2017年5月18日更新

気管に注意が必要なフレンチ・ブルドッグには首輪?それともハーネス?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

鼻をブーブーと鳴らしながら体を揺すって歩くフレンチ・ブルドッグ。なんとなく息苦しいような息遣いが気になる人も多いはず。散歩の時に飼い主を引っ張ってゼーゼーしているフレンチ・ブルドッグをみかけるとつい「大丈夫?」と心配になってしまいます。今回はそんなフレンチ・ブルドッグの散歩には首輪か?ハーネスか?を調べてみました。

 

首輪とハーネスの特徴は?

首輪、ハーネスと聞くとつい散歩の時にリードをつなげるためのグッズとして考えがちですが、散歩のためだけのものではないようです。

フレンチ・ブルドッグにどちらが適しているのかを考える前に、それぞれの特徴や意味を理解しておきましょう。

犬_素材

首輪の特徴

首輪は字のとおりに犬の首に巻くグッズのことですね。最近では素材もデザインも豊富で、ファッションアイテムとしても人気が高くなってきています。

首輪には散歩の時にリードをつなぐ以外にも、犬に対して飼い主への服従を意味する道具であり、見る人に所有者がいることをアピールする道具でもあるようです。そのため首輪は散歩に利用するしないではなく、常につけておくことが望ましいといわれています。

「室内飼育が基本のフレンチ・ブルドッグの場合は必要ないのでは?」と思われる方も多いと思いますが、室内飼育であっても玄関や窓が空いたすきに外へ出てしまう可能性も考えられますし、興味があるものを見つけると猪突猛進してしまうフレンチ・ブルドッグの場合は、散歩の途中でリードから離れてしまう可能性も考えられます。

もしも外へ出てしまって迷い犬になってしまった時に、犬が首輪を巻いているかどうかはとても重要なことになります。まず保健所に保護された場合に飼い犬として処分期間が延期になることが多いようです。次に首輪に迷子札を付けていれば、保護した方が連絡を取ってくれる可能性が高くなりますね。

迷い犬の対策以外でも室内で首輪を巻いておくことには、とっさの危険を回避するという意味もあるようです。気になるものを見つけて追いかけている間に、玄関の段差や階段から落ちてしまいそうになったような場合でも、首輪をつけていればとっさに掴んで安全を確保することができますね。

これらの理由から室内飼育のフレンチ・ブルドッグにも首輪は常に着用していることが望ましいといわれているのです。

ハーネスの特徴

最近になってハーネスも小型犬の散歩の道具として一般的に浸透してきましたね。小型犬用のハーネスはナイロンや布のテープで前足を通すような形に作られたものが多いですが、最近ではより体の負担が少ない胴を包むようにつけるベストタイプのものや、しつけに使えるようなハーネスも販売されているようです。

ハーネスはもともとそり犬をそりにつなぐために開発された道具です。そのためそり犬たちが重い荷物や人を乗せたそりを、長時間引いて走ることができるように、首に負担がかからず重いものでも引っ張ることができるような構造になっています。

今でもハーネスは盲導犬や介助犬など人を導く仕事をする使役犬と人とをつなぐ道具として活躍していますね。散歩のための道具として改良されたのは最近のことのようです。

散歩に使用する場合のメリット・デメリットは?

首輪とハーネスを散歩に利用するにはそれぞれにメリットとデメリットがあるようです。それぞれのメリット・デメリットを知ることは、フレンチ・ブルドッグにどちらが適しているかを考えるヒントになりますね。

首輪とハーネスそれぞれのメリット・デメリットは次のようにいわれています。

首輪のメリット・デメリット

メリット

  • 着脱が簡単に行える
  • いつもつけておくことができる
  • 首に直接ショックを与えることができるので犬とのコミュニケーションが取りやすくしつけに向いている

デメリット

  • 首が細く頭の小さい犬種の場合は抜けやすい
  • 引っ張った時に首や気管に負担が大きい

犬_素材

ハーネスのメリット・デメリット

メリット

  • 引っ張っても首や気管に負担がかからない
  • 胴に回すので抜けにくい

デメリット

  • 犬が引っ張りやすい構造なので引っ張り癖を付けやすく治しにくい
  • 犬が噛んで壊してしまう可能性があるので装着をしたままにしておくことができない
  • 前足を通して胴体に回さなければならないので着脱に時間がかかる
 

フレンチ・ブルドッグに適しているのはどちら?

フレンチ・ブルドッグの散歩に使用する場合には首輪とハーネスのどちらがよいのでしょうか?気管の病気に注意が必要なフレンチ・ブルドッグの場合は、散歩に使用するのはできればハーネスにした方がよいでしょう。

短頭種であるフレンチ・ブルドッグはもともと呼吸をすることが苦手な犬が多く、気管支虚脱など気管の病気に注意が必要な犬種です。気管の病気は強く呼吸をすることによって誘発されることが多く、首や気管への衝撃はできる限り避けてあげる方がよいといわれています。また首輪を避けた方がよい理由は目にも影響が出る可能性があるからです。首輪によって引っ張られることで眼球の内圧があがってしまい、網膜剥離や白内障を誘発してしまう可能性もあるようです。

しかしハーネスにも問題がないわけではありません。前にも書いているとおりハーネスはもともとそり犬がそりを引きやすいように開発された道具です。フレンチ・ブルドッグは気になるものがあると飼い主を引っ張って歩く傾向があります。小型犬の中でも体重があり力も強いフレンチ・ブルドッグですから、転倒事故やリードを離してしまう危険性を避けるためにも引っ張る癖は治しておきたいところです。

フレンチ・ブルドッグの場合は室内や家の前などで首輪を使ってリーダーウォークを練習して、飼い主を引っ張らないようにしつけをおこなってから、本格的に外を散歩させる時はハーネスを利用するなどの工夫をしてあげるとよいでしょう。

首輪もハーネスも慣らしてあげることが大切

フレンチ・ブルドッグと散歩をする時にはハーネスが適していることがわかりましたが、迷い犬の対策などを考えると常に首輪もまいておきたいところですね。しかし首輪もハーネスも犬にとっては違和感のあるもので、付けてすぐは気にして引っ掻いたり、噛んだりしてしまうことが多いようです。

首輪もハーネスもまずは付けることにならしてあげることが大切ですね。

首輪やハーネスに慣らすにはまず室内で首や胴に軽いリボンのようなものを巻いて、何かを巻くことに慣らしてあげるとよいでしょう。リボンが巻かれていても気にしなくなってきてから、首輪やハーネスを巻くようにします。

それでも最初は嫌がることもあるでしょう。その場合は無理をさせずすぐに外してあげましょう。少しずつ慣らしてあげることが大切です。巻かれていても落ち着いているようなら、散歩への第一歩として室内でリードを付けて遊んであげましょう。

室内で首輪やハーネスを巻いたまま遊べるようになったら、次は実際に外へ散歩に出かけます。散歩の時も無理をさせないことが大切です。犬の様子をみながら犬のペースにあわせて少しずつ距離を伸ばしていきましょう。

素材french-bulldog-1482614_1280

イージーウォークハーネスやハーフチョークをうまく使いましょう

「フレンチ・ブルドッグの散歩にはハーネスがよいのはわかるけれど、なかなか引っ張り癖が治らない。」ということもありますね。首輪にするとゼーゼーと苦しい息をするので心配だし、どうしたらよいのか悩んでいる飼い主の方もいらっしゃるようです。

最近になってハーネスでも引っ張り癖をしつけることができるグッズが販売されています。イージーウォークハーネスというグッズで、通常のハーネスと同様に胴体と前足にナイロンや布でできたリボンを回すように装着するのですが、特徴的なのが胸の前にリボンが回るような形になっていることです。この胸の前のリボンにリードを付ける金具が付いていることが、引っ張り癖をなおす決め手になっているようです。

リードが犬の前に付いていると、犬が飼い主の前に行こうとするとリードに引っ張られて方向が変わってしまい横や後ろを向いてしまいます。飼い主を引っ張ると思わぬ方向に方向転換させられてしまう事を繰り返すことで、引っ張り癖の矯正をおこなうことができるのです。

本来はゴールデンレトリバーなどの力の強い大型犬のために開発されたもののようですが、最近では小型犬用のものも販売されています。気管や目に心配があるフレンチ・ブルドッグの場合は、このイージーウォークハーネスをうまく活用するのもよい方法かもしれませんね。

また首輪にもベルトのように巻いてしまうタイプではなく、半分が固定されていて半分が可動式になっているハーフチョークという首輪もあります。普通に巻いている時は通常の首輪よりも余裕があるので首が締まることがなく、散歩などで引っ張った時にだけ首に衝撃を与えることができる物です。

フレンチ・ブルドッグの場合はこれらの便利なグッズをうまく活用して、息苦しくなく快適に散歩ができるように工夫してあげるとよいですね。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード