2017年1月20日更新

【動物看護師が徹底解説!】愛犬の換毛期に気をつけるべきことは?

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

 

冬は愛犬の被毛もモコモコと増えていると思いますが、寒さが過ぎたらそのモコモコがほとんど抜け毛に・・・。換毛期で頭を抱える前に、この冬のうちに換毛期の注意事項を頭に入れておきませんか?

 

そもそも換毛期って?

換毛期とは、犬の被毛が夏毛から冬毛、もしくは逆に衣替えするために抜け毛が増える時期のことを言います。換毛期の抜け毛の量は犬種や生活スタイル、室内飼いか外飼いかで大きく変わって来ますが、共通して言えるのは被毛がダブルコート(二重毛)であるということです。

犬はどの犬種も上毛と下毛の2種類の毛が生えてはいますが、その量の違いで、シングルコートかダブルコートかに分類されます。換毛期の抜け毛が著しく多いのはダブルコートで、上毛と呼ばれる表面の毛が抜けるのではなく、下毛の柔らかく細い毛が多く抜けるようになります。

換毛期に注意すべきことは?

換毛期の中でも、冬毛から夏毛に変わる春頃が一番よく抜ける時期です。柴犬などの和犬でよく見られるますが、表面の毛に抜け毛が絡んで抜け落ちず、かさぶたが出来たかのようにボコボコとして見えます。抜け毛がすんなり落ちていかないと、毛玉などの原因にもなり、通気が悪いので皮膚にも悪影響を及ぼします

換毛期はとにかく抜け毛を除去することが大事で、毎日どれだけやっても終わりが見えないほど、途方もなく抜け続けますから、根気よく、犬が飽きない程度にブラッシングを行いましょう。そっとブラシで撫でただけでもごっそりぬけますから、1日一回全身を撫でるようにブラッシングするだけでも良いでしょう

被毛を綺麗に保つ目的ではなく、換毛期は抜けた毛を体の表面に残さないようにすることに集中しましょう。何十分も集中して行うと犬が飽きてしまい、ブラッシング自体を次から嫌がる場合がありますので、まだまだやりたい!と思っても、犬が嫌がるならやめましょう。

 

面倒であればお金をかけること


毎日のブラッシングが面倒であったり、飼い主さんにはブラッシングができないくらい暴れてしまう場合は、トリミングサロンに連れて行き、下毛処理をしてもらいましょう。普通にブラッシングするだけでも効果はありますが、下毛処理専用のナイフを使って行うと、より効果的です。毎日ブラッシングをするのは根気がいりますし、抜け毛が舞うのであとの掃除も大変です。それらが嫌で、ブラッシングをやめてしまうくらいであれば、トリミングサロンに換毛期だけ通ってすっきり抜いてもらえば、自宅でのブラッシングは最小限で済み、家中掃除機をかけたり、粘着テープでコロコロして回らなくて済みますよ。

抜け毛を除去せずにそのままにしておくと、蒸れて皮膚炎になったり、ノミやダニの温床になることもあります。トリミングサロンに通わせても数日に一回のブラッシングは必要になりますが、愛犬の為を想って頑張ってみてください。家のお掃除も普段より入念に行ってくださいね。