2017年5月18日更新

可愛い洋服から厳ついものまで何でも着こなすパグに洋服は必要?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ブラックマスクと大きな瞳が、漫画に出てくるドロボーのようでユーモラスなパグ。表情豊かでどこか人間臭さを感じさせる仕草がパグファンを引き付けて離さない魅力のようですね。そんなパグはどんな洋服を着せても愛嬌たっぷりに着こなしてしまうようです。今回はパグに洋服を着せることについて調べてみました。

 

洋服は似合うから着せるだけ?

ドロボーファッションよろしく唐草模様の洋服から、キャラクターの被り物までユーモラスな顔立ちのパグだからこそ着こなせてしまうファッションもありますね。ついつい「こんな洋服は?」とさまざまなデザインの洋服を着せてみたくなってしまいます。

しかしファッションのためだけなら、洋服を着る習慣のない犬に洋服を着せることは、犬のためになることなのでしょうか?犬に洋服を着せることに否定的な意見の1つは、犬を洋服で着飾ることは飼い主のエゴではないかというものです。確かにファッションを楽しむためだけなら、犬にとって違和感のある洋服を無理に着せる必要はありませんね。

でも犬に洋服を着せることには、ファッションを楽しむ以外の目的もあるようです。

犬_素材

マナーとしての着用

パグに洋服を着せることは外出のマナーとしても必要なことのようです。

パグは細く柔らかい短毛が密集したように生えた毛質をしていていますが、とても抜け毛が多い犬種だといわれています。パグの抜け毛が多い理由は毛の構造がダブルコートと呼ばれる構造をしているからです。

ダブルコートは上毛と下毛の2重の構造をしています。ダブルコートの犬種は寒冷地で育種改良された犬種が多いといわれており、下毛が抜け替わることで季節にあわせた体温調整をおこなっています。そのため春から夏にかけてと秋から冬にかけて下毛が抜け替わる換毛期があり、パグも他のダブルコートの犬種同様にかなりの量の抜け毛があるようです。

また短毛の犬種の場合は長毛の犬種よりも上毛の抜け変わりが早いため、パグも換毛期だけでなく1年を通してパラパラとした毛質の抜け毛があるようですね。

パグは抜け毛だけでなく臭いも強い犬種だといわれています。パグ臭ともいわれていて、他の犬種とは違うちょっと独特な臭いがするようです。

愛犬の抜け毛や臭いは飼い主にとっては気にならないものかもしれませんが、外出先では気にしないではすみませんね。特に多くの方が利用する公共の場所へ連れて行く時は、できる限り抜け毛や臭いを付けないように配慮する必要があります。洋服を着せると服の中に抜け毛や臭いを閉じ込めておくことができますね。

パグを連れて出かける時に洋服を着せるのはマナーとして必要なことでもあるようです。

熱中症の予防と季節にあった過ごしやすい環境を整える

パグのユニークな顔立ちは鼻の短い短頭種特有の顔立ちです。パグにとって短い鼻はチャームポイントでもありますがウィークポイントでもあります。鼻の短いパグのような犬種はパンティングによる体温調整が苦手で、1度体温が上がってしまうと下げることが難しいといわれています。そのため夏場は熱中症に注意が必要になります。

ただ洋服を着せるだけでは熱中症の予防にはなりませんが、最近では触れるとひんやりと感じるクール素材のものや、水にぬらしてから着用するタイプのベストなど、人と同様に犬用の洋服にも体温を下げる目的のものが販売されるようになってきました。パグのように熱中症の好発犬種の場合は、クールタイプの洋服をうまく活用して熱中症を予防することは、獣医師も推奨している予防法のようです。

では冬の寒さについてはどうなのでしょうか?冬は夏ほど気温に対して敏感に対応する必要はないようですが、パグは寒さに強いというわけでもないようです。短毛のパグは長毛のスピッツなどと比べて被毛の中に蓄えることができる体温が限られています。また室温管理の行き届いた室内で生活することが多いため、室内から外に出た時は外気温との温度差で特に寒く感じるようです。

寒さに震えているのに防寒をせずに無理をさせる必要もありませんね。体調管理の面から考えても、洋服で季節にあわせて過ごしやすいように調整してあげるとよいですね。

皮膚病の予防

パグは肌が弱い犬が多く皮膚病の好発犬種でもあるようです。特に顔や体のしわの間は汚れが溜まりやすいため細菌が繁殖しやすく皮膚病を発症しやすいといわれています。

皮膚病はさまざまな要因で発症しますが、予防のためにもっとも大切なことは肌をつねに清潔に保っておくことです。特に散歩やドッグランなどで草や茂みの多いところで遊ばせる場合は、知らず知らずにアレルゲンとなる花粉やノミ・ダニなどの寄生虫が付着してしまうものです。

洋服を着せていれば花粉などが直接肌に触れることを予防してくれます。自然の多い場所へ遊びに行く時には、洋服を着せて肌を守ってあげることも必要なことのようですね。

素材_shutterstock_146853755

室内では脱いで過ごす時間も必要

パグにとっての洋服は必要に応じて着せてあげる必要のあるもののようですが、洋服を着ないで本来の姿のままで過ごす時間もまた必要なようです。

洋服を1日中着せたままにしておくと、洋服と被毛や皮膚の間に抜け毛やフケなどの汚れが溜まっていってしまいますし、洋服の中の湿気が外へ逃げていかないため肌が蒸れやすい状態になってしまいます。

肌が弱く皮膚病の心配のあるパグにとって汚れと蒸れは大敵ですね。洋服を着ないでも過ごすことができる温度管理の行き届いた場所を用意して、洋服を着せる時と着せない時をうまく作ってあげることが大切です。

 

着慣れるまでは無理をさせないようにしましょう

可愛い洋服を買うとすぐに着せて外を歩きたくなってしまいますね。

しかし洋服を着る習慣のない犬にとって初めて着る洋服は違和感があるものです。ましてまるで着たことがない子犬は、違和感から動けなくなってしまうようなこともあるようです。犬に洋服を着せる時はまずはゆっくりと着慣れさせてあげることが大切です。

初めて着せる洋服はできるだけ軽く違和感のない洋服を選んであげましょう。いつも過ごしている安心できる場所で着せてあげて、嫌がるようならすぐに脱がしてあげます。絶対に無理をさせてはいけません。少しでも着ていられたらたっぷりと褒めてあげます。食いしん坊のパグの場合は、オヤツをうまく利用して着ていられる時間を伸ばすのも有効ですね。

洋服も首輪などと同じ様に小さな頃から始めると、スムーズに着られるようになるようです。基本的なしつけが終わったころから少しずつ洋服を着ることに慣らしてあげるとよいですね。

体にあった洋服を選びましょう

パグに洋服を着せる時の悩みは体型にあった洋服がなかなか見つからないということのようです。ペットショップなどに行くと多くの洋服が並んでいますが、主にトイ・プードルやチワワ、ダックスフンドなどの洋服が主流なので、首回りが太くずんぐりとした四角い体型をしているパグにあうデザインの洋服はあまり置いていないようですね。

パグの飼い主の方には、既成の洋服の場合はボタンやファスナーなどが付いている前開きの洋服を選んで、ボタンやファスナーをすべて閉めずに首回りの太さにあわせて着せるなどの工夫をしている方も多いようです。

パグやフレンチ・ブルドッグの洋服を専門に扱っているお店もありますね。専門店ならば体型にぴったりとあった着心地がよく、ファッション的にもパグに似合う洋服を手に入れることができます。ネット販売をおこなっているところも多いので、さまざまなお店を比べてみてお気に入りのお店を見つけておくのもよいでしょう。

最近では手作り用の型紙もネットや本などで手に入れることができるようです。手作りのよいところは1度愛犬にあわせた型紙を作っておけば、いつでも体にあったぴったりの洋服を作ることができるところですね。

自分の洋服をリメイクするなど愛着のわく1着を作ることができるのも魅力です。パグの場合は着心地のよい洋服を用意してあげるために、愛犬のサイズにあった洋服を手作りするのもよい方法ですね。

犬_パグ_素材

まとめ

パグに洋服を着せることについて色々と調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

さまざまなデザインが似合うパグの場合は、つい面白いデザインの洋服を選んでしまいがちではないでしょうか。もちろん愛犬に無理のない範囲でなら、ファッションを楽しむのもよいですね。ただしファッションを楽しむ時は注意しておきたいことがあります。

装飾の多い洋服を着せる場合は、犬が洋服を着ている時に噛んでとってしまうような位置に、リボンやボタンが付いていないかを確認しましょう。噛んでとってしまう位置に飲み込んでしまうような大きさのものがあると誤飲の危険性がありますね。

デザインだけでなく愛犬にとって動きやすく危険なものが付いていない洋服を選んであげましょう