2017年5月18日更新

楽しく散歩をさせたい!パグの散歩に適しているのは首輪?それともハーネス?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

小柄ながら短頭種らしいがっしりとした太い首をしているパグ。なかなかぴったりとした首輪を見つけるのが難しいようです。そんなパグと散歩に出かける時に気になるのが、リードを付けるのは首輪がいいのか?ハーネスがいいのか?という問題ですね。今回はそんなパグの散歩には首輪か?ハーネスか?を調べてみました。

 

首輪とハーネスの特徴は?

肩から首にかけてずんぐりとした体形をしているパグは、トイ・プードルやマルチーズのような鼻の長い犬種よりも首が太く、可愛い首輪を選んであげたくてもサイズとデザインがぴったりとくるものを見つけることが難しいようですね。

そんなパグと散歩デビューをする時に問題になるのが、リードを付けるのは首輪がいいのか?ハーネスがいいのか?ということではないでしょうか。どちらが適しているのかを考える前に、まず首輪とハーネスがどのようなものなのかをご紹介しましょう。

犬_パグ_素材

首輪の特徴

首輪は読んで字のごとく犬の首に巻きつけるベルトのようなグッズのことです。以前は皮でできているものが主流でしたが、最近ではナイロンのリボンや布製のものなど素材もデザインもさまざまなものが販売されていて、犬にとってのファッションアイテムとしても大切なものになっていますね。

首輪にはファッションアイテムや散歩の時のリードを付ける目的以外にも、犬に所有者がいることを見る人にアピールする目的もあるようです。最近ではマイクロチップの埋め込みが推奨されていますが、首輪をつけていればマイクロチップを確認するまでもなく、1目でその犬には飼い主がいることがわかりますね。そのためパグのような室内で生活する犬でも、首輪は常に付けておく方がよいといわれています。

「室内で飼っているのに迷い犬になるの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。犬は大きな音など瞬間的な刺激に対して思わぬ行動をとることがあります。室内で飼っている犬でも、宅配の荷物を受け取っている間に外を通ったものを追いかけて出ていってしまったり、窓を開けた瞬間に大きな音がして驚いで出ていってしまうこともないわけではありません。

もしも外へ出てしまって迷い犬になってしまった時に、犬が首輪を巻いているかどうかはとても重要なことになります。まず保健所に保護された場合に飼い犬として処分期間が延長になることが多いようです。次に首輪に迷子札を付けていれば、保護した方が連絡を取ってくれる可能性が高くなりますね。

迷い犬の対策以外でも室内で首輪を巻いておくことには、とっさの危険を回避するという意味もあるようです。遊びに夢中になって階段やソファーの上から落ちそうになった時に、首輪をつけていればとっさに引っ張ることができますね。

これらの理由から室内飼育のパグにも首輪は常に着用していることが望ましいといわれているのです。

ハーネスの特徴

ハーネスはもともとはそり犬をそりにつなぐための道具として開発されたものです。そり犬は重い荷物や人を乗せたそりを、悪天候や悪路のなか長時間引き続ける過酷な仕事をこなさなければなりません。できるだけ犬への負担を少なくして、荷物や人を引きやすくしてあげたいとの思いから生まれたのがハーネスだといわれています。

胴に巻くハーネスは首に巻く首輪に比べて、物を引く時に体への負担が少なく長時間引き続けることができるといわれています。そのことから介助犬や盲導犬など、長時間人を導くような仕事をしている使役犬にも利用されていますね。

散歩で使われるようになりハーネスにもさまざまなタイプが販売されるようになりました。最近では洋服と一体になったベストタイプのものなど、首輪同様にファション性も上がり選ぶのも楽しくなってきています。

犬_素材dog-123722_640

散歩に使用する場合のメリット・デメリットは?

では首輪やハーネスを散歩に利用すると、それぞれどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?そしてそれらのメリットとデメリットはパグにどのような影響を与えるのでしょうか?

まずは首輪とハーネスそれぞれのメリットとデメリットをご紹介しましょう。

首輪のメリット・デメリット

メリット

  • 着脱が簡単に行える
  • いつもつけておくことができる
  • 首に直接ショックを与えることができるので犬とのコミュニケーションが取りやすくしつけに向いている

デメリット

  • 首が細く頭の小さい犬種の場合は抜けやすい
  • 引っ張った時に首や気管に負担が大きい

ハーネスのメリット・デメリット

メリット

  • 引っ張っても首や気管に負担がかからない
  • 胴に回すので抜けにくい

デメリット

  • 犬が引っ張りやすい構造なので引っ張り癖を付けやすく治しにくい
  • 犬が噛んで壊してしまう可能性があるので装着をしたままにしておくことができない
  • 前足を通して胴体に回さなければならないので着脱に時間がかかる
 

パグに適しているのはどちら?

パグの散歩に使用する場合には首輪とハーネスのどちらがよいのでしょうか?気になるのは首輪のデメリットですね。

短頭種であるパグはもともと呼吸をすることが苦手な犬が多く、気管支虚脱など気管の病気に注意が必要な犬種です。気管の病気は強く呼吸をすることによって誘発されることが多く、首や気管への衝撃はできる限り避けてあげる方がよいといわれています。また首輪を避けた方がよい理由は目にも影響があるためです。首輪によって引っ張られることで眼球の内圧があがってしまい、網膜剥離や白内障を誘発してしまう可能性もあるようです。

パグは首が細く頭の小さい犬種ではありませんが、ずんぐりと太い首をしているため首輪を引っ張った時に頭で止まることなく、すっぽりと抜けてしまうことが多いという難点もあるようです。そのような点を踏まえて考えると、パグの場合は散歩に使用するのは首輪よりもハーネスの方が適しているようです。

しかしハーネスにも問題がないわけではありませんね。ハーネスのデメリットとしては引っ張り癖をしつけることが難しい点です。犬は子犬に物を教える時に首を噛んで教えます。その性質をうまく利用して首に直接衝撃を与えることができる首輪は、しつけの面ではハーネスよりも適しているわけです。

どちらのメリットもうまく活用して、室内や庭、家の近くなどでまずは首輪を利用してリーダーウォークの訓練をおこない、引っ張らずに歩けるようになったらハーネスを使用して本格的に外へ散歩に出かけるなどの工夫をするとよいでしょう。

犬_素材ec23c11252f01039ce707efe33e80c5f_s

首輪もハーネスも慣らしてあげることが大切

パグにとっては散歩にはハーネスが適しているようですが、迷い犬や危険回避のことを考えると、首輪とハーネスの両方をうまく併用したいところですね。

しかし首輪もハーネスも犬にとっては付け慣れない違和感のあるものです。最初から長い時間付けっぱなしにしてしまうと、犬に不快感を与えてしまい首輪やハーネスに苦手意識を付けてしまうことになってしまいます。

首輪やハーネスを使用する時はまず付け慣らしてあげることが大切です。首輪やハーネスに慣らすにはまず室内で首や胴に軽いリボンのようなものを巻いて、何かを巻くことに慣らしてあげるとよいでしょう。リボンが巻かれていても気にしなくなってきてから、首輪やハーネスを巻くようにします。

それでも最初は嫌がることもあるでしょう。その場合は無理をさせずすぐに外してあげましょう。少しずつ慣らしてあげることが大切です。巻かれても落ち着いているようなら、散歩への第一歩として室内でリードを付けて遊んであげましょう。

室内で首輪やハーネスを巻いたまま遊べるようになったら、次は実際に外へ散歩に出かけます。散歩の時も無理をさせないことが大切です。犬の様子をみながら犬のペースにあわせて少しずつ距離を伸ばしていきましょう。

便利なグッズもうまく活用しましょう

最近では首輪やハーネスにもそれぞれのデメリットをカバーするような便利なものが販売されています。首輪ではハーフチョーク、ハーネスではイージーハーネスやターキー引っ張り防止ハーネスなどです。

ハーフチョークは半分が可動式になっているため、普段首に巻いている時は首への負担が少ない作りになっています。またイージーハーネスやターキー引っ張り防止ハーネスは、犬が引っ張るとそれぞれ胸や脇などに力がかかる仕組みになっており、引っ張り癖を防止することができるようになっているようですね。

気管支の病気に注意が必要であったり体型的に首輪での散歩が難しいパグの場合は、ハーフチョークやイージーハーネスなどの便利なグッズをうまく活用して、快適に散歩ができるように工夫してあげるのもよい方法です。