2016年12月13日更新

【動物看護師が徹底解説!】冬には犬も風邪をひく?犬風邪の特徴と対策

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

 

寒い冬がやってくると体調管理に、より一層気を遣う方もたくさんいらっしゃるでしょう。実は冬に風邪を引きやすいのは犬も同じで、体調を崩しやすい季節でもあります。どんな症状が出たら風邪で、どのタイミングで病院へ受診すればよいのでしょうか。

 

”風邪”は病名ではない

よく「風邪を引いた」とか、お医者様に「風邪ですね」といわれることがありますが、実は風邪というのは一つの病名ではなく、ウイルスに感染し呼吸器に症状が出る病気のことを総称して風邪と呼びます。鼻炎であったり、咽頭炎、気管支炎などがそれにあたります。犬も同じように、呼吸器に症状が出る病気のことを風邪と呼びますが、正確には”ケンネルコフ(犬伝染性気管支炎)”とも呼ばれます。

どんな症状が出る?

ケンネルコフにかかると、人間が風邪を引いたときのように、発熱や咳がみられます。免疫力の低い子犬のうちにかかると重症化しやすく、肺炎まで進行すると死に至る危険もあります。しかし成犬の場合は、混合ワクチンである程度予防することができるので、めったにかかることはなく、かかったとしても重症化せずに完治します。

予防接種はあくまでも重症化を防ぐための薬であり、完璧に感染をしないわけではないということを覚えておきましょう

 

なぜ冬に風邪を引きやすい?

冬は体温も下がり、免疫力も落ちるので、風邪だけではなく様々な菌やウイルスに侵されやすい状態になります。また、空気が乾燥していることで粘膜の水分も奪われ、菌やウイルスが増殖しやすい環境になっています。なるべく体温を高く保ち、加湿を心がけることによって、犬や人間も風邪予防に役立ちます。

散歩の際の防寒もしっかりと

一日のほとんどを過ごす部屋の中を暖かくするのはもちろんのこと、あまり体温を奪われて体力を使わないよう、外出時の防寒対策もしっかりと行いましょう。特に首や内股、わきの下などを重点的に温めると、体の芯から温まりやすいです。ピンポイントで温めることは難しいですから、その場所を外気に晒さないよう、洋服を着せるなどするとよいでしょう。

カイロを直接当てることは低温やけどを招くので、絶対にやめましょう。また、水分を頻繁にとることにより、粘膜の乾燥も防げるので、少量を一日に何度も、部屋の中は高めの湿度を保つなどして、風邪予防をしましょう。