2015年4月9日更新

猫のブラッシングで、健康チェック♪見るべきポイントは?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

猫はきれい好きで、自分の体を舐めてきれいにしています。しかし、優しくなでてあげたり、ブラッシングしてあげることは、体を綺麗にするだけでなく、飼い主さんとの大切なコミュニケーションの時間にもなります。そんな時、ぜひ、猫の健康チェックもしてあげましょう。日々の状態を観察しておくことが、異常おきた時に早く気づいてあげるきっかけになるのです。

 

猫を触りながら健康チェックをしましょう

1日の中で、愛猫にふと目をやると、せっせと体の手入れをしていることがあります。猫自身は自分でグルーミングすることで、体をきれいにして、自分自身も落ち着くという本能的な行動を持っています。とはいえ、なでて欲しい時に自らやってきて、甘えてくれるところは、猫を飼っている方にとって嬉しいものです。猫ちゃん自ら、自分のそばに来てくれた時は、優しくなでながら、ついでに健康チェックもしてあげましょう。

病気の早期発見にもつながる全身チェック

まずは、全身を触りながら、痛がる部分や傷や腫れなどの異常がないかチェックしてあげましょう。毛艶の状態も大切なチェックポイントです。お腹の腫れがあるときは、内臓系に何か異常がある場合もあります。また、背中からお腹、腰などを痛がる場合も泌尿器系の病気にかかっている可能性があります。首や、足元、お尻など細かく触って痛がる箇所を見つけた時は、早めに獣医さんに相談しましょう。

猫ちゃんの頭を優しくなでながら、顔全体の健康チェックもしていきましょう。目はいつも通り、キラキラしているでしょうか?涙が多くなっていたり、目やにが出ていないかチェックしてあげましょう。鼻は鼻水が出ていないか、苦しそうにしていないかも確認しましょう。猫ちゃんにとって、耳の汚れもストレスにつながってしまいます。汚れや悪臭はないか、チェックしてあげましょう。

体温や呼吸、脈拍なども計測してみましょう

体全体を触りながら、いつもに比べて熱っぽくないか、呼吸や脈も正常か、確認できると、さらに日々の健康チェックに役立ちます。猫の体温は、人間よりも高いものですが、個体差もあるので、普段から体温を知っておくことが病気の早期発見にも役立ちます。また、呼吸数も、胸の動きを見て測ったり、脈拍は股間のところを触りながら測るなど、スキンシップの間に計測できるようになると、飼い主さんにとっても安心です。

無理せず、猫の様子を見ながら行うことが大切

猫を優しくなでて、健康チェックしていると、だんだん大きく尻尾を振ることがあります。犬は尻尾を振ることで喜びを表してくれますが、猫がパタパタと大きく尻尾を振っている時は、不愉快な気持ちを表現しています。そんな時は無理せずにやめてあげましょう。お互いの為にも、できる範囲で日々の健康チェックは行うことが大切です。

 

お互いのコミュニケーションを大切にしながら健康チェックを

猫にとっても、優しくなでてあげたり、ブラッシングしてあげたりすることは、コミュニケーションにつながります。のどを鳴らして思いっきり甘えてくれる猫ちゃんもたくさんいます。そんな瞬間は、飼い主さんにとっても幸せな時間ですね。そのコミュニケーションの中に、日々の健康チェックを取り入れることで、重大な病気にも早く気づくことができるようになります。猫ちゃんの為にも、ぜひ、毎日、優しくなでてあげる時間を作ってあげましょう。

[関連記事]
ペットが喜ぶブラッシングタイムに!!犬や猫のブラッシングにおすすめのブラシはどれ?