2017年5月18日更新

ちょっぴり上級者向け?フレンチ・ブルドッグの飼いやすさについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

厳つい顔とおどけた仕草が魅力的なフレンチ・ブルドッグ。フレンチ・ブルドッグは潰れた鼻と大きな目の顔がブサカワいいと人気が高くなってきている犬種ですが、実際に飼うことを考えると闘犬のイメージも強いためか「飼うのは難しいのでは?」と心配になる方が多いようです。今回はそんなフレンチ・ブルドッグの飼いやすさについて調べてみました。

 

フレンチ・ブルドッグの性格は?

見た目に厳ついフレンチ・ブルドッグですが、実はとても甘えん坊な犬が多いことでも知られています。飼い主やその家族との触れ合いが大好きで、どちらかというとべったりと甘えるタイプの犬種のようですね。抱っこをおねだりしに来たり、寝ていると添い寝をして来たりとにかく一緒に過ごすことに喜びを感じることができる犬種だといわれています。

好奇心が旺盛で活発な性格をしていますが、室内で動き回ったり無駄に吠えるようなことはないので、マンションのような集合住宅でも飼いやすい犬種です。また人に対して友好的な性格をしている犬が多いので、小さなお子さんがいるような家庭でも飼育が可能だといわれています。

基本的には穏やかな性格をしていますが、闘犬であるブルドッグの血を引いている点は忘れてはいけないようですね。小型犬の中でも体重があり力も強いので、ご高齢の方や小さなお子さんだけの散歩は難しいようです。

犬_素材

フレンチ・ブルドッグのしつけはしやすい?

フレンチ・ブルドッグは賢く飼い主の言葉や仕草をよく理解します。しかしブルドッグの血を引いているためか、理解はしていても頑固で意固地になってしまうこともあるようです。フレンチ・ブルドッグのしつけには根気と粘り強さが必要になるようですね。

しつけの時に愛犬との根競べが必要になる点も、フレンチ・ブルドッグが初めて犬を飼う方には向かないといわれる理由の1つのようです。しかし基本的には飼い主に喜んでもらうことが大好きな犬種ですから、しっかりとリーダーシップをとりながら褒めて伸ばすようなしつけを心がけてあげれば、基本的なしつけは簡単にこなすことができるようです。

好奇心旺盛で遊ぶことが大好きなフレンチ・ブルドッグには、長くだらだらとしたしつけよりも遊びを取り入れながら短い時間で楽しくおこなうしつけが有効的なようですね。

 

フレンチ・ブルドッグの臭いと抜け毛は?

室内での飼育がおすすめのフレンチ・ブルドッグで、気になるのが臭いと抜け毛の問題です。

フレンチ・ブルドッグはブルドッグと同様に独特の体臭を持った犬が多いようです。ブルドッグ臭とも呼ばれている臭いで、しわが多いことが原因だともいわれています。またよだれが多いことや、やや脂症な肌質、おならがよく出るなど臭いの原因となることが多いのも、フレンチ・ブルドッグが臭うといわれる原因の1つのようですね。

またスムースコートと呼ばれる短毛の毛質をしているフレンチ・ブルドッグは、被毛の手入れはとても楽な犬種なのですが、抜け毛の方は多く短い毛が布製の家具などに刺さってしまうため掃除も大変なようです。

フレンチ・ブルドッグを飼う時は室内の消臭はと抜け毛の対策は考えておく必要があるようですね。

フレンチ・ブルドッグのかかりやすい病気は?

フレンチ・ブルドッグが犬を飼うことに慣れている人向きの犬種だといわれる最大の理由が、病気がちな犬が多くやや短命な傾向があり、愛犬の体調と向き合って常に難しい選択を迫られる可能性が高いことにあります。

ブルドッグがかかりやすいといわれている病気には次のようなものがあります。

水頭症

脳室に脳髄液が溜まることによって脳圧が上がり、さまざまな神経症を発症する病気です。フレンチ・ブルドッグの場合は先天的な発症のケースも高いようです。症状としては歩行異常や視覚障害、ぼんやりとして動きが緩慢などがありますが、凶暴化するようなケースもみられるようです。

治療法としては投薬で脳圧を下げていくのですが、残念ながら根治させることは難しく生涯投薬を続けながら様子を見ていくことになります。症状の進み具体によっては延命の可能性もありますが、短期間で死亡してしまうケースもある病気です。

犬_素材

腫瘍性疾患

フレンチ・ブルドッグは良性・悪性ともに腫瘍ができやすい体質のようです。人と同様に癌は犬の死亡原因の大きな位置を占めてきています。1度発症すると致死率が高くまた治療にかかる費用も高額になることも人の癌と同じですね。フレンチ・ブルドッグで注意しておきたい悪性腫瘍は次のようなものがあります。

  • 悪性リンパ腫
  • 乳腺腫瘍
  • 脳腫瘍
  • 肥満細胞腫

皮膚疾患

フレンチ・ブルドッグは皮膚が弱く皮膚疾患に注意が必要な犬種になります。特にしわの間は汚れや汗が溜まりやすく皮膚炎を発症しやすい環境が整っているため、綺麗な状態を保っておかないと皮膚疾患を発症しやすいようです。またしわの間の皮膚疾患は1度発症すると皮膚同士が擦れるため、治りにくく再発しやすいのも特徴です。

またアレルギーを持っている犬が多く、アレルギー性の皮膚炎にもかかりやすいようです。

フレンチ・ブルドッグがかかりやすいといわれている皮膚炎には次のようなものがあります。

  • アレルギー性皮膚炎・アトピー性皮膚炎
  • 脂漏性皮膚炎・マラセチア皮膚炎
  • 膿皮症

短頭種気道症候群

フレンチ・ブルドッグのように鼻の短い犬種のことを短頭種と呼びますが、短頭種の犬種に多くみられるのがこの短頭種気道症候群と呼ばれる気管支の病気です。

短頭種の犬種は他の犬種に比べて鼻孔や鼻腔が狭く、呼吸をすることが苦手な犬種が多くなります。そのため息を吸う時に軌道に圧力がかかることが多いため気道の病気が誘発されやすいようです。

短頭種気道症候群の中に含まれている病気は次のようなものがあります。

  • 鼻腔狭窄
  • 軟口蓋過長症
  • 咽頭小嚢反転症

膝蓋骨脱臼

フレンチ・ブルドッグは小型犬の中では成犬の平均体重が10kg~13kgと重く、膝蓋骨脱臼に注意が必要な犬種です。

後ろ足の膝蓋骨(膝のおさら)が脱臼(ずれたり外れたり)してしまう病気です。骨や筋肉の形成異常で起こるような場合は先天性、高いところから落ちるなどがきっかけで発症する場合は後天性といいます。

症状としてはスキップのような歩き方をする、脱臼した足をかばい3本の足で歩く、つま先立ちのような歩き方をする、膝が腫れている、歩きたがらない、立ち上がりにくそうにするなどがあります。

治療法としては膝蓋骨を正常な位置に戻す手術を受けるのですが、あまり病気が進行してしまうと骨が変形してしまい、手術に適さない状態になってしまうことがあります。そのため早期発見、早期手術が必要になる病気です。

フレンチ・ブルドッグの飼育費用は?

フレンチ・ブルドッグは病気のところに書いたように、病弱で短命な犬が多いことでも知られています。そのため他の小型犬に比べて医療費が高額になることが多いようです。医療費への備えが十分でないと、フレンチ・ブルドッグを最期までしっかりと飼っていくことは難しく、この点もフレンチ・ブルドッグが飼いにくい犬種だといわれる原因になっているようです。

また夏の暑さに大変弱く熱中症の好発犬種でもあるフレンチ・ブルドッグは、暑い時期はクーラーをかけ続けて室温を管理しなければならないので、光熱費もかなりの額になることが考えられます。

エサ代、ワクチン代なども体重の重いフレンチ・ブルドッグの場合は、他の小型犬よりも費用が掛かるようですね。大型・中型の犬種に比べれば小型のフレンチ・ブルドッグの方が経済的な負担は少ないかもしれませんが、それでも飼育費用の面ではある程度経済的に余裕がある方向けの犬種だといえるでしょう。

素材french-bulldog-1104365_640

まとめ

フレンチ・ブルドッグの飼いやすさについて実際に生活をすることを考えて、色々と調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

病気のところに書いたもの以外にも、尿道間結石や糖尿病、クッシング症候群、心疾患など気を付けなければならない病気が多い犬種のようで、常に体調を気にしながら生活をしていかなければならないのが大変なようですね。

体調に気を使いしつけにも根気がいるなど手がかかる犬種ではありますが、愛嬌のある仕草やべったりと甘えてくる愛情の深さなど、手がかかる以上の喜びを飼い主にもたらしてくれる犬種でもあるようです。

残念ながらフレンチ・ブルドッグの場合は、10年以上生きられたら長生きだといわれてしまうことが多いようです。だからこそ1年1年を大切に、犬に対して十分な時間とお金をかけることができる人に向いている犬種かもしれません。

 
 

関連カテゴリ