2017年5月18日更新

ユニークなのは顔立ちだけじゃない!フレンチ・ブルドッグのカラーについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

バットイヤーと呼ばれるピンと立った立耳とたくさんのしわが刻まれた厳つい顔がユニークなフレンチ・ブルドッグ。フレンチ・ブルドッグの魅力はユニークな顔立ちだけではありません。ユニークな顔立ちを彩るカラーもまたユニークで魅力的なのです。今回はそんなフレンチ・ブルドッグの被毛のカラーについて調べてみました。

 

フレンチ・ブルドッグの被毛の特徴は?

フレンチ・ブルドッグは短毛で滑らかなスムースコートと呼ばれる毛質をしています。毛の固さや抜け毛の量などには個体差があるようですが、一般的には柔らかく手触りのよい毛質をしているといわれていますね。

短毛のフレンチ・ブルドッグですが、意外と抜け毛が多いことでも知られています。フレンチ・ブルドッグの抜け毛が多い理由は毛の構造にあります。フレンチ・ブルドッグはダブルコートと呼ばれる毛の構造をしています。

ダブルコートの被毛は上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)の2層構造となっており、寒冷地で育種改良された犬が多く、下毛が抜け替わることによって季節にあった体温調整をしています。

そのためフレンチ・ブルドッグは「短毛なのにどうして?」と思うほどの抜け毛があるようです。また短毛の犬種は毛の生え変わりが早いため換毛期以外でも抜け毛がある点も、フレンチ・ブルドッグは抜け毛が多いといわれている理由のようですね。

素材gerda-1248421_640

フレンチ・ブルドッグのスタンダードカラーは?

フレンチ・ブルドッグの日本でのスタンダードカラーについて、一般社団法人・ジャパンケネルクラブ(JKC)ではどのように定められているのでしょうか?

フレンチ・ブルドッグのスタンダードカラーとして認められているのは、フォーン、ブリンドル、パイドの3つのカラーになります。そのうちフォーンとブリンドルは地のカラーに少し白斑が入るものまでは公認されており、またパイドは必ずフォーンまたはブリンドルが入る構成になっていることが決められています。

「あれ?クリームは?」と思った方も多いと思いますが、クリームやホワイトはパイドの中に含まれるようです。ただし顔にカラーが入っていないクリームやホワイトの場合は、鼻や眼、眼瞼が色素の濃いダークな色合いであり、体つきなど犬質が高いと判断された場合のみ例外的にスタンダードとして認めるとされています。

 

人気カラーのご紹介

フレンチ・ブルドッグの人気のカラーをご紹介します。

ブリンドル

フレンチ・ブルドッグの代表的なカラーです。黒地に茶色などの明るい差し色が入るカラーで、差し色が多く虎模様に見えるカラーをタイガー・ブリンドル、逆に差し色があまり目立たないカラーをブラック・ブリンドルと呼びます。

フレンチ・ブルドッグは大きく分けてアメリカタイプとヨーロッパタイプに分けることができます。ブリンドルはヨーロッパタイプに多いカラーで、がっちりとしたボディでややクールな印象の犬が多いといわれています。

胸に入る白い差し色をエプロン、足に入るのをソックスと呼んでいて、どちらもブリンドルカラーのフレンチ・ブルドッグのチャーミングポイントになっています。

フォーン

フォーンには小鹿のような色という意味があり、小鹿のように全身が茶系のカラーになっているものをあらわします。フレンチ・ブルドッグの場合は濃淡があるようで、赤茶色のレッドから濃いコーヒー色、ライト・ブラウン、カフェ・オ・レまでさまざまなカラーバリエーションがあるようです。

フレンチ・ブルドッグのフォーンカラーの特徴は、ブラックマスクと呼ばれる鼻から口、目元にかけて黒いマスクをかぶったようなカラーが入るところです。ブラックマスクが入ることでフレンチ・ブルドッグらしい重厚な印象のカラーになります。

パイド

ホワイトやクリームにブリンドルもしくはフォーンの斑点が入るカラーです。多くは白黒の斑のように見えるブリンドルの斑点を持つ犬が多いのですが、なかにはハニー・パイドと呼ばれるとても薄いフォーンの斑点が入った犬もいます。

パイドの斑点の出方は1つとして同じものがないといわれており、とても個性豊かなカラーになります。なかでも目の周りに班ができるものをパンチといい、フレンチ・ブルドッグのユーモラスさを表現するカラーとして好まれるようです。

クリームやホワイト単色の犬も正式にはこのパイドに分類されます。

クリーム

全体が名前のとおり生クリームを思わせる乳白色で統一されているカラーです。フォーンほどではありませんがカラーに濃淡があり、黄色味が強いカラーから白っぽいカラーまであるようです。

ブリンドルがヨーロッパタイプに多いカラーであったのに対して、アメリカタイプの犬に多いカラーだといわれています。見た目に柔らかい印象のカラーであることと、アメリカタイプの人なつっこさから人気の高いカラーですね。

犬_素材

繁殖に適さないカラーの組み合わせがあるって本当?

フレンチ・ブルドッグには繁殖に適さないカラーの組み合わせがあります。繁殖に適さないといわれているカラーの組み合わせは次のようになります。

  • クリーム×クリーム
  • クリーム×パイド
  • クリーム×ハニー・パイド
  • クリーム×ホワイト
  • パイド×パイド
  • パイド×ハニー・パイド
  • パイド×ホワイト
  • ハニー・パイド×ハニー・パイド
  • ハニー・パイド×ホワイト
  • ホワイト×ホワイト

ではなぜこれらの掛け合わせが繁殖に適さないといわれているのでしょうか?

色素の薄いカラー同士の繁殖を何代も続けておこなうと、アルビノ(先天性の色素欠乏症)とまではいかないものの色素の薄い子供が生まれてくる確率が高くなります。色素とはメラニンのことで、メラニンは太陽の紫外線を吸収し細胞を守る役目をしている、生き物にとって大切な役割を持つものです。

メラニンの少ない犬の場合は紫外線から肌を守ることができないため皮膚炎や皮膚がんになりやすく、また弱視や内臓に疾患を持っている虚弱体質な犬が多いといわれています。そのためクリームやホワイトなど顔にカラーの入らない単色の犬の場合は、スタンダードカラーとしての規定に鼻や眼、眼瞼が色素の濃いダークな色合いであること、骨格など犬質が高いと判断された場合に限るという表記があるのですね。

フレンチ・ブルドッグの場合はクリーム×クリームやクリーム×パイドなど色素の薄い犬同士の掛け合わせがおこなわれた場合は、次の代の掛け合わせでは必ずブリンドルとの掛け合わせをおこなって、色素の調整をすることが望ましいといわれています。

クリーム×クリームなどの掛け合わせで生まれてくる子供が必ずしも色素が薄く虚弱なわけではありませんが、クリームやホワイト、パイドなど白地が多いフレンチ・ブルドッグを迎える時は、両親だけでなく祖父母のカラーの組み合わせをしっかりと確認してから迎えてあげるとよいですね。

犬_素材

まとめ

フレンチ・ブルドッグのカラーについて色々と調べてきましたがいかがでしたか?

フレンチ・ブルドッグのカラーにはスタンダードとしては認められていませんが、黒1色のブラックやブラック&タン、ブラウンなどのカラーの犬もいるようです。ユニークな柄ユニークな色の犬につい目が行ってしまいがちですが、子犬にとって1番大切なのは見た目ではなく健康的な強い体で生まれてくることですね。

ブルー・ブリンドル、ブルー・パイドなどブルー系(グレー)のカラーを持つ犬や、ティッキング・パイドと呼ばれる小さな斑点が全身に散っているカラーなど、珍しいカラーだけれど遺伝的には望ましくないといわれているカラーもあるようです。

もちろん望ましくないカラーつまりミスカラーの犬すべてが虚弱な体質をしているわけではありません。ペットとして家庭で飼育していくのは問題のない犬の方が多いでしょう。迎え入れた子犬がミスカラーであった場合は繫殖は控えた方がよいですが、家族として体調面に注意しながら最期まで愛情を注いであげて欲しいと思います。

 
 

関連カテゴリ