2016年12月18日更新

【動物看護師が徹底解説!】秋冬は愛犬も太りやすい!?寒い時期の肥満予防について

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

 

食欲の秋、そして暖かい食べ物や飲み物がとーっても身に染みる冬。女性は特に、冬は太りやすいから気をつけなくてはと思っている方も多いでしょう。その、”冬は太りやすい”というのは、愛犬にも共通するのでしょうか?

 

寒さと体重増加の関係は?

人間は、自然の厳しい寒さに耐え凌ぐために脂肪を蓄えます。また、低くなった体温を上げるために体は代謝を高めます。実はこれ、あなたの愛犬にも共通することなのです。

でも、代謝が上がると、脂肪の燃焼もよくなるので太らなくなるのでは?と思いますよね。室内飼いの犬は、1日のほとんどを快適な暖房の中で過ごしますから、体温を上げる必要はなくなり、脂肪を蓄えるばかりになってしまうのです。

太った理由は、被毛?

太ったかな?と思い、体重を測ってみるとそれほど変わりない、という経験はありませんか?犬の被毛は、冬に分厚くなるので毛自体が盛り上がったように見え、太ったと錯覚してしまうことがあります。体型が気になったら、見た目だけではなくきちんと背中や腰を触って、太っているのかどうか調べてあげて下さい

 

運動量の変化も原因?

寒さに弱い犬種は特に、冬の活動量は暖かい時期に比べてかなり落ちてしまいます。外へ散歩に出ても、ほんの少し歩いたら帰りたがったり、家の中でも丸くなったまま動かなかったり。一年中同じ量のご飯を食べていると、活動量が下がった時にもちろん太りやすくなります。多少太る程度は、寒さに耐えるためなので見逃したいところですが、かなり太ってしまうようであれば冬場の活動量に合わせて、ご飯の量を調節しましょう

冬の肥満を予防するためには?

冬に少し太る程度は、体の正常な反応なので目を瞑ってあげましょう。しかし、いつまで経っても体重増加が止まらなかったり、活動量がガクンと減ったのにいつものご飯を食べて、どんどん太っているのであれば、普段の生活を見直して見ましょう。

外が寒くて長い時間お散歩に出られないのであれば、短い時間に何度も散歩に出たり、防寒着を着せたりしてみましょう。お仕事で忙しく何度も散歩に出られなければ、家で一緒にいる時間の中で、ボール遊びや引っ張り合いっこで運動をさせてあげましょう。暖かい時期の生活と、どんな部分に変化があって体重増加につながっているのかを考え、改善していけば、頭を抱えてしまうほど太ることも防げるはずです。体重を増やすのは楽ですが、減らすのは想像を絶するほど大変ですから、あまり太らせすぎないよう注意して過ごしてくださいね