2017年1月19日更新

【動物看護師が徹底解説!】寒さのせい…?愛犬が水を飲まない時の対処法は?

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

 

乾いた風が冷たく、痛い季節になってきましたね。空気は乾燥しているものの、人も犬も夏場のように汗をかくほど活動することが少なくなるので、水分補給を忘れてしまいこともしばしば。そこで気になるのが脱水。愛犬があまり水をのんでないな、と感じたらどのようにすれば良いのでしょうか。

 

犬の体温調節は、開口呼吸

夏場によく見られる光景ですが、散歩中の犬が口を開けてハアハアしていますよね。実は、犬は体表に汗をかくことができないので(足の裏に汗をかきますが、体温調節を担うほどではありません)口を開けて呼吸することによって、体温の調節を行います。体の中の熱い空気を口から吐き出すことにより、体内に熱がこもるのを防いでいるのです。それに加えて、この時に水分を失っているので飲水量も自然に増えていきます。暑い→開口呼吸→喉が乾く→飲水を繰り返すので、飼い主さんから飲水を促さなくても自然に充分量水分補給ができているでしょう。

しかし、冬場は体温の調節はかなり激しい運動をした時以外はほぼ必要なく、喉が渇いたと自覚するタイミングを失ってしまいます。これを毎日繰り返していると、脱水症状がジワジワと進んでいってしまうのです。

脱水すると何故いけない?

脱水が進むと、食欲不振や起立困難、昏睡や死に至るケースもあります。血液は重く、ドロドロになり、血栓も作られやすくなってしまいます。

口の中が乾いて口唇を舐めるようにぺちゃぺちゃと音を鳴らしたり、鼻が乾いてきたら軽い脱水が起きているかもしれません。ただし、鼻の乾きは個体差があり、普段から潤っている個体が乾いていると脱水が疑われるかもしれませんが、普段から乾いている個体もいるので、100%確実な脱水の指標になるわけではありません。

 

冬に積極的に飲水してもらうには?

飲水を促す方法はいくつかあります。散歩などをして運動をするのが1番確実に促せますが、水を飲ませたいがために散歩にでることは難しいでしょう。

例えば普段ドライフードを食べているのであれば、ウェットフードに変えたり、ドライフードをお湯に浸してフードと一緒に水分を摂ってもらうのも良いかもしれません。食事や散歩以外で全く飲水する素振りが見られなければ、水に少しささみ汁などを加えて風味付けしたり、犬用のスポーツドリンクのようなものを飲ませるのも良いです。少ない量でも効率よく吸収できるのでオススメですが、人用のものを薄めて飲ませるのはやめましょう。塩分や糖分が強いため、体の負担になります。

犬用スポーツドリンクは、動物病院で扱っていますので、あまり飲水せずに脱水が心配だという飼い主さんは是非、かかりつけの動物病院へ相談しに行ってみてください。軽い脱水であれば、命に関わることはありませんが、知らず知らずのうちに脱水が重篤化することもありますので、あまり軽視せず、1日にどのくらい飲めているのか観察してあげましょう。

 
 

関連カテゴリ