2017年5月18日更新

耳だけじゃない!色彩豊富なカラーも魅力なパピヨンのカラーについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

パピヨンといえば蝶々の羽のような美しい耳!でもパピヨンの魅力は耳だけじゃありません。上品なカラーも魅力の1つですね。パピヨンのカラーは実はとてもバリエーションが豊富なことをご存知ですか?成長に伴って変色することもあるようですよ。今回は魅力たっぷりのパピヨンの被毛のカラーについて調べてみました。

 

パピヨンの被毛の特徴は?

パピヨンが室内でも飼いやすいといわれる理由の1つは抜け毛が少なく、犬独得の臭いが弱いことですね。パピヨンの抜け毛が少ない理由は被毛の構造にあるようです。

犬の被毛にはダブルコートとシングルコートの2つのタイプがあります。ダブルコートの被毛は上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)の2層構造となっており、寒冷地で育種改良された犬が多く、下毛が抜け替わることによって季節にあった体温調整をしています。

対してパピヨンのようなシングルコートの犬種は温暖な地方で育種改良された犬が多く、冬の寒さから体温を守る必要がないため、人と生活しやすいように抜け毛の少ない犬へと改良されたという説が有力です。パピヨンの被毛はこのシングルコートの構造をしているので抜け毛が少ないようですね。

ただパピヨンの場合はマルチーズやヨークシャー・テリアなどと異なり、一定の長さになると抜け替わる毛質をしているため、シングルコートの犬種の中では抜け毛は多い犬種のようです。しかし抜け毛は多くなりますが伸び続ける毛質ではないのでトリミングをしなくてもスタイルをキープすることができ、また毛玉になりにくい毛質ということもあって、シングルコートの長毛種の中では被毛のケアが楽な犬種だともいわれています。

またパピヨンの特徴といえばエレガントな飾り毛です。蝶々の羽のように見える耳の飾り毛をはじめ、胸、前足、尻尾に飾り毛があり、昔は飾り毛のある尻尾がリスのように巻いている様から、スクウィール・スパニエルと呼ばれていたこともあったようです。

パピヨンの飾り毛は成長とともに伸びてくるようで、子犬の時はあまり目立ちません。また毛ぶきにも個体差があるようで、あまり長く伸びない犬もいるようですね。パピヨンの飾り毛はとても柔らかく切れやすい毛質をしているので、綺麗な状態を保つためには優しく丁寧にケアをしてあげる必要があるようです。

imasia_13495825_S

パピヨンのスタンダードカラーは?

パピヨンの日本でのスタンダードカラーについて、一般社団法人・ジャパンケネルクラブ(JKC)ではどのように定められているのでしょうか?

パピヨンのカラーは基本のカラーがホワイトであれば全てのカラーが認められています。パピヨンのカラーで重要視されるのは、カラーバリエーションではなくホワイトの占める割合や位置が重要なようですね。

特に体や足はホワイトの割合が多い方が好ましいようです。またキャバリなどと同様に頭頂部から両目の間を通って鼻梁にいたるブレーズと呼ばれる白い線がいくぶん幅広く広がっていることが好まれるようです。

ただし単色のホワイトのみのカラーと、ブルーと呼ばれる青味のかかったグレーの入るブルー&ホワイトやホワイト、ブルー&タンはスタンダードとしては認められていません。

 

人気カラーのご紹介

パピヨンのカラーはバリエーション豊富ですが、主に2色で構成されるパーティーカラーと3色で構成されるトライカラーに分けられるようです。

パーティーカラー

パーティーカラーの主流はホワイト&ブラウン、ホワイト&ブラックの2つのカラーのようです。海外ではややシャープな印象のホワイト&ブラックの人気が高いようですが、日本では柔らかく優しい印象のホワイト&ブラウンの人気が高いようです。

犬のカラーのブラウンにはさまざまなカラーバリエーションがあることが多いのですが、パピヨンも例外ではありません。パピヨンのブラウンカラーも毛先が黒っぽくなるものはセーブル、赤茶色の場合はレッドと呼ばれ、それぞれホワイト&セーブル、ホワイト&レッドと表記されるようです。

パピヨン

トライカラー

トライカラーはホワイトにブラックとタンが合わさった3色からなるカラーです。クラッシックトライとハウンドトライの2つのタイプがあります。日本ではクラッシックトライが一般的で、目の上に丸く眉毛のようなタンマークが出て、頬と尾止めにもタンが出るカラーになります。

対してハウンドトライは成長するにつれて顔全体にタンカラーが広がっていくのが特徴で、その変化を楽しめるのもハウンドトライの楽しみの1つのようですね。クラッシックトライに比べると子犬の頃は黒っぽくシャープな印象があるようですが、成長すると柔らかい優しい色合いになることが多いようです。

なぜ唇、眼瞼、鼻の色が濃くなければいけないの?

ホワイトカラーをベースにして2色や3色にカラーが混ざれば基本的にはすべてのカラーが認められるといわれているパピヨンで、なぜブルーカラーは認められていないのでしょう?また唇、眼瞼、特に鼻に色は濃くなければならないでしょう?

アルビノという先天性の疾患をご存知でしょうか?アルビノとは先天性の色素欠乏症のことで、生体色素であるメラニンの生合成に関わる遺伝情報が欠損してしまう遺伝性の疾患の1つです。

アルビノが生成できないメラニンは太陽の紫外線を吸収し細胞を守る役目をしている、生き物にとって大切な役割を持つものです。メラニンを生合成できないアルビノの犬の場合は、紫外線から肌を守ることができないため皮膚炎や皮膚がんになりやすく、目も光を吸収することができないため弱視になることが多いようです。

犬のホワイトカラーはアルビノとは異なるものですが、ホワイトの傾向が強く出ると中にはアルビノの個体までは行かないまでも、色素の薄い犬が生まれてきてしまいます。パピヨンでもホワイトの傾向の強い犬は唇や眼瞼、鼻がピンクがかったカラーになることが多く、被毛も耳に目立つような白毛が出たり、体が白一色であったり、目の周りが白かったりするようです。

このように色素が不足している犬は遺伝性の疾患を持っていることがあり、体が弱く短命である危険性があるので、ミスカラーとしてスタンダードカラーとしては認められていないようです。

またブルーカラーもホワイトが主体のパピヨンの場合は、色素不足を招く結果になる可能性があることを考慮して、スタンダードカラーからは外されているようです。

imasia_2942775_S

まとめ

パピヨンのカラーについて色々と調べてきましたがいかがでしたか?

パピヨンは成長とともに変色していく犬が多いようですね。濃かった色が薄くなっていったり、白かったところに斑が出たりと大きくなるにつれてさまざまな表情を見せてくれるようです。

飾り毛も成長にあわせて変わっていくので、カラーとあわせるとその時々で違う愛犬の姿を見ることができるようですね。パピヨンは折々に写真を撮っておくと、愛犬の成長の過程を楽しむことができる素敵なアルバムが作れるようです。