2017年5月18日更新

ちょっと難しい?フレンチ・ブルドッグと一緒にドッグランへ行くには?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

好奇心旺盛で元気いっぱいなフレンチ・ブルドッグ。自由に走り回れるドッグランでたっぷり遊ばせてあげたいものですね。しかしフレンチ・ブルドッグと一緒にドッグランに行くには少し難しい問題もあるようです。今回はそんなフレンチ・ブルドッグとドッグランに行くにはどうしたらよいのかを調べてみました。

 

ドッグランとは?

ドッグランは1980年代にニューヨークで誕生した飼い主と飼い犬専用の広場のことです。広場の中ではリードから犬を離し自由に遊ばせることができるようになっています。日本ではドッグランと呼ばれていますが、欧米ではドッグパークが一般的なようですね。

ドッグランというと柵で囲われた芝生の広場を思い浮かべる方が多いと思います。ドッグランは犬が自由に遊べる場所なので、施設の外へ犬が行ってしまわないように柵で囲まれていたり、出入り口が二重扉になっていたりと工夫されているのです。

ドッグランは犬用の水飲み場や強い日差しを遮る木立、飼い主や犬が一休みできるようなベンチなど、利用者が快適に利用できるように考えられて作られているところが多いようです。なかにはドッグスポーツを体験できるようにアジリティー設備が整えられているところもあり、申し込めばプロのトレーナーの指導を受けられるようなところもあるようです。

最近では高速道路のサービスエリアや道の駅、ショッピングモールなどにも併設されていて、気軽に利用できるドッグランが増えてきました。好奇心旺盛で活発なフレンチ・ブルドッグにとって、気軽に利用できて自由に走り回れるドッグランは魅力的な施設ですね。

ドッグランは多くの犬や飼い主が利用する公共の場所ですから、お互いに気持ち良く利用するためには守らなければならないことがいくつかあるようです。

imasia_11102818_S

利用する前に覚えておきたいこと

公共の施設であるドッグランにはタイプの違うさまざまな犬種の犬と、考え方の異なる飼い主が集まります。トラブルになることなくお互いに気持ち良く利用するためには、利用する前に愛犬に身につけさせておきたいしつけがあります。

ドッグランに行く前に身に付けておきたいことは次のようにいわれています。

呼び戻し

ドッグランに行く前に100%の状態にしておきたいのが呼び戻しです。

ドッグランの中では犬たちはリードにつながれることなく自由に動き回ることができます。室内とは違う広い環境で自由に動き回れることは、犬にとってとても楽しいことですね。楽しさのあまり興奮しすぎて嫌がる相手を追い回してしまったり、逆に反撃されて喧嘩になってしまうこともあるようです。

興奮してきて周りに迷惑をかけてしまいそうな時や、喧嘩になりそうな時など名前や「おいで」で呼び戻せるようにするためには、落ち着いている状態では100%呼び戻せるようにしておく必要があるのです。

ドッグランに行く前に室内や散歩で名前や「おいで」に、しっかりと反応できるようにしておきましょう。

クールダウン

好奇心旺盛でやや興奮しやすい傾向のあるフレンチ・ブルドッグには、呼び戻しにあわせて覚えておきたいのがクールダウンです。呼び戻してもすぐに離してしまうと、結局は呼び戻す前の続きになってしまうことが多くあります。

呼び戻した後でしっかりと飼い主がコントロールを取り戻し、相手の犬から興味を反らせるようにクールダウンをさせてあげるよいですね。

クールダウンには「お座り」「ふせ」「待て」のコマンドが有効だといわれています。まず呼び戻して他の犬と離れさせ「お座り」もしくは「ふせ」をさせます。その後「待て」をかけて他の犬の動きなどを目で追わないようになるまで待たせましょう。

室内でクールダウンを教える時は、大好きなおもちゃなどでわざと興奮させてからおもちゃを取り上げて「お座り」「ふせ」「待て」をかけて、落ち着くまで待たせるような訓練をしてあげるとよいですね。

他の犬や人とのコミュニケーション

ドッグランでリードから離れている犬たちとうまく挨拶をかわすためには、散歩などリードを付けた状態で飼い主がコントロールを取りながら、挨拶の仕方を教えてあげる必要があります。フレンチ・ブルドッグは興味のある犬に対して、しつこくしてしまう傾向が強いようです。初対面の犬に対してしつこく臭いをかぐのは、犬同士のあいさつではしてはいけない行為の1つです。飼い主がコントロールしながらほどよい距離感を教えてあげる必要があるようですね。

またとても人懐っこい面を持っているフレンチ・ブルドッグは、大好きな人に対して猪突猛進で体当たりしてしまうようなところがあるようです。平均体重10kg~13kgあるフレンチ・ブルドッグが勢いよくぶつかってきたら大人でもよろけてしまいますね。

ドッグランには時に小さなお子さんもいらっしゃいます。トラブルにならないためにも人と接する時に飛びつかないように訓練しておくと安心ですね。

犬_素材

 

利用する時のマナーは?

公共の場所であるドッグランを利用する時には、飼い主が守らなければならないマナーがいくつかあります。

利用する時に守るべきこととしてあげられるのは次のようなものがあります。

ワクチンの接種は済ませておく

ドッグランには多くの犬が集まります。多くの犬が集まる場所で感染症など伝染性の強い病気を持ち込んでしまったら、あっという間に蔓延してしまう可能性がありますね。感染症の中には直接接触しなくても、おしっこやウンチから伝染するようなものもあります。

人でも公共の場所へは病気を持ち込まない、またうつされないように予防をしておくことはマナーですね。犬でも同じことです。ドッグランを利用する前にはワクチンの接種は必ず済ませておく必要があります。

なかにはワクチンの接種が済んでいることを証明できないと、入場させてもらえないドッグランもあります。初めて利用するドッグランへいく時は、鑑札や注射済み証の提示が必要になる場合もありますので、必ず持参しておくとよいでしょう。

発情中の利用はNG

発情中のメスの利用は周りの犬のためにも、愛犬のためにも控えるようにしましょう。

発情中のメスは交尾相手を探すために、オスを引き付ける臭いを放っています。発情中のメスの臭いは、どんなに訓練を積んでいてもなかなか抵抗できるものではないようです。我慢のできない臭いに興奮して、オス同士が喧嘩になってしまうことも考えられますね。

なによりも愛犬が興奮した犬に追いかけ回されてたり、急に襲われてケガをしてしまう可能性も高くなります。思いもよらない妊娠をしてしまう可能性だったあります。

発情中は体調も崩しやすくなります。できる限り室内でゆっくりと過ごさせてあげるとよいでしょう。

排泄は済ませてから、粗相はすぐに片付けましょう

ドッグランの中には施設内に犬のトイレが設けられていることころもあるようですが、ドッグランを衛生的な状態に保つためにはできる限り施設内で、おしっこやウンチをさせないことが大切ですね。

近くのドッグランを利用する場合は、自宅で排泄を済ませてから利用するようにしましょう。旅行先など自宅から離れたドッグランを利用する場合は、近くを散歩させてから利用するなど工夫をするとよいでしょう。

それでもドッグラン内で粗相をしてしまうこともありますね。ドッグラン内で粗相をした場合は飼い主の責任で速やかに片づけるようにしましょう。ドッグランの中には粗相の時の片づけ方に決まりがあるところもあります。粗相の時の決まりがある場合はその決まりに従って正しく片づけましょう。

愛犬からは絶対に目を離さない

ドッグランで犬を自由に遊ばせることの大前提は、飼い主が愛犬の行動をすべて把握して、その行動に対する責任をすべて負うことです。つまりドッグランの中で愛犬に起きるすべてのことは飼い主の責任となります。

時々スマートフォンばかりを見ていたり、他の犬との触れ合いに夢中になっていて愛犬を見ていない飼い主の方を見かけます。自分のことを優先させるのはドッグラン内ではマナー違反です。ドッグランに入ったら愛犬のことが優先です。飼い主同士で話をしていても、他の犬と触れ合っていても、目は愛犬の行動を追っていなくてはいけません。

ドッグランの規約に従って正しく利用しましょう

粗相のところでも書きましたが、ドッグランには利用する時の規約が決められているところがあります。利用時間や利用料金などの基本的なものから、粗相をした時の片づけ方、ワクチン接種済みであることの証明書の提示、鑑札の着用、首輪やハーネスの着用など細かい決まりがある場合もあります。

どの決まりも利用者がお互いに気持ち良く利用するために考えられたものですね。

ドッグランを利用する時はその施設が決めている規約に従って、正しく利用しましょう。初めてのドッグランの場合は事前にホームページや電話で問い合わせるなどして、予め利用規約を理解しておくとよいですね。

犬_素材

フレンチ・ブルドッグとドッグランを利用する難しさ

フレンチ・ブルドッグとドッグランを利用するために必要なことについて調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

残念ながらフレンチ・ブルドッグはドッグランでは、苦手な犬種として名前があがってしまうことが多いようです。苦手とされてしまう理由にはさまざまなものがありますが、大きな要因として闘犬としてのイメージがあり怖いと思う方が多いこと、やや興奮しやすくマイペースで、周りの犬の雰囲気を読むことが苦手な犬が多いことがあげられるようです。

フレンチ・ブルドッグとドッグランを利用する時はそのような点を理解して、利用する前にどんなに興奮していても飼い主がしっかりとコントロールできるようにしておき、他の利用者に安心感を与えてあげることが必要になるようです。

またフレンチ・ブルドッグは小型犬の中では体も大きく力も強いので、一緒に遊ばせるのは少し怖いところがありますし、大型犬の中では逆に小さく時に危険なこともあるようです。中型犬用のドッグランがあればよいのですが、中型犬用のドッグランは見つけるのが難しいのが現状ですね。

サイズ的に小型犬にも大型犬にも当てはまらないフレンチ・ブルドッグの場合は、小型犬用と大型・中型犬用にわかれているドッグランの場合、やや利用しにくいという問題点もあるようです。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード