2016年12月10日更新

【獣医師が解説】子猫のトイレトレーニングで気を付ける8つのポイント

子猫のトイレの準備の仕方、切り替え方は以前の記事でご説明しましたが、ここでは、トイレトレーニングで気を付けるポイントをいくつかご紹介しようと思います。ポイントを間違えてしまうと、うまくいかなかったり、病気になってしまうこともあります。以下のポイントを守って、トイレトレーニングをしてあげてくださいね!

トイレのトレーニング方法はこちらへ!
【獣医師が解説】これでばっちり!子猫のトイレトレーニングの方法とは

トイレトレーニングのポイント8つ

猫_素材

1.頻尿や下痢がある場合はまずは病気の有無の確認を

膀胱炎や大腸炎などがあると、しつけの問題ではなく、我慢できずに失敗してしまいます。頻尿や下痢がある場合は、病気によってトイレがうまくいっていない可能性があるので、病院で原因となる病気がないか診てもらってくださいね。

2.トイレは常に近くに置く

子猫は大人の猫に比べて行動範囲が狭く、膀胱が小さいです。そのため、トイレをしたい時にトイレがないと、我慢できずにしてしまうことがあります。
子猫を外に出しているときは、常にトイレが近くにあるようにしてもらうか、タイミングを見てトイレが入っているケージの中に戻してあげてくださいね。

3.子猫でも自分で入れるトイレを

子猫は脚が短く、サイドの壁が高いトイレには入れません。成猫用のトイレでは入れないこともあるので、子猫用のトイレを作ってあげましょう。

4.砂に注意

脚が短い子猫の場合、尿をした後に砂が陰部についてしまうことがあります。女の子ではそれほど問題になりませんが、男の子では固まる砂がペニスについて、気にして舐めて真っ赤に腫れてしまうこともあります。
基本的に子猫のトイレの下には、ペットシーツを敷くことをオススメします。子猫にトイレと認識してもらうためには砂を少し入れておいた方がいいですが、たくさん入れる必要はありません。ペットシーツの上にパラパラと巻く程度にしておく方がいいでしょう。

万が一、砂が陰部についているのに気付いた場合は、ぬるま湯で洗い流してあげましょう。無理に取ると炎症を起こすことがあるので、必ずふやかして取ってあげてくださいね。

また、砂を食べてしまう子も中にはいます。それですごい危険ということはありませんが、消化不良を起こす可能性はあるので、砂を食べてしまう子は、できるだけ砂を少なくするか、ペットシーツだけにしてトイレをしてくれるか様子を見た方がいいかもしれませんね。

5.においを少しつけておく


まだトイレを認識していない子の場合、少しだけ尿のにおいをトイレにつけておいてあげるといいでしょう。トイレをしっかりできる子には必要ありません。また、猫は意外にきれい好きで、汚いトイレでは尿や便をしない子もいます。においはつけておいてもいいですが、トイレは毎回しっかりきれいにしてあげてくださいね!

6.失敗しても怒らない

猫は、基本的に人が無理やりしつけるということが困難な生き物です。猫のしつけの基本は、猫の本能をうまく使って、やってほしいことをしてもらうことです。そのため、トイレトレーニングの場合も、失敗した時に怒ることは全く意味がありません。

猫はトイレで尿や便をするという本能があるので、猫が気に入る条件のトイレを作ってもらえば、トイレを成功させることができます。失敗を怒るのではなく、トイレの工夫をしてあげるようにしましょう!

7.多頭飼いの場合は、猫の数+1のトイレを

大人になるにつれ、猫には自我が芽生えてきます。多頭飼いの場合、猫の数よりトイレが少ないと我慢してしまったり、他の場所でしてしまうことがあります。まだ、トイレを覚えたてくらいの時は、こまめにきれいにしてあげればいいですが、大人の子が一緒にいる場合や4,5カ月齢を過ぎた場合には、多頭飼いの家では「猫の数+1」のトイレの数を準備してあげてくださいね。

8.失敗した場所はしっかり消臭を

何かのきっかけで失敗してしまった場合は、怒らずその場所のにおいを消しましょう。洗えるものは洗い、洗濯が難しい場合は消臭スプレーでにおいを消しましょう。

また、猫のフェロモンスプレーである「フェリウェイ」スプレーを失敗しやすい場所にかけておくのもいいでしょう。このスプレーは、猫にリラックス効果を持つフェロモン剤ですが、かけた部位には猫が尿をしないという性質もあるんです。また、失敗する場所によっては、そこを水飲み場にするのもいいです。猫はきれい好きであり、水を飲む場所ではトイレをしないという性質もあるんですよ。

トイレトレーニングは怒らず焦らず

素材_猫
猫のしつけで、怒ってプラスになることは絶対にありません。できるだけ猫の希望に合うトイレの条件を整えてあげ、焦らずトイレのしつけをしてあげましょう。トイレに失敗してしまう場合は、トイレ自体の問題、もしくは失敗してしまう場所にトイレと勘違いしてしまう理由があるはずなので、上にあげたポイントを意識して、工夫してあげてくださいね。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

驚愕!野良猫が庭をトイレにするのを止めさせる究極のおまじないとは

皆様、この情報をお伝えするのにはとても悩みました。何と言っても、このおまじないを教えてくれているのは、魔女術を操る白い魔女(善の魔女)だというデイジー・ペパーさん。 彼女の著書、「猫の……

猫のトイレのしつけ

猫にもしつけはできる!!上手に猫にしつけするコツとポイント

自由奔放なイメージの猫。人間の生活圏にあってもマイペースに生きているところは、人間との主従関係がはっきりしている犬とは違いますね。 猫の飼い主さんの中には、猫との間に主従関係があるとす……

猫のしつけの知識

頭を悩ませていませんか?猫が尿スプレーをする理由と解決法!

トイレ以外で排泄をする。よく引っかいたり、噛みついたりしてくる。という猫の問題行動に頭を悩ませていませんか。「猫って気まぐれな生き物だから」と諦めてはいけません。困った行動にも理由があるもの……

猫のトイレグッズ

【初めて猫を飼う方必見!】おすすめの猫砂10選

【初めて猫を飼う方必見!】猫のタイプ別に猫のトイレ用の砂をいろいろと選んでみました。猫の好み・体質・事情などによって使う猫砂も変わってくると思います。ご自身の愛猫に合うタイプを見つけてみてく……

猫のトイレのしつけ

猫の多頭飼いをしたい方に!多頭飼いのためのトイレ環境の注意点とは?

たくさんの猫に囲まれて生活することは、とても幸せだと感じる方も多いことでしょう。最近では、猫の多頭飼いをする方も多くなってきました。 しかし、猫は本来縄張りを意識し、環境の変化や小さな……

猫のトイレグッズ