2017年1月15日更新

【動物看護師が徹底解説!】猫のあごニキビはなんで出来るの?対処法は?

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

 

猫って顎下を触られるのが好きですよね。指先で撫でてあげると、喉を鳴らしながら首を伸ばしてくるはずです。でも、触ってみたらブツブツ。あれ、と思い顎下を見てみたら赤くなってる?それって猫のあごニキビかもしれません。

 

よく顎下を掻いていませんか?

普段何気なく見ているとあまり気になりませんが、顎がザラザラしてるな~と思ったら、猫が耳やあごを掻く頻度を観察してみてください。きっと顎にザラザラ、ぶつぶつができていたら、頻繁にあごを後ろ足で掻いているはずです。痒みが出ている頃は症状が少し進んでいる可能性が大きいので、目に見えて異常がなくてもかかりつけの動物病院へ連れて行きましょう。

毛が生えたままだと確認しにくいですが、毛刈りをしてみると予想以上にできものができているかもしれません。

正体は、ニキビ

あごのブツブツの正体は、猫ニキビ、顎ニキビと呼ばれ、人間と同じように皮脂の多い部分にできます。他にも目の上や尾の付け根近くにできることもあります。自然治癒する軽度のものから、投薬や消毒が必要な重度のものまであります。

顎下は食事などで汚れやすい部分なので、比較的症状の進行が早いです。また、毛があるせいで軽度のうちから発見し、対策を打てないというのも症状を進める原因です。

 

原因は定かではない

猫ニキビの原因は未だハッキリしていません。わかっているのは、皮脂が多い部分にできること、掻くことにより感染、化膿し、完治が難しくなること、治療が複雑になることです。白い猫や、毛色の薄い猫はニキビができると黒いゴミのようなものがついているように見え、発見が容易ですが、毛色の濃い猫は隠れて見えないので出血していたとしてもなかなか気付けないこともあります。

まずは清潔を心がけ、それでも治らない場合は接触アレルギーの可能性もあるのでその筋も調べることになるでしょう。治療の際は、毛刈りやエリザベスカラーが必須になります。少しの間生活の質が下がりますが、これらを怠ると完治までは長い道のりになってしまいます。とにかく清潔に、むやみに触らないことが鉄則ですので、こじらせる前にしっかり完治できるよう、飼い主さんも一緒に努力してあげてくださいね。