2017年5月18日更新

アジリティーだってOK!活発なパピヨンと一緒にドッグランへ行くには?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

エレガントな見た目と華奢な体つきから上品にお澄まししているようなイメージのパピヨン。実はフリスビーでもアジリティーだってこなしちゃう賢く活発な犬種なのです。パピヨンを飼うなら一緒にドッグスポーツに挑戦してみたいですよね。今回はそんなパピヨンとドッグランに行くための準備などを調べてみました。

 

ドッグランってどんな所?

パピヨンと一緒に手軽にドッグスポーツを楽しめる場所として、ドッグランはとても魅力的な施設ですね。まずはドッグランとはどのような所なのかをご紹介しましょう。

ドッグランは1980年代にニューヨークで誕生したのが始まりだといわれています。飼い主と飼い犬専用の広場のことで、広場の中では飼い犬を自由に運動させられるようになっています。日本ではドッグランの名称で親しまれていますが、ペット先進国の欧米ではドッグパークという名称が一般的なようですね。

犬がリードを離れて自由にできる場所なので、多くの施設では犬が施設外へ行かないように敷地をフェンスで囲むような形で作られています。跳躍力のある大型・中型犬用のドッグランの中には、2mを越える高いフェンスで仕切られているところもあるようです。出入り口も他の犬や人の出入りの時に勝手に犬が出ていかないように、2重扉になっているところが多いようです。

ドッグランの中は利用者が気持ち良く利用できるように水飲み場や日差しを遮る木立、アジリティー施設など犬が利用できる遊具を設置しているところも多いようです。最近では犬と一緒に出かける飼い主の方が多くなってきたことから、公的なものから私的なものまでさまざまな形態のドッグランが作られてきて、気軽に利用できるようになってきました。

しかし利用の仕方やマナーを理解せずにいきなり利用してしまう方も多いようです。ドッグランは自分たちの庭ではありません。多くの犬と人が利用する公共の場所ですね。公共の場所を利用する時にはお互いが気持ちよく利用するために、守らなければならないマナーがあるものです。

パピヨンと一緒に楽しくドッグスポーツを楽しむためにも、ドッグランを利用するためのマナーや事前に準備することを理解しておきましょう。

素材papillon-1468329_640

利用する前にしておくことは?

ドッグランを利用する時に忘れてはいけないことは、ドッグランの中で起こったことはすべて飼い主の責任であるということです。じゃれ合いの末に相手をケガさせてしまっても、逆にケガをさせられても飼い主同士で話し合って解決をしなくてはなりません。考えも飼い方も異なる飼い主同士が愛犬のケガを巡って話し合うことが、心地よい結果で終わることは難しいものではないでしょうか。

ドッグランを利用する時はできる限りそのような事故を起こさない、または巻き込まれないようにすることが大切です。そのためにはドッグランを利用する前に最低限のしつけは済ませておく必要があります。

呼び戻し

ドッグランに行く前に必ず身に付けておくべきことが呼び戻しです。なかには名前や「おいで」に反応できないと入場を断れてしまうドッグランもあるようです。なぜ呼び戻しができていないといけないのか?それはドッグランが基本的に犬がノーリードで自由の遊ぶ場所だからです。

リードを付けた状態ならば犬がコントロールを失って他の犬に吠えかかってしまっているような時でも、リードを引けばコントロールを取り戻すことができますが、ノーリードの場合はそうはいきません。

犬にとって自由に走り回れることはうれしいことです。つい興奮して我を忘れてしまうことも考えられますね。また多くの犬が集まるドッグランでは、相性の合わない犬と一緒になることも考えられます。

そんなドッグランではどれだけ飼い主から離れていても、名前や「おいで」のコマンドで飼い主がコントロールを取り戻すことができるようになっていないと危険なのです。家の中や散歩中に名前や「おいで」のコマンドを呼んだ時には、すぐに反応して飼い主の側へ来るようにしっかりとしつけておきましょう。

クールダウン

小柄で華奢な見た目に似合わず大胆な性格をしているパピヨンの場合に、呼び戻しとあわせて覚えておきたいことがクールダウンです。興奮や緊張から他の犬に吠えてしまっているような場合や、しつこく他の犬を追い回してしまっているような時にクールダウンが必要になります。

クールダウンには「お座り」「ふせ」「待て」のコマンドが有効だといわれています。まず呼び戻して他の犬と離れさせ「お座り」もしくは「ふせ」をさせます。その後「待て」をかけて他の犬の動きなどを目で追わないようになるまで待たせましょう。

ドッグランでしっかりとクールダウンできるようにするには、家でしっかりと訓練しておくと必要があります。家の中では待たせている状態で大きな音を出したり、おもちゃを使って誘っても待っていられるように訓練しておくとよいですね。

社会化

犬に他の犬や家族以外の人とのコミュニケーションを教えてあげることを犬の社会化といいます。犬の社会化には早い時期から他の犬や家族以外の人と触れ合う機会を多く作ってあげることが大切だといわれています。中には犬の社会化のためにドッグランを利用する飼い主の方がいらっしゃいますが、社会化ができていない犬がドッグランを利用することは危険が伴います。

ドッグランは他の犬たちもノーリードで自由に遊んでいます。そのためドッグランに入るとすぐに他の犬たちに囲まれてしまうことも多くあります。犬同士のコミュニケーションに慣れていない状態で他の犬に囲まれてしまうと、緊張から吠えてしまったり、怯えて逃げ回ってしまうことが考えられます。急に吠えれば喧嘩になってしまう可能性がありますし、逃げ回るとかえって追いかけられる可能性が高くなります。

パピヨンは警戒心が強い面と陽気で社交的な面を併せ持った犬種です。うまく社会化をしてあげれば警戒心をおさえて陽気で社交的な面をうまく引き出してあげることができますが、1度他の犬に対する苦手意識を持たせてしまうと警戒心の強い部分が出てきてしまい、なかなか社会化をすることは難しくなってしまいます。

パピヨンの社交性をうまく引き出すためにも、ドッグランを利用する前に散歩などリードを付けた状態で多くの犬や人と触れ合う機会を設けて、犬同士や家族以外の人とのコミュニケーションを身に付けておきましょう。ドッグランを利用するのはリードを付けた状態でうまく挨拶が交わせるようになってからにしましょう。

犬_素材

 

利用する時のマナーは?

お互いに気持ちよくドッグランを利用するためには、飼い主が守らなければならないいくつかのマナーがあります。

ドッグランを利用する時に必要なマナーは次のようなものがあります。

ワクチンの接種は必ず済ましょう

ドッグランは多くの犬が利用する場所です。人でも体調が悪い時には多くの人が集まるところへは行かないことや、流行性の病気についてはワクチンの接種をしてから利用することは公共施設を利用するうえでのマナーですね。犬でも同じことです。

ドッグランの中にはワクチン接種済みの証明ができない犬の入場を断っている施設もあるくらいです。ドッグラン以外でも公共の場所を利用する時は、病気を移さない、病気をもらわないは基本的なマナーです。ドッグランを利用する前にはワクチンの接種は必ず済ませておきましょう。

初めて利用するドッグランへいく時は、鑑札や注射済み証の提示が必要になる場合もありますので、必ず持参しておくとよいでしょう。

発情中は公共施設の利用は控えましょう

避妊をしていないメスが発情している状態をヒートと呼びます。ヒート中のメスは交尾相手を見つけるために過剰にフェロモンが分泌されている状態です。メスの放つフェロモンの臭いはオスにとって、どんなに訓練を積んでいても本能をおさえることが難しいものです。ヒート中のメスを公共の場所へ連れていくと、メスを巡ってオス同士が喧嘩になってしまうことが考えられますね。

周りの犬のためだけではありません。愛犬自身も襲われてケガをしてしまうこともありますし、もっとも危険なのが思いもよらない妊娠をしてしまう可能性があることです。繁殖は計画的におこなう場合でも、死産などで母体に危険がおよぶことが考えられるものです。そのためお互いの健康状態や相性を慎重に考えておこなわなければなりません。思いもよらない妊娠は愛犬の生命に危険がおよぶ可能性があることを理解しておきましょう。

発情中は体調を崩さないためにもできるだけ室内で静かに過ごさせてあげるとよいですね。

排泄は済ませてから利用しましょう。粗相はすぐに片付けましょう

多くの犬が利用するドッグランを衛生的に保つためには、できるだけドッグラン内での粗相をさせないことが大切ですね。ドッグランを利用する時はできる限り家の中で排泄を済ませてから利用するようにしましょう。

家から離れたドッグランを利用する時は、近くを散歩するなど工夫をしてドッグラン内での粗相を減らすように心がけましょう。

それでも他の犬の臭いがするドッグランですから、粗相をしてしまうこともあると思います。粗相をしてしまった場合は飼い主の責任で速やかに片付けましょう。ドッグランの中には粗相をした時の片づけ方に決まりがあるところもあります。決まりがある場合はその決まりに従って正しく片づけるようにしましょう。

ドッグランのなかには犬用のトイレスペースが用意されているところもあります。犬用のトイレスペースが用意されている場合は、リードを離す前にトイレスペースへ連れていきしっかりと確認させてからリードを離すようにするとよいですね。

愛犬からは目を離さない

前にも書きましたがドッグランの中での愛犬の行動は、すべて飼い主の責任の元でおこなわれるのがドッグランを利用する時の大前提です。飼い主同士の情報交換に夢中になってしまって愛犬を見失ってしまったり、ベンチなどに座り込んでスマートフォンを使用しているようなことはルール違反です。

ドッグランを利用している間は愛犬からは絶対に目を離さないようにしましょう。愛犬が興奮してしまった時や、少しでも危険だと感じた時はいつでもすぐに愛犬の側に行かれるようにしておきましょう。

ドッグランのルールに従いましょう

ドッグランにはそれぞれに利用の際のルールが決められています。利用時間や利用料金などの基本的なものだけでなく、事前講習会への参加や、ワクチン接種済みの証明と鑑札の提示、粗相の際の片づけ方など、細かなルールがある場合もあります。

どの決まりもドッグランをお互いに気持ちよく利用するために考えられたものですから、利用する前にはその施設のルールをよく理解し、利用中はルールに従って正しく利用しましょう。

初めてのドッグランを利用する場合は、利用する前にホームページや電話で事前にルールの内容を確認しておくとよいですね。

素材_dog-1006317_640

パピヨンとドッグランを利用するには

パピヨンとドッグランを利用するために必要なことについて調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

パピヨンは体の大きさなどに個体差があるように、性格もさまざまな個性があるようです。とても友好的で誰とでもすぐに仲良くなれる犬もいれば、飼い主の後ろにすぐ隠れてしまう神経質で臆病な犬もいるようです。なかには小さな体を逆立てて大きな犬に吠えかかってしまう、気の強い犬もいるようですね。

ドッグランは犬同士のコミュニケーションが好きで、犬と遊ぶことに慣れている犬にとっては楽しい場所ですが、犬とのコミュニケーションが苦手で緊張や警戒をしてしまう犬にとっては決して楽しい場所ではありません。愛犬の様子を見ながら吠えてなかなか遊ぶことができなかったり、他の犬とのコミュニケーションが嫌で飼い主の側から離れないような犬の場合は、無理にドッグランを利用する必要はないと思います。

ドッグランの中には貸し切りで利用することができるところもあります。コミュニケーションをとることが苦手な犬の場合は、無理に多くの犬のいるようなところへ連れていくのではなく、貸し切りの施設で飼い主と一緒にフリスビーやアジリティーを楽しむなど、まずはドッグランを楽しむことからはじめるとよいですね。