2017年5月18日更新

柴犬には首輪?ハーネス?メリット・デメリットを比較

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ピンと立った耳とクルッと巻いた尻尾がいたずらっこのような柴犬。小柄ながら元気で活発な柴犬は飼い主と一緒に出かける散歩が大好きです。散歩といえばリードを付けるのは首輪がいいのか?ハーネスがいいのか?悩んでしまう飼い主の方が多いようですね。今回はそんな柴犬には首輪かハーネスかについて調べてみました。

 

首輪とは?ハーネスとは?

元気いっぱいの柴犬と散歩をする時に首輪を利用するのがよいのがハーネスの方が適しているのかについて考える前に、首輪とは?ハーネスとは?ということをご紹介しましょう。

素材_shutterstock_309942500

首輪の特徴

首輪は字が表しているように犬の首に巻いて使用する道具のことですね。

なぜ首に巻くのでしょう?親犬が子犬をしつけるさまを見たころがある方はご存知かもしれませんが、親犬が子犬を叱る時には首を軽く噛んで教えます。犬に首輪を巻くことはしつけをしやすくするために必要なことだといわれていますね。

首輪にはしつけに利用する以外にも着用する意味があるといわれています。もっとも大きな意味は見る人にその犬に所有者がいることをアピールすることです。最近では迷い犬の対策としてマイクロチップを埋め込むことが推奨されていますが、首輪をつけていればマイクロチップを確認するまでもなく、見ただけで飼い犬であることがわかりますね。首輪に迷子札や直接連絡先を記入しておけば、保護された時にすぐに連絡をもらうこともできます。

その他にも犬に危険がおよびそうな時にとっさに掴むことができるというメリットもあるようですね。このようなことから首輪は散歩をする時だけでなく、常時付けておくことが望ましいといわれています。

ハーネスの特徴

ハーネスは元はそり犬をそりにつなぐために作られた道具です。そり犬は重い荷物を引いて長い時間走らなければなりません。首輪のように体に負担がかかる構造をしていては、力を出して走りきることが難しいですね。ハーネスは体への負担を減らし、犬が力いっぱい物を引くことができるように開発されたものです。

最近では盲導犬や介助犬が人を導くための道具としても使用されていますね。

散歩で利用するハーネスの多くは、ナイロンなどのリボンでできていて、前足を通すような形になっています。最近ではフリースラインドハーネスといって、リボンだけだと擦れて肌へ影響が出てしまいやすかったところを、リボンを包むように柔らかいフリースが縫い付けあって、肌や体に優しいハーネスも販売されているようです。

メリット・デメリットを知っておきましょう

散歩で利用するには首輪にもハーネスにもメリットとデメリットがあります。それぞれのメリット・デメリットを理解したうえで、柴犬にはどちらが適しているのかを考えてみましょう。

首輪のメリット・デメリット

メリット

  • 着脱が簡単に行える
  • いつもつけておくことができる
  • 首に直接ショックを与えることができるので犬とのコミュニケーションが取りやすくしつけに向いている

デメリット

  • 首が細く頭の小さい犬種の場合は抜けやすい
  • 引っ張った時に首や気管に負担が大きい

ハーネスのメリット・デメリット

メリット

  • 引っ張っても首や気管に負担がかからない
  • 胴に回すので抜けにくい

デメリット

  • 犬が引っ張りやすい構造なので引っ張り癖を付けやすく治しにくい
  • 犬が咬んで壊してしまう可能性があるので装着をしたままにしておくことができない
  • 前足を通して胴体に回さなければならないので着脱に時間がかかる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

柴犬に適しているのは首輪?ハーネス?

首輪とハーネスの特徴やそれぞれのメリット・デメリットをふまえて、柴犬が散歩に使うにはどちらが適しているのかを考えてみましょう。

柴犬の場合はまずリーダーウォークなどのしつけをおこなう場合は首輪を、本格的に散歩へ出かける時はハーネスにするなど、使用の目的にあわせて使い分けをするとよいようです。

柴犬は散歩の途中で気になるものを見つけると、急に方向転換をしたり立ち止まってしまうようなことがあるようです。動きが俊敏な柴犬に急に方向を転換されてしまうと飼い主が転倒してしまう危険がありますし、急に立ち止まると自転車や歩行者との接触事故につながってしまう可能性がありますね。

そのため散歩へ出かける前には十分にリーダーウォークを教えておく必要があるようです。リーダーウォークのしつけには首輪をつかう方が適しています。しかし顔の小さい柴犬の場合は、嫌がった拍子首輪が抜けてしまう危険性がありますね。リーダーウォークのしつけを首輪でおこなう時は、首輪が抜けるようなことがあっても逃げ出してしまわないように、室内でまずは慣らしてあげることが必要なようです。

首輪もハーネスも付け初めが肝心

柴犬はやや神経質な面があり違和感のあるものを付けられると、動けなくなってしまうような犬が多いようです。今までハーネスで慣れていたのに、首輪にしたとたんに歩かなくなったなどということも起こるようですね。

首輪もハーネスもまず慣らしてあげることが大切です。首輪やハーネスに慣らすにはまず室内で首や胴に軽いリボンのようなものを巻いて、何かを巻くことに慣らしてあげるとよいでしょう。リボンが巻かれていても気にしなくなってきてから、首輪やハーネスを巻くようにします。

それでも皮や布の感触に慣れずに嫌がることも多いと思います。その場合は無理をさせずすぐに外してあげましょう。少しずつ慣らしてあげることが大切です。巻かれていても落ち着いていられるようになったら、散歩の前の準備として室内でリードを付けて遊んであげましょう。

室内で遊ぶことに慣れてきたら初めて外へと散歩に出かけてみましょう。最初は外の雰囲気に緊張して慣れたはずの首輪やハーネスを嫌がることもあるかもしれません。その時も無理をさせず、犬のペースにあわせてあげることが大切です。少し歩けたらたくさん褒めてあげましょう。これを繰り返して少しずつ距離を伸ばしていきます。褒める時にご褒美のオヤツをあげるのも効果的なようです。

imasia_9887586_S

まとめ

柴犬には首輪が適しているのかハーネスが適しているのかを、散歩で利用することを中心に調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

柴犬の場合は首輪を利用している飼い主の方と、ハーネスを利用している飼い主の方といらっしゃり、それぞれに主張があるようですね。確かに首輪は首への負担が大きいためまだ筋肉のついていない子犬や筋力が弱ってくる老犬に使用すると、気管虚脱など気管支への影響が出る可能性があるといわれています。

しかし首輪の種類も多くなり、ハーフチョークなど付けている時はそれほどの違和感がない商品も販売されているようです。

ハーネスもご紹介したフリースラインドハーネスの他にも、引っ張り癖を矯正することができるイージーハーネスなどもありますし、テープタイプよりももっと体の負担が少ないベストタイプのハーネスもあります。

愛犬の健康状態や散歩のしつけの身につき度合いなどを考えながら、もっとも適したグッズを選んであげるとよいですね。

【柴犬の関連記事】

柴犬の飼い方、柴犬との暮らしで注意すること【ペットシッターが解説】

 
 

関連カテゴリ