2017年4月22日更新

うちの子ちょっと太ってる?愛犬の肥満対策

日本をはじめとした先進諸国では近年、肥満の人の増加が大きな社会問題となりつつあります。
最近ではワンちゃんでも肥満傾向な子が増えてきました。
「うちの子は少し丸いくらいが可愛いの!」
なんて聞きますが、
肥満はそれ自体が招く病気や事故など、
ワンちゃんも飼い主さんも困ったことが起こりやすいのです。

そんなわけで、今回は「ワンちゃんの肥満」について学びましょう!

肥満とは?

肥満とは身体に過剰な脂肪が蓄積した状態のことをいいます。
肥満を解消する目的は、単にかっこよく・きれいにやせるという美容上のためばかりではなく、糖尿病や動脈硬化などいわゆる生活習慣病を予防することにあります。

出典:東京都病院経営本部

先日お伝えしたこの子ほどではないかもしれませんが、
あれ?うちの子ちょっとふっくらしてるかも…なんて思ったことがある方も多いはず。

肥満の種類

肥満といっても実はタイプがあり、それぞれ解決策が異なります。

単純性肥満

体のエネルギーバランスが、「消費する」より「摂取する」ほうが多いことが原因です。

バランスよく十分な食事量を与えることは大切ですが、
その子にとって必要なカロリーをきちんと把握して食事やオヤツを与えましょう。

  • 「食べた分だけ運動する」(摂取した分は消費する)
  • 「食べる量を少し減らす」(その子の適正量にする)

上記の方法で予防することができます。

症候性肥満

なんらかの病気や、体の機能に問題があることが原因です。
こちらは摂取カロリーを減らすのではなく、適切な治療を受けることが必要です。
糖尿病や高血圧などの恐れがあり、単純性肥満が原因でなることもあります。

「最近うちの子太ってきたかも?」と感じたら、
はやめに獣医さんに相談して、摂取カロリーの見直しや検診を行いましょう!

太りやすいタイプの犬っているの?

ワンちゃんについては、もちろん個体差はありますが、ビーグル、ラブラドール種、シェットランド・シープドッグ、ダックスフンド種、バセット・ハウンド、コッカー・スパニエル種などが太りやすい傾向を持つといわれています。

避妊去勢をした後のどうぶつは、体内の代謝がかわる等の理由から太りやすくなる傾向にありますし、中高齢を迎えると1日に必要とするエネルギーが若いころから比べると低下します。避妊去勢後や中高齢を迎えたワンちゃんやネコちゃんに与える食事に関しては、特に注意が必要です。

出典:みんなのどうぶつ親子手帳

さいごに

人間と違い、ワンちゃんは「最近太ってきたかも?ダイエットするから、今日からゴハン少なめにして~!」なんて言いません!(むしろ、あるだけ食べてしまいます)

ずっと健康で長く一緒にいるためにも、
ワンちゃんの肥満は飼い主さんが気をつけてあげましょう!

おかもとてつへい



ドッグマナー

自称犬の写真家(笑)/ NPO法人日本ドッグマナー協会 / 一般社団法人ペットライフデザイン協会 愛玩動物救命士 モラキジドッグは愛犬(モモ、ララ、キキ、ジジ)の頭文字からです。 犬同伴可の焼肉店で手作りフードでキャリアを積み、飼い主さんと愛犬の(ドッグマナーとペットライフ)共生の為に尽力しております。自社Webサイトコンテンツ制作や他社Webサイトも制作。

モラキジドッグ
Facebook

関連記事

【獣医師監修】痩せているようでも肥満?愛犬の健康は体重ではなく体脂肪率で測ろう

人間の検診では体重とともに体脂肪率を測ることはごく当たり前のことになりました。同じ体重でも重い筋肉が占める割合が多い場合と、軽い脂肪が占める割合が多い場合とでは体の組成や健康状態がまったく違……

愛犬のボディコンディションスコア(BCS)って?

愛犬の肥満度をしめすボディコンディションスコア(BCS)てご存知ですか? 体型から肥満度を判断する基準になっています。 ボディコンディションスコアってなんなんだろう? ボディコ……

犬の健康の基礎

【獣医師監修】胴長短足は椎間板ヘルニアになりやすい?犬の椎間板ヘルニアの原因について

持ち前の可愛さで人気の高いダックスフンドやシーズー、コッカースパニエルなどの犬種は椎間板ヘルニアにかかりやすい犬種です。特に胴が長く足の短い犬種は椎間板ヘルニアになりやすいので注意しなければ……

犬の肥満

もしかしてデブペット? 獣医師が教える、愛犬の肥満度をチェックする方法

筆者の飼い犬が上手に「おすわり」や「待て」をするたびにごほうびのおやつを与えていたら、1カ月ほどで体つきが目に見えてふっくらしてきました。太り過ぎなのではと心配です……。「ペットの犬は、野生……

【獣医師監修】犬の生活習慣病①犬の肥満〜原因と予防・対策〜

最近では、犬も生活習慣病にかかるといわれています。 人間の生活習慣病は人間自身が自己管理することによって予防ができます。その一方、犬の生活習慣病の場合は、飼い主の怠慢や無知により起こっ……

犬の去勢手術

【獣医師監修】犬猫の糖尿病の症状・治療、インスリンの投与について

たくさんの患者さんがいらっしゃいます。糖尿病にかかってしまうと、外出先でも自分で注射をしたり、食事に気を使ったりして、血糖値をコントロールする必要があることをご存じの方も多いかと思います。 ……

犬の肥満

【獣医師監修】犬の肥満に注意!犬の肥満の予防、治療方法について

肥満とは、体に脂肪組織が過剰に蓄積している状態をいい、身長や年齢に対する適正体重との比較や体脂肪率などから判定されます。犬には明確な数値の基準はありませんが、獣医さんが行なう身体検査の中で肥……

犬の食事の基礎

【動物看護士が解説】食事で肥満予防、歯石予防ができるって本当?

愛犬が太ってしまったときはダイエット、歯石が溜まってしまったときは歯磨き。なんとか改善してあげたい、と思う気持ちは山々ですが、毎日コツコツとやらなくてはいけないので少し面倒に思えたりしますよ……

ドッグフード

うちの子ちょっと太ってる?愛犬の肥満対策

日本をはじめとした先進諸国では近年、肥満の人の増加が大きな社会問題となりつつあります。 最近ではワンちゃんでも肥満傾向な子が増えてきました。 「うちの子は少し丸いくらいが可愛いの!」 ……

犬の肥満