると、どのようなメリットとデメリットがあるようでしょうか?首輪とハーネスそれぞれのメリットとデメリットは主に次に様にいわれています。

首輪のメリット・デメリット

メリット

  • 着脱が簡単に行える
  • いつもつけておくことができる
  • 首に直接ショックを与えることができるので犬とのコミュニケーションが取りやすくしつけに向いている

デメリット

  • 首が細く頭の小さい犬種の場合は抜けやすい
  • 引っ張った時に首や気管に負担が大きい

ハーネスのメリット・デメリット

メリット

  • 引っ張っても首や気管に負担がかからない
  • 胴に回すので抜けにくい

デメリット

  • 犬が引っ張りやすい構造なので引っ張り癖を付けやすく治しにくい
  • 犬が咬んで壊してしまう可能性があるので装着をしたままにしておくことができない
  • 前足を通して胴体に回さなければならないので着脱に時間がかかる

犬_素材

 

パピヨンに適しているのは首輪?ハーネス?

首輪とハーネスの特徴やそれぞれのメリット・デメリットをふまえて、パピヨンが散歩に使うにはどちらが適しているのかを考えてみましょう。

小柄で小顔のパピヨンの場合は散歩に首輪を使用すると、引っ張った時に抜けてしまう可能性が高くなります。またパピヨンのような小型犬は気管が細く、首への強い衝撃は気管支の病気を誘発しかねないので注意が必要になります。このような点を考えるとパピヨンの場合は、散歩で首輪を利用することはあまりおすすめできません。パピヨンの散歩にはハーネスの方が適しているようです。

しかしハーネスには引っ張り癖を助長してしまうという問題点があります。引っ張り癖には個体差があるので、あまり引っ張らない犬の場合は最初からハーネスを使用するのがおすすめです。もしも引っ張る癖が強く散歩のルールがなかなか覚えられないような場合は、室内や庭、家の近くなどで首輪を使用してリーダーウォークの訓練をおこなってから、ハーネスを付けて散歩に出かけるとよいですね。

賢くしつけの入りやすいパピヨンなので、1度しっかりとリーダーウォークを教えてあげれば、ハーネスを使用してもきちんと飼い主の側を歩くことができるようになります。

事故防止のためにまずは付けることを訓練しましょう

パピヨンの首輪について調べていると首輪を嫌がって噛んでしまい、首輪に口が挟まってケガをしてしまうことがあることがわかりました。パピヨンのような小型で長毛の犬種の場合はどんなにきつく首輪をしても噛んで引っ張ると余裕ができるため、下あごが首輪と首の間に入ってしまうことがあるようです。

すぐに気が付いてあげることができれば大きなケガになることはありませんが、留守番をしている時にそのような状態になってしまうと口が切れて大けがになるだけでなく、窒息してしまう可能性もあります。

首輪もハーンネスもまず慣らしてあげることが大切です。首輪やハーネスに慣らすにはまず室内で首や胴に軽いリボンのようなものを巻いて、何かを巻くことに慣らしてあげるとよいでしょう。リボンが巻かれていても気にしなくなってきてから、首輪やハーネスを巻くようにします。

それでも皮や布の感触に慣れずに嫌がることも多いと思います。その場合は無理をさせずすぐに外してあげましょう。少しずつ慣らしてあげることが大切です。巻かれていても落ち着いていられるようになったら、散歩の前の準備として室内でリードを付けて遊んであげましょう。

室内で遊ぶことに慣れてきたら初めて外へと散歩に出かけてみましょう。最初は外の雰囲気に緊張して慣れたはずの首輪やハーネスを嫌がることもあるかもしれません。その時も無理をさせず、犬のペースにあわせてあげることが大切です。少し歩けたらたくさん褒めてあげましょう。これを繰り返して少しずつ距離を伸ばしていきます。褒める時にご褒美のオヤツをあげるのも効果的なようです。

首輪やハーネスの訓練で1番大切なことはまだ付け慣れていない間は、付けている時は犬から目を離さないことです。リボンを巻いて練習をしている時でも、遊び半分にリボンを引っ張って絡まってしまうこともあるので、常に飼い主が見ているところで訓練するようにしましょう。

imasia_581187_S

ハーフチョークやイージーハーネスなどをうまく活用しましょう

パピヨンには首輪が適しているのかハーネスが適しているのかを、散歩で利用することを中心に調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

最近は犬の首輪やハーネスのデザイン性があがってきていることは前に書きましたが、機能の面でも便利なものが多くあります。なかでもパピヨンにおすすめなのがハーフチョークとイージーハーネスです。

ハーフチョークは半分が通常の首輪のような状態になっていて、半分がチェーンなど引っ張ると閉まるような作りになった首輪のことです。普通に付けている時は通常の首輪よりもゆるみができ首への負担が軽減され、リードを付けている時に犬が引っ張ると首がしまってショックを与えることができるようになっています。引っ張り癖のしつけもできますし、引っ張らない時は普通の首輪よりも首に負担がかからないので、常に付けていても違和感を感じにくくなっています。

イージーハーネスはハーネスなのに引っ張り癖をしつけることができる便利なグッズです。普通のハーネスと違って胸の前にリボンが渡る形になっており、胸に渡ったリボンにリードを付ける金具が付いています。犬の前にリードが付くことによって、犬が飼い主の前に出ようとすると、自然に体が後ろや横に向いてしまいます。思うような方向に進めないことを繰り返すことによって、引っ張り癖をなおすことができるようになっているのです。

どちらのグッズも引っ張り癖をなおすことができ、パピヨンが気を付けたい首への負担が少なくなっています。このような便利なグッズもうまく活用しながら、愛犬の性格にあったものを選んであげるとよいですね。