2017年5月18日更新

柴犬のカラーについて。柴犬の被毛の特徴、柴犬のスタンダードカラーについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

日本犬らしい凛とした姿と愛嬌いっぱいの表情が人気の柴犬。柴犬と聞くと茶色の犬を思い浮かべるか方が多いのではないでしょうか。なかには目の上に丸い眉毛のようにタンのある黒い柴犬もいますね。でも柴犬のカラーは茶色と黒だけではないようです。今回はあまり知られていない柴犬の被毛のカラーについて調べてみました。

 

柴犬の被毛の特徴は?

柴犬の魅力の1つは何といってほどよい長さのスポーティーな毛質ですね。カラーのことをご紹介する前に柴犬の被毛の特徴をご紹介しましょう。

柴犬のスポーティーな被毛はやや固くまっすぐな上毛と、淡い色合いの柔らかく綿のような下毛の2重構造をした、ダブルコートと呼ばれる被毛の構造をしています。ダブルコートの犬種は柴犬のように寒冷地で育種改良された犬種が多く、下毛が抜け替わることで季節にあわせた体温調整をおこなっています。

そのため柴犬も換毛期と呼ばれる春から夏にかけてと秋から冬にかけては、掃除が大変なほどの抜け毛があるようですね。また悪天候の中でも屋外での狩ができるように柴犬の上毛は撥水性が高い毛質をしており、少し雨に濡れるくらいでは下毛は濡れずに体温が守れるようになっています。

だから雨の日の散歩もへっちゃらなんですね。

犬_素材

柴犬のスタンダードカラーは?

柴犬の日本でのスタンダードカラーについて、一般社団法人・ジャパンケネルクラブ(JKC)ではどのように定められているのでしょうか?

柴犬のスタンダードカラーとして認められているのは、私たちがよく見る茶色の柴犬のカラーである赤、黒柴と呼ばれている黒褐色の他に、胡麻、黒胡麻、赤胡麻の5色が認められています。どのカラーにも顎から首、胸、腹、足、尻尾の後ろ側が白くなければならず、これを裏白と呼ぶようです。

ではスタンダードとして認められていないカラーはあるのでしょうか?柴犬では背中のカラーに他のカラーが混ざっている斑や、最近人気の出てきている白はスタンダードカラーとしては認められていません。

 

公益社団法人・日本犬保存会とは?

柴犬は日本古来の犬種である認められて、国から天然記念物として認定を受けている犬種の1つですね。柴犬以外では紀州犬、四国犬、北海道犬、甲斐犬、秋田犬が国の天然記念物に指定されており、これらの犬種の犬籍の管理と整備、保護・繁殖、それぞれの犬種の体型能力の向上と改良などをおこなっている犬種団体が、公益社団法人・日本犬保存会という犬種団体です。

公益社団法人・日本犬保存会のホームページ上では柴犬のカラーは赤毛、黒毛、胡麻毛の3種類であるとされていて、その80%が赤毛の犬で占められているとされています。また一般社団法人・ジャパンケネルクラブではスタンダードカラーとしては認められていませんが、白い柴犬も少数存在することが記載されています。

Puppy and kitten show paws above white banner. isolated

胡麻ってどんなカラー?

スタンダードカラーとしても認められている胡麻というカラー。なかなか聞き覚えのないカラーですね。前にも書きましたが柴犬の80%を占めるのは赤といわれる茶色と白のカラーの犬で、黒褐色が10%、白が残りの10%のほとんどを占めていて胡麻というカラーは白の柴犬よりもさらに希少だといわれています。

では胡麻とはどのようなカラーなのでしょうか?

胡麻とは赤毛と黒毛と白毛がほどよく綺麗に混ざっているカラーのことです。赤と黒がうまくまじりあっている様子は、日本の粋を表現しているようなとても渋みのある美しいカラーなので、ドッグショーなどではかなり高い評価を受けているカラーです。赤胡麻と黒胡麻の違いはどちらのカラーが強く出ているかで分けられるようです。

柴犬らしいとても美しいカラーなのですが繁殖がとても難しいカラーで、胡麻として生まれてきても成長とともに黒毛が抜けて赤毛の犬になってしまうこともあり、なかなか頭数を増やすことができないカラーのようですね。

imasia_9887586_S

まとめ

柴犬のカラーについて色々と調べてきましたがいかがでしたか?

日本犬らしさを持ちながら小柄でコンパクトな体つきをしていることから、室内犬としても人気の高い柴犬に、白や胡麻など希少なカラーがあることがわかりましたね。柴犬はカラーだけでなく顔立ちにもキツネ顔とタヌキ顔の2つのタイプがあるといわれています。

キツネ顔は鼻が細長くツンとした印象の面長で細い顔立ちをしており、縄文時代から存在しているといわれている柴犬の古来からの顔つきだといわれています。対してタヌキ顔は新柴犬とも呼ばれていて頬が丸くぽっちゃりとした顔立ちをしていて、筋肉質でがっしりとした体型の犬が多いようです。

同じ柴犬でもカラーも顔立ちも体つきもさまざまで実はとっても個性豊かな犬種なのですね。

【柴犬の関連記事】

柴犬の飼い方、柴犬との暮らしで注意すること【ペットシッターが解説】

 
 

関連カテゴリ