2017年5月18日更新

人間臭い表情豊かなところが魅力的!パグの飼いやすさについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

人と同じ様な構造をしているといわれるパグの顔。とても表情豊かで長く一緒に暮らしていると目を見るだけで何を考えているかわかるほどだとか。そんなちょっぴり人間臭いところもパグの魅力の1つですね。では実際に一緒に生活するとどんな感じなのでしょう?今回はそんなパグの飼いやすさについて調べてみました。

 

パグの性格は?

パグのペットとしての歴史は古く、2400年前にはすでにチベットの仏教僧たちにペットとして可愛がられていたと考えられています。顔のしわが皇の字に似ているとされ、皇の印を呼ばれ尊ばれていたこともあるようですね。

長くペットとして人々に愛されてきたパグは、穏やかで落ち着きのある家庭犬として飼いやすい性格をしているといわれています。とても愛情深く攻撃的なところがないので、小さなお子さんからご高齢の方まで、年齢を選ぶことなく一緒に生活することができるようです。

落ちつきがある反面遊ぶこと飼い主に喜んでもらうことが大好きで、陽気でエネルギッシュな面もあり、人の気を引くためにはしゃいでみたりとてもサービス精神が旺盛で人懐っこい性格をしています。他の動物に対しても社交的で協調性にも優れているので、先住のペットのいる環境や多頭飼いにも向いているといわれています。

犬_素材

パグのしつけはしやすい?

パグは飼い主に対してとても素直な性格をしているので、しつけも比較的簡単におこなうことができるようです。しかしプライドが高くやや頑固な面も持っているので、根気が必要になる場面もあるようですね。

飼い主を喜ばせることが大好きなパグは、できないことを叱るよりもできたことを褒めてあげるとしつけが入っていきやすいようです。食いしん坊のパグの場合はご褒美のオヤツが効果絶大のようですね。

逆に大声を出したり強く叱りつけるようなことは、パグのしつけでは効果がないようです。知能的にはあまり高い方ではないといわれるパグは、初めてのコマンドに接すると戸惑ったような態度をとることがあるようです。そのような時に大きな声で叱ってしまうとプライドの高さから拗ねたような態度をとるようになり、その後のしつけが入りにくくなってしまうことがあるようです。

できないこと初めてのことは、犬のペースにあわせて根気強くゆっくりと教えてあげるのがよいようですね。

 

パグの臭いと抜け毛は?

パグの飼いやすさで1番問題になるのが抜け毛と臭いの問題です。

パグはとても柔らかく手触りも滑らかな、細く柔らかい短毛が密集したように生えた毛質をしています。パグの抜け毛が多い理由は毛質よりも毛の構造にあります。パグの毛の構造は上毛と下毛の2重構造をしている、ダブルコートと呼ばれる構造をしています。

ダブルコートの犬種は寒冷地で育種改良された犬種が多いといわれており、下毛が抜け替わることで季節にあわせた体温調整をおこなっています。そのため春から夏にかけてと秋から冬にかけて換毛期があり、下毛が季節に合わて抜け替わるため多くの毛が抜け落ちます。

パグも他のダブルコートの犬種と同様に、換毛期には「どこからそんなに抜けたの?」と思うほどの抜け毛があるようです。また短毛の犬種は長毛の犬種よりも上毛の抜け変わりが早いため、短毛のパグは換毛期だけでなく1年を通して抜け毛がある犬種のようです。

パグは抜け毛だけでなく臭いも強い犬種だといわれています。パグ臭ともいわれていて、他の犬種とは違うちょっと独特な臭いのようですね。原因としていわれているのがやや脂性で体臭が強いこと、顔のしわに汚れが溜まりやすく臭いを発しやすいこと、垂れ耳なので耳から臭いがしやすいことがあるようです。

抜け毛や臭いが気になるパグは、しわの間や耳の掃除、被毛のブラッシングなどの日頃のケアを、コミュニケーションの1つとして楽しむことができる人が、飼うのに適しているかもしれませんね。

素材_shutterstock_201529364

パグのかかりやすい病気は?

犬の飼いやすさの1つの目安は病気がちであるかどうかという点ですね。ペットの医療費は保険がきかないため、手術や入院などは人の医療費よりも高額になってきます。体の小さなパグは大型の犬種ほどはかかりませんが、それでも回数を重ねることになるとかなりの出費が考えられますね。

パグはいくつか気を付けなければならない病気があるようです。パグがかかりやすいといわれている病気は次のようなものがあります。

壊死性髄膜脳炎

他の犬種よりもパグに発症することが多いことから、通称パグ脳炎とも呼ばれていている病気で、脳の炎症が徐々に進み脳が委縮していく病気です。特定の小型犬で発症することから遺伝的な要因が関与しているのではないかといわれていますが、残念ながら現在でも明確な原因は不明となっています。

最初のうちは視力の障害や発作などですが、症状が進むにつれて旋回運動や斜頸などが起こり、やがて痙攣発作が止まらなくなるなどを経て死に至る病気です。

原因と同様にいまだに治療法が確立されておらず、投薬によって症状をおさえることができれば数年の延命が期待できますが、薬への反応が鈍い場合は一気に症状が進み数日あるいは数週間で死に至ってしまう可能性がある病気です。

膝蓋骨脱臼

パグのような小型犬に発症することが多い病気です。

後ろ足の膝蓋骨(膝のおさら)が脱臼(ずれたり外れたり)してしまう病気です。骨や筋肉の形成異常で起こるような場合は先天性、高いところから落ちるなどがきっかけで発症する場合は後天性といいます。

症状としてはスキップのような歩き方をする、脱臼した足をかばい3本の足で歩く、つま先立ちのような歩き方をする、膝が腫れている、歩きたがらない、立ち上がりにくそうにするなどがあります。

治療法としては膝蓋骨を正常な位置に戻す手術を受けるのですが、あまり病気が進行してしまうと骨が変形してしまい、手術に適さない状態になってしまうことがあります。そのため早期発見、早期手術が必要になる病気です。

皮膚疾患

パグは肌や弱く皮膚疾患には注意が必要な犬種です。しわの間は臭いの原因になるだけでなく皮膚疾患にもかかりやすい部分で、肌同士が擦れやすく蒸れやすいなどの理由から、1度かかると治りにくく再発しやすい特徴があります。

またアレルギーを持っている犬種が多いようで、アレルギー性の皮膚炎を発症することも多いようですね。

パグがかかりやすいといわれている皮膚炎には次のようなものがあります。

  • アレルギー性皮膚炎・アトピー性皮膚炎
  • 脂漏性皮膚炎・マラセチア皮膚炎
  • 膿皮症

短頭種気道症候群

パグのような鼻の短い犬種を短頭種と呼びますが、短頭種は呼吸をすることが苦手な犬が多く、他の犬種よりも呼吸器系の病気に注意が必要になります。短頭種気道症候群というのはパグのような短頭種がかかりやすい呼吸器系の病気を総称したもので、主に次のような病気のことをあらわします。

  • 鼻腔狭窄
  • 軟口蓋過長症
  • 咽頭小嚢反転症

パグの飼育費用は?

小柄な体つきのパグは小さな部屋でも多くの犬を飼うことができるといわれるほど、広い生活スペースを必要としない犬種です。そのため生活を始めるにあたって用意しなければならない、ケージやトイレ、キャリーバックなどはすべて小型のもので大丈夫なので、初期の費用はそれほど多くはかからないようです。

またエサ代もパグがいくら食いしん坊だからといっても体の小さい小型犬ですので、大型や中型の犬種のようにはかかりません。与えるエサの内容にもよりますが、市販のドッグフードを与えると考えると1ヶ月おおよそ2千円~3千円程度で済むようです。短毛なのでトリミングの費用も必要ありません。

パグの飼育費用で気になる点といえば医療費への備えですね。壊死性髄膜脳炎も心配なところですが、鼻腔狭窄などの呼吸器系の病気や膝蓋骨脱臼のような骨や関節の病気は、症状によっては手術の必要があり治療に高額な医療費が必要なことが考えられます。

パグは費用面で考えると、ペット保険への加入なども考慮しながら医療費への備えをしておけば、その他の面では比較的飼育費用のかからない犬種のようです。

素材_shutterstock_146853755

まとめ

パグの飼いやすさについて実際に生活をすることを考えて、色々と調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

ユニークな見た目と天真爛漫で明るい性格をしているパグは、一緒に生活していて飽きることのない犬種だといわれていますね。飼っている方にとっては、抜け毛や臭いなどの問題以上の癒しを与えてくれる、そんな存在のようです。

注意しなければいけない点は、パグの可愛さに負けて甘やかしてしまうことですね。犬の要求ばかりを通していると、パグのプライドが高く頑固な面が表に出てしまい、わがままで手におえない犬へと成長してしまうこともあるようです。

パグの陽気で朗らかなよい面を引き出してあげるためにも、小さいころのしつけは手を抜くことなくしっかりと教えてあげましょう。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード