2017年5月18日更新

遊ぶのが大好きなフレンチ・ブルドッグの散歩についてのまとめ

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

口を開けてパンティングしている姿がまるで笑っているように見えるフレンチ・ブルドッグ。独特の愛嬌ある顔とユニークな仕草でファンが多い犬種ですね。遊ぶのが大好きなフレンチ・ブルドッグですが、散歩をさせる時には気管支の病気など心配なことも。今回はそんなフレンチ・ブルドッグの散歩について調べてみました。

 

フレンチ・ブルドッグに散歩は必要?

フレンチ・ブルドッグは活発で好奇心旺盛な性格をしています。興味のあるものがあると猪突猛進で元気よく体当たりしてくるようなところがあるようですね。「そんなに元気があるなら運動量も相当に必要では?」と考えがちですが、フレンチ・ブルドッグにはそれほど多くの運動量は必要ないようです。

フレンチ・ブルドッグの運動量は室内で一緒に遊んであげるだけでも十分にとることができるようです。ではフレンチ・ブルドッグに散歩は必要ないのでしょうか?フレンチ・ブルドッグの散歩には運動量を確保する以外にもさまざまな意味があるようです。

犬_素材

フレンチ・ブルドッグに散歩が必要な理由

フレンチ・ブルドッグに散歩が必要な理由としてよくあげられるのは次のようなものです。

ストレスの発散

好奇心旺盛なフレンチ・ブルドッグにとって屋外を散歩することは、室内にはない音や臭いに溢れた刺激的で楽しい時間でもあります。

もちろん飼い主が好きなフレンチ・ブルドッグにとって、室内で飼い主と一緒に遊ぶ時間も十分にストレスの発散になります。ですから悪天候の時や炎天下の中を無理に散歩へ連れていく必要はありませんが、屋外を散歩することはいつもとは違う刺激を受けることで自然と心が開放されるものです。

基本的には穏やかだといわれているフレンチ・ブルドッグですが、それでも闘犬としての血筋を引く犬種であることには違いはありません。うまくストレスを発散させてあげないと、イライラとして気に入らないことに噛むようになってしまうこともあるようです。

フレンチ・ブルドッグの楽しくユーモラスなよい面を引き出してあげるためにも、室内での遊びとうまく織り交ぜながら無理のない範囲の散歩は必要なようです。

日光浴

犬も人間と同様に太陽の紫外線を浴びることで、体内でビタミンDを生成します。ビタミンDはカルシウムの吸収を助けることで知られています。フレンチ・ブルドッグは膝蓋骨脱臼や椎間板ヘルニアなどの好発犬種なので、カルシュウムはできるだけ効率よく吸収しておきたい栄養素の1つですね。

またビタミンDにはカルシュウムの吸収をよくするだけでなく、殺菌作用にも効果があるといわれています。フレンチ・ブルドッグは肌が弱く皮膚疾患になりやすい犬種です。特にしわの間は皮膚が蒸れたり、擦れたり、汚れやフケなども溜まりやすいため、皮膚病を発症しやすくまた治りにくいといわれています。

フレンチ・ブルドッグは鼻の短い短頭種のため、パンティングによる体温調整が苦手で熱中症には十分な注意が必要です。日光浴のためでも夏の強い日差しを浴びながら散歩をするのはおすすめできませんが、気候のよい春や秋などは暖かい昼間に日差しを肌に浴びながら散歩をすることは、皮膚炎の防止につながるようです。

犬_素材

犬や家族以外の人とのコミュニケーション

フレンチ・ブルドッグはおおらかで社交的な面と、警戒心が強く敏感な面を併せ持った犬種だといわれています。見た目も厳ついため、犬のことをよく知らない人からはいまだに闘犬としてのイメージで見られることもありますね。

一緒に楽しく出かけられるようにするためには、他の犬種よりもしっかりとしつけてあげて、周りの人に安心感を持ってもらえるようにしてあげる必要があります。そのためには強い警戒心を持たせることなく、おおらかで社交的な面が表に出るようにしつけてあげたいところですね。

犬に他の犬や家族以外の人とのコミュニケーションの方法を身につけさせてあげることを犬の社会化と呼びます。犬の社会化の時期は生後3か月までが最適だといわれており、本来は親犬や兄弟犬、ブリーダーから自然に教わるものなのですが、日本のペット事情では必ずしも十分に社会化がおこなわれていない子犬が多く販売されているのが現状のようです。

愛犬に社会性を身につけさせてあげて、外へ出ても誰からも愛される犬に育てることも飼い主の責任ということですね。社会化がうまくいかないと警戒心が強くなってしまう傾向があるフレンチ・ブルドッグの場合は、家族以外の人や他の犬への警戒心が強くなる前のワクチンの接種が終わる4ヶ月辺りから、積極的に散歩へ連れて行ってあげるとよいようです。

 

フレンチ・ブルドッグに必要な散歩の目安は?

フレンチ・ブルドッグは1日の運動量はそれほど多くを必要とはしません。室内でボール遊びや追いかけっこなど30分~1時間程度行えば、運動量としては十分だといわれています。

毎日散歩に行くと考えた場合の頻度と回数は朝晩2回で1回の散歩は10分~15分程度で十分だといわれています。脂肪をためやすく肥満になりやすい傾向があるので、食事と運動のバランスはとても大切になります。散歩の時は早や歩きを取り入れて歩き方にメリハリを付けたり、途中に公園などでボール遊びをさせてあげるなど工夫をしてあげるとよいですね。

ただし過度な運動は気管支や骨、関節、心臓に負担が大きいので、犬の様子を見ながら無理のない範囲での散歩が重要です。

夏の散歩には要注意!

前にも書きましたがフレンチ・ブルドッグは鼻の短い短頭種のため、パンティングによって体内にこもった熱を外へと発散することが苦手な犬種です。室内にいても温度管理がしっかりとされていないと熱中症になってしまう可能性があるフレンチ・ブルドッグの場合は、気温の高い夏の散歩は注意が必要です。

夏は気温が高い時間帯はできる限り温度管理の行き届いた室内で過ごさせてあげるとよいですね。散歩に出かける時は直射日光と地面からの照り返しを避けるために、地面が熱を持つ前の午前5時~6時くらい、夕方は地面の熱がしっかりと抜けているのを確認してから散歩をするとよいでしょう。

また動くとどうしても体内に熱がこもります。夏の散歩の時はクールベストやクールバンダナなど、体を冷やすアイテムをうまく利用して体温を下げる工夫をしてあげましょう。帰ってきてから足やお腹を水で流してあげると、体温を下げる効果があります。家に帰ってきて息苦しそうにしているようならば、お腹や足、首回りを水で冷やしてあげましょう。

犬_素材

まとめ

フレンチ・ブルドッグの散歩についていろいろと調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

フレンチ・ブルドッグは気を付けなければならない病気が多く、やや短命な傾向がある犬種だといわれています。体質的に脂肪をためやすく肥満になりやすい傾向があるフレンチ・ブルドッグにとって、病気を誘発しないためにも食事と運動のバランスを保つことはとても大切なことのようですね。

できれば散歩をうまく取り入れて食事と運動のバランスをうまく取りたいところですが、なかには外を歩きたがらない犬もいるようです。フレンチ・ブルドッグは気管の病気には注意が必要な犬種なので、首へ強い衝撃を加えることはできるだけ避けたいところです。歩きたがらない犬の場合は、無理に引っ張って散歩をするようなことはしてはいけません。

外を歩きたがらないような場合は、無理に散歩に行くのではなく家の近くを自由に動き回らせてあげたり、庭やベランダなどを利用してまずは外で遊ぶ楽しさを教えてあげるとよいですね。外に出ることに抵抗がなくなってきたら、少しずつ距離を伸ばすようにしていきましょう。

飼い主に褒められることが大好きなフレンチ・ブルドッグですから、「一緒に歩けて偉いね。」と褒めながら散歩をすると少しずつ歩けるようになっていきます。褒美のおやつも食いしん坊のフレンチ・ブルドッグには効果があるようですよ。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード