2017年5月18日更新

お洒落な洋服も似あっちゃう!パピヨンに洋服は必要?

エレガントな飾り毛のついた蝶々のような耳と、背中に背負ったリスのような尻尾が上品なパピヨンパピヨンはどんな洋服もお洒落に着こなしてしまう犬の中のファッションリーダーのような存在ですね。でもお洒落だけなら犬に洋服を着せる必要はあるのでしょうか?今回はパピヨンに洋服を着せることについて調べてみました。

パピヨンに洋服を着せるのはお洒落だけ?

体つきや容姿からさまざまな洋服をうまく着こなしてしまうことができるパピヨンですから、ついついコレクションが多くなってしまう飼い主の方が多いのではないでしょうか?でもふと「愛犬にとっては迷惑なのでは?」と考えてしまうこともあるのではないでしょうか。

では本当に犬に洋服を着せるのはお洒落のためだけなのでしょうか?そうとばかりは言えないようです。犬に洋服を着せる意味は次のようなものがあるといわれています。

犬_素材

防寒対策と暑さ対策

パピヨンはほどよい長さで被毛の量も少なくはないので、スムースコートの犬種よりも寒さには強いような印象がありますが、一概に寒さに強いとはいえないようです。

パピヨンはシングルコートという被毛の構造をしています。シングルコートの犬種は、温暖な地方で育種改良された犬が多く寒さから体温を守る必要がなかったため、被毛によって体温調整をおこなう構造にはなっていません。季節によって気温の差の激しい日本では、シングルコートの犬種は冬の寒さには付いていけずに胃腸炎を起こすような犬も多いようです。

またパピヨンのような温度管理のされている室内で過ごすことが多い小型犬は、室内と外との温度差も体に負担になるようです。

寒さに弱いかわりに暑さには強いのかというと、近年の高温傾向ではそうはいかないのが現実です。パピヨンのような小型犬の場合は、直射日光だけでなく地面からの照り返しの影響を受けやすく、室内にいても温度管理をしていないと熱中症になってしまう心配があるようです。

パピヨンの場合は、冬は体を震わせて寒そうな様子をしている時は無理をさせずに暖かい洋服で防寒してあげて、夏はクールベストやバンダナなどのアイテムをうまく活用して体温を調整してあげる必要があるようですね。

マナーとして着用することも必要

パピヨンの多くは抜け毛の少ないシングルコートの毛質をしていますが、トイ・プードルやマルチーズなどと異なり、一定の長さになると生え変わる毛質をしているため、シングルコートの犬種の中では比較的抜け毛の多い犬種になります。

自宅なら愛犬の抜け毛は掃除すれば済むところですが、抜け毛の多いダブルコートの犬種ほどの量ではなくても、友人の家やショッピングモールなどの公共施設を利用する時には気になりますね。犬の毛にアレルギーのある人の場合は少しの量でも発作をおこしてしまうことが考えられるので、公共の施設では洋服の着用を義務付けているところもあるようです。

自宅以外の場所へパピヨンを連れていく時に洋服を着せることはマナーとして必要なことでもあるようです。

汚れの防止

パピヨンはホワイトが主体のカラーであることが決められている犬種です。そのため雨の後などぬかるんでいる道を散歩すると、跳ね上げでお腹が真っ黒になってしまうようなこともあるようです。

スムースコートの犬種ならば蒸しタオルで拭くだけで汚れを取ることができますが、長毛のパピヨンの場合は蒸しタオルだけではなかなか綺麗に落とすことは難しいようです。だからといって散歩から帰ってきて毎回シャワーで洗い流すのは大変ですね。

雨上がりの散歩や芝生のドッグランなどで遊ぶ時などは、洋服を着せて汚れが付かないようにしてあげるとよいですね。

犬に洋服を着せるためには

パピヨンには必要に応じて洋服を着せることには意味があるようですね。でも洋服を着させてすぐに出かけるのは、犬にとっては少し負担が大きいようです。

犬にとって洋服は必要なものであっても最初は着慣れない違和感があるものに違いはありません。着慣れていないのに長時間着せっぱなしにするのは、違和感を強くしてしまうだけで、洋服に対して苦手意識を持たせてしまうことにつながります。

犬に洋服を着せる時はまずはゆっくりと着慣れさせてあげることが大切です。最初に着せる洋服は出来るだけ装飾がなく軽くて気安い洋服を選んであげましょう。安心できる室内でまずは短い時間からはじめます。着せてみて噛んだり体を振って嫌がるような仕草を見せたらすぐに脱がせてあげましょう。慣れてきたら着せて「可愛いね。」や「上手ね。」と褒めてあげます。少し時間が伸びてきたらご褒美におやつをあげるのも効果的ですね。

褒めながら少しずつ着ていられる時間を伸ばしてあげましょう。着慣れてくると洋服の暖かさや気持ちのよさがわかるようになってきます、なかには飼い主に「可愛いね。」といわれたくて自分から進んで洋服を着たがる犬もいるようですよ。

洋服の訓練も警戒心が出る前の小さな頃から始めると、あまり違和感を持つことなくスムーズに着られるようになるようです。トイレトレーニングなど基本的なしつけが終わったら、少しずつ洋服を着せることに慣れさせてあげるとよいですね。

imasia_2942775_S

脱いで過ごす時間も大切

パピヨンに洋服を着せることには意味がありますが、着せていることによるデメリットも同じようにあります。特に長毛のパピヨンの場合は洋服を着せると被毛をつぶすような形になります。そのため被毛の中に汗などによる湿気がこもった状態になり、肌が蒸れた状態になりやすいようです。

肌の蒸れは皮膚病の原因になるので注意が必要ですね。パピヨンに洋服を着せる時は、着せっぱなしにしないことが大切です。家の中に必ず1部屋は室温管理ができていて、洋服を着ないで過ごすことができる場所を用意してあげましょう。

また洋服を脱がせたときはブラッシングを忘れずにおこないましょう。洋服を着せていると抜け毛やフケなどは、洋服と被毛や皮膚の間に溜まった状態になっています。抜け毛やフケをたまったままにしておくことも肌にはストレスが大きいものですね。洋服を脱がせたときはブラッシングをして、被毛や皮膚に溜まってしまった抜け毛やフケをしっかりと落としてあげましょう。

犬の洋服はサイズの確認が重要

パピヨンに限らず犬の洋服を選ぶ時に大切なのが体に合ったサイズの洋服を選ぶことです。人よりもはるかに動きが活発な犬にとって、洋服で動きを制限されることはとてもストレスがかかることです。いつもと同じ動きをしているつもりで、思わぬケガにつながることもありますね。

ペットショップなど実際に試着ができるお店で購入する時は、できるだけ犬を連れていって試着をしてから購入しましょう。犬の洋服にもサイズの表記がありますが、メーカーや洋服の形によって同じSサイズ表記でも若干大きさが異なるような場合があるため、お店よってはそれぞれのメーカーのサイズ表記に対応する犬種や、首回り、胴回りなどの長さが一覧表になっているところもあります。それらの表記を確かめて愛犬のサイズにあった洋服を選ぶのも1つの方法ですね。

試着ができないネット販売などで購入する場合は、予め自分たちで犬のサイズを採寸しておく必要があります。犬の洋服を買う時に採寸しておく点は次の4点です。

  • 胴回り:前足のつけ根から背中を回って胸の一番広いところを1周
  • 首回り:首輪の位置を1周
  • 背丈:首のつけ根から尻尾のつけ根まで
  • 腹側着丈:腹側の首輪の位置から排泄で汚れない位置まで
  • ウエスト:後ろ足の抜け根から背中を回って胴の一番細いところを1周

犬の洋服もオーダーメイドやセミオーダーで、愛犬にぴったりの洋服を作ってくれるお店も増えてきているようです。既成の洋服を買うよりもやや高額になりますが、デザインや着心地なども考えられた愛犬にぴったりの1着を手に入れることができるのは魅力的ですね。愛犬のサイズにあった着心地のよいものをと考えるならば、オーダーメイドやセミオーダーで作るのもよい方法です。

犬_素材

まとめ

パピヨンに洋服を着せることについて色々と調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

パピヨンの大きな立耳を飾る優雅な飾り毛ですがとても柔らかく繊細な毛質をしています。そのため食事の時などエサに入ってしまうとエサのカスを絡めてしまったり、散歩の時も臭いを嗅いでいる時に砂やゴミ、草などを絡めてしまいやすいようです。

大きな立耳とそれを飾る飾り毛はパピヨンにとって1番のチャームポイントですね。できるだけ綺麗な状態を保ってあげたいものです。パピヨンの飾り毛を汚れから守るにはスヌードを付けるのが効果的なようです。

小型犬のスヌードというと変装用の被り物のようなイメージがありますが、それだけではなく実用的なものも多く販売されています。パピヨンの場合は洋服とあわせてスヌードの着用にも慣らしておいてあげるとよいですね。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

耳だけじゃない!色彩豊富なカラーも魅力なパピヨンのカラーについて

パピヨンといえば蝶々の羽のような美しい耳!でもパピヨンの魅力は耳だけじゃありません。上品なカラーも魅力の1つですね。パピヨンのカラーは実はとてもバリエーションが豊富なことをご存知ですか?成長……

パピヨン

パピヨン の価格は?購入する方法・里親になる方法は?

まるでリボンのような大きな耳と、美しい飾り毛が気品の高さを感じさせるパピヨン。ちょっぴり警戒心が強いところもありますが、トイ・サイズの犬のなかでは人懐っこく飼い主に従順な犬です。そんなパピヨ……

パピヨン

【ペットシッターが解説】パピヨンとの暮らしで注意すること

パピヨンの性格と性質 性格 パピヨンはヨーロッパの貴婦人が大切にしていたという歴史を持っており、その優雅な姿がとても人気の犬種です。もちろん、性格も友好的でとても賢いので、家族の態度……

パピヨン

パピヨンの寿命ってどのくらい?長く元気でいるためにはどうしたらよい?

大きな蝶々のような耳と長い飾り毛が特徴的なパピヨン。フランスの貴族たちの間で長い間寵愛を受けてきた気品あふれる犬です。近年犬の健康への関心の高まりとともに犬の寿命は延び、高齢化が進んでいると……

パピヨン

オヤツばかりでエサを食べない・パピヨンのエサの量について

パピヨンのエサで検索をすると「おやつは食べるけど、エサをなかなか食べてくれなくて。」というお悩みをよくみかけます。なかには「エサにはまるで執着がなくて、どうやって食べさせたらいいの?」という……

パピヨン

気になる抜け毛!パピヨンのブラッシングの方法は?

小柄で華奢な体つきと可愛く品のある見た目から、飼って見たい犬として人気の高いパピヨン。パピヨンなどの小型犬は屋外での飼育には向いておらず、飼育する時は屋内飼育が必須です。そこで気になるのが犬……

パピヨン

【動物看護師が解説】パピヨンにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

近所の散歩をしている犬を見ると、よく見かけるパピヨン。身体が非常に細く小さい個体もいれば、被毛が豊富に生えていて体がガッシリして見える個体もいるでしょう。鼻が長くキツネのような顔をしていたり……

パピヨン

思った以上の運動量にびっくり!パピヨンの散歩についてのまとめ

蝶が羽を広げたような大きな耳にエレガントな飾り毛が綺麗なパピヨン。華奢な見た目から室内でのんびりと過ごしていそうな印象ですが、実はとっても活発で遊び好きな犬が多いようです。そのギャップもまた……

パピヨン

華奢で小柄なパピヨンには首輪がいいの?ハーネスがいいの?

柔らかく長い被毛と美しい飾り毛が特徴的なパピヨン。パピヨンのお散歩デビューの頃になると気になるのは首輪?それともハーネス?ということではないでしょうか。「可愛い首輪を付けてあげたい。」「でも……

パピヨン

蝶々のようなお耳が可愛いパピヨンの飼いやすさについて

蝶々が羽を開いて頭に止まっているようなエレガントな姿が特徴のパピヨン。見た目の上品さと小柄で華奢な体つきなどから室内で飼いやすい犬種として名前があがることも多いですね。ちょっと気ままなで小悪……

パピヨン

パピヨンの病気〜獣医師が解説するパピヨンのかかりやすい病気〜

フランス語で「蝶」という意味を持つパピヨン。美しい毛で飾られた耳が蝶のようであることから名付けられ、その名の通りの優美な姿で昔から愛されてきました。豊かな被毛で覆われた体はとても華奢なので、……

パピヨン

お洒落な洋服も似あっちゃう!パピヨンに洋服は必要?

エレガントな飾り毛のついた蝶々のような耳と、背中に背負ったリスのような尻尾が上品なパピヨン。パピヨンはどんな洋服もお洒落に着こなしてしまう犬の中のファッションリーダーのような存在ですね。でも……

パピヨン

パピヨンの平均体重や、年齢による食事の目安

小さくて線が細くつぶらな瞳が可愛いパピヨン。とても人懐こく従順な事から、家庭犬として人気がありますよね!それに、なんと言っても名前の語源にもなった「蝶」のような耳が特徴的です。 まるで……

パピヨン

賢くてちょっぴり気まぐれなパピヨンのしつけについて

小型犬ではトイ・プードルに次いで、全犬種でも8番目に知能が高いといわれているパピヨン。訓練次第では服従訓練で好成績を収める犬もいるほど。賢く飼い主の言葉をよく理解する反面、気まぐれな1面もあ……

パピヨン

パピヨンのおすすめブログ 6選

16世紀のヨーロッパで人気だったパピヨン。かのマリーアントワネットも寵愛したとか。パピヨンと言えばバタフライ・イヤーと呼ばれる大きな耳が特徴的ですね。耳が蝶のように見える事から、フランス語で……

パピヨン