2017年5月18日更新

愛嬌たっぷり!遊び好きで社交的なパグと一緒にドッグランへ行くには?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

小さなところでもたくさんの犬を飼うことができるといわれるパグ。飼い主の指示に素直に従い仲間との協調性に長けているところから、そのようにいわれているようですね。飼い主を喜ばすことが大好きで、飼い主と一緒に遊ぶことが大好きなパグ。今回はそんなパグとドッグランに行くにはどうしたらよいのかを調べてみました。

 

ドッグランとは?

ドッグランとはどのようなところなのでしょうか?

ドッグランとは飼い主と飼い犬専用の広場のことです。日本ではドッグランと呼ばれることが多いですが、和製英語のようで欧米ではドッグパークというのが一般的なようですね。1980年代にニューヨークで誕生したのが始まりだといわれています。

ドッグランの中では犬はリードを付けることなく自由に動き回ることができます。そのため施設外へ犬が行ってしまうことがないように、策で囲われていることが多いようです。なかには人や犬の出入りの時に犬が出ていってしまわないように、出入り口が2重扉になっているところもあるようですね。

施設の中には犬用の水飲み場や、日差しを遮るような木立、犬と飼い主が休むことができる休憩場などが設置されているところもあり、飼い主と犬が快適に利用でするように考えられています。

最近ではさまざまな観光地に特徴のあるドッグランが作られていて、それを目当てに犬と一緒に出かける飼い主の方も多くなってきましたね。犬と一緒にドライブをする時の情報誌などでも、多くの特徴的なドッグランが紹介されています。

遠くの観光地だけでなくショッピングモールや公園にも併設されているので、気軽に利用できるようにもなってきていますね。飼い主と一緒に遊ぶことが大好きなパグにとって、普段とは違う広い場所でボール遊びなどをするのは楽しい時間になることでしょう。

しかし公共の施設である以上、利用する時には最低限守っておきたいマナーがあります。お互いに気持ち良く利用するためには必要なことですね。ドッグランを利用する時のマナーについてご紹介していきましょう。

犬_素材

利用前に身に付けておくべきこと

公共の施設であるドッグランを利用する時には、最低限のしつけが済んでいることが利用のマナーです。しつけができていない犬が1頭でもいると、ドッグラン自体の雰囲気が悪くなるだけでなく、危険な事故につながる可能性があるからです。

ドッグランに行く前に最低限身に付けておきたいしつけは次のようにいわれています。

呼び戻し

ドッグランに行く前に必ず身に付けておきたいのが呼び戻しです。ドッグランの中には名前や「おいで」に反応できない犬は入場を断られることもあるようです。

ではなぜドッグランで呼び戻しが必要なのでしょうか?ドッグランは基本的にはノーリードで犬が自由に遊ぶことができる場所です。広いドッグランを自由に走り回ったり、他の犬と一緒に追いかけっこやじゃれあえることは、犬にとっては楽しく刺激的なことですね。

楽しく刺激的な所だからこそ興奮して我を忘れてしまったり、気の合わない犬と喧嘩になりそうになることも考えられます。愛犬が周りの犬や人に迷惑をかけてしまいそうな時や、ドッグランの雰囲気が悪い時に、名前や「おいで」ですぐに飼い主の側に呼び戻せるようにしておかないと、噛みつき事故などトラブルにつながってしまうことがあるのです。

ドッグランに行く前に室内や散歩で名前や「おいで」に、しっかりと反応できるようにしておきましょう。

クールダウン

友好的で協調性があるといわれているパグですが、なかに友好的過ぎて相手の犬をしつこく追いかけ回してしまうような犬もいるようです。そのような犬に必要なのがクールダウンです。

愛犬がしつこく追い回してしまっているような場合は、相手の犬からしっかりと引き離して、飼い主がコントロールを取り戻し興味を反らせるためにクールダウンをさせてあげる必要があります。

クールダウンには「お座り」「ふせ」「待て」のコマンドが有効だといわれています。まず呼び戻して他の犬と離れさせ「座り」もしくは「ふせ」をさせます。その後「待て」をかけて他の犬の動きなどを目で追わないようになるまで待たせましょう。

室内で興奮状態からのクールダウンを教えるには、大好きなおもちゃなどで遊んでいる途中におもちゃを取り上げて、「お座り」「ふせ」「待て」をかけてしっかりと待たせます。うなったりおもちゃを待っているような様子を見せず、落ち着いて待っていられるようになるまで、何度も繰り返し教えてあげましょう。

コミュニケーションの取り方

他の犬とのコミュニケーションを学ばせる目的でドッグランを利用する方がいらっしゃいます。うまく他の犬とコミュニケーションが取れないような状態でのドッグランの利用は、他の犬への迷惑になるので控えましょう。ドッグランを利用する前に散歩などお互いにリードを付けた状態で、飼い主がコントロールしながら犬同士の挨拶の仕方や距離の取り方を教えてあげるのが先です。

特に友好的なパグは初対面の犬に対して、しつこく臭いを嗅いでしまうことがあるようです。パグにとっては相手の犬に対してフレンドリーに接しているつもりでも、あまりしつこく臭いを嗅いだり、嫌がって逃げても追いかけてくるのは相手の犬にとっては迷惑な行為です。散歩などで飼い主がコントロールしながら、相手の犬とのほどよい距離感を教えてあげる必要があります。

素材_shutterstock_311402054

 

利用する時に守るべきことは?

公共の場所であるドッグランを利用するには、お互いにトラブルにならないために飼い主が守らなければならないことがいくつかあります。

ドッグランを気持ち良く利用するために必要なことです。しっかりと守って正しく利用しましょう。

ワクチンの接種は済ませておく

ドッグランを利用する時だけでなく、ドッグカフェや犬と泊まれるペンション、ショッピングモールなどの公共の場所を利用する時には、ワクチンの効果が切れていない状態にしておくことが必要です。

公共の場所を利用する時は病気を持ち込まない、移さない、もらわないは人でも当たり前のマナーですね。犬でも同じことです。ドッグランなどの公共の場所を利用する時は、その年のワクチン接種と狂犬病の予防接種は済ませておきましょう。

なかにはワクチンの接種が済んでいることを証明できないと、入場させてもらえないドッグランもあります。初めて利用するドッグランへいく時は、鑑札や注射済み証の提示が必要になる場合もありますので、必ず持参しておくとよいでしょう。

発情中は利用しない

ワクチンの接種と同様に発情中のメスは公共の場所の利用は控えましょう。

発情中のメスは交尾の相手を見つけるために独特の臭いを放っています。メスの放つ臭いはオスにとってはとても魅力的なものです。どんなに訓練を積んでいても、興奮を抑えることは難しいもののようですね。

発情中のメスを多くの犬が利用する公共の場所へ連れて行くと、興奮したオス同士が喧嘩になってしまったり、興奮したオスに引っ張られて飼い主の方がケガをしてしまうことも考えられます。また愛犬自身も興奮したオスに襲われてケガをしてしまう危険があります。

発情中は体調も崩しやすくなります。できれば室内で静かに過ごさせてあげるとよいですね。

排泄は済ませてから、粗相はすぐに片付けましょう

多くの犬が利用するドッグランを清潔に保つためには、ドッグラン内ではできる限り排泄をさせないことが大切ですね。自宅の近くのドッグランを利用する時は自宅で排泄を済ませてから、ドッグランを利用するようにしましょう。旅行先など自宅から離れたドッグランを利用する時は、近所を散歩させて排泄を済ませるなど工夫をするとよいですね。

それでも他の犬の臭いにつられて粗相をしてしまうこともあるでしょう。ドッグラン内で粗相をしてしまった場合は、飼い主の責任で速やかに片付けましょう。ドッグランの利用規約に粗相の片づけ方がある場合は、規約に従って正しく片づけましょう。

愛犬からは絶対に目を離さない

ドッグランを利用している間は絶対に愛犬から目を離してはいけません。ドッグランの中での愛犬の行動は、すべて飼い主の責任の元でおこなわれることがドッグランを利用する時の大前提です。どんなに慣れていても愛犬を勝手に遊ばせておくのはルール違反です。飼い主同士で情報を交換しているような時でも、目は愛犬を追うようにしましょう。

犬だけをドッグランに残していくことはもちろんですが、犬とお子さんだけをドッグランに残して、大人がドッグランを離れることもルール違反です。トラブルになった時に責任をとることができる大人が、必ず一緒に利用することがドッグランを利用する時の前提になります。

ドッグランの規約に従って正しく利用しましょう

ドッグランにはお互いに気持ち良く利用するために、利用の規約が決められている場合があります。利用規約が決められているドッグランは、管理の行き届いたドッグランであるともいえます。

内容はさまざまで利用時間や利用料金などの基本的なものだけのところから、首輪やハーネスの着用を義務付けていたり、ワクチンの接種が済んでいることの証明など細かい規約が決められているところまであります。

それぞれの施設が利用者に気持ち良く利用してもらうために決めているものですから、ドッグランを利用する時は規約に従って正しく利用しましょう。初めてのドッグランの場合は事前にホームページや電話で問い合わせるなどして、予め利用規約を理解しておくとよいですね。

犬_素材dog-123722_640

パグとドッグランを利用するには?

パグとドッグランを利用するために必要なことについて調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

残念ながらドッグランでのトラブルは後を絶たないようです。なかには死亡事故につながってしまうようなこともあるようですね。トラブルが怖くてドッグランを利用できないと感じている飼い主の方も多いようです。

ドッグランでのトラブルを少なくしていくためには、ドッグランを利用する時のルールを守る人が増えていくことが大切ですね。特にパグは小型犬の中ではやや大きい犬種ですが、大型犬と比べたらかなり小さな犬種になります。そのため大型・中型犬用と小型犬の施設がわかれているようなドッグランを利用する時には、どちらの施設を利用する時にも配慮と注意が必要になります。

大変なことだとは思いますが、お互いに気持ち良く利用ためには自分の愛犬の体格や性格を考慮して、どのように利用するかを考えることが大切ですね。ドッグランがみんなが安心して楽しく利用できる施設になるように、1番わかってあげることができる飼い主が自分の愛犬にあった利用の仕方をよく考えてあげましょう。