2016年12月23日更新

【動物看護師が徹底解説!】多頭飼育で愛猫が風邪をひいたらどうするべき?

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

 

多頭飼いをしている飼い主さんが頭を抱えてしまうことといえば、どの子か一頭が風邪をひいてしまった時ではないですか?入院になったのならまだしも、自宅療養が必要になった時はどうすればよいのでしょうか?

 

まずは病院に

風邪かな?と思う症状がみられたら、まずかかりつけの動物病院へ受診しましょう。そのまま放置してしまうと、自宅で飼育している猫全頭同じ風邪に感染してしまうことになります。常にお互いに風邪の原因となるウイルスや細菌にさらされていると、自然治癒も難しく風邪が重篤化する一方となります

風邪を引いた猫は隔離を

自宅で看護する際には必ず隔離をしてください。遠くにおくだけでは意味がなく、必ず別室にしなければ意味がありません。

看護をする飼い主さんは必ず手袋などをし、汚物や吐物、目ヤニや鼻水などの体液を清拭した場合には、その手袋を捨てる又は塩素消毒などするようにしましょう。手袋は、使い捨ての薄手のビニール手袋が一番おすすめです。また、風邪を引いた猫を隔離している部屋は1日に数回換気をし、空気を清潔にしましょう

風邪を引いた猫を隔離しているからといって放し飼いにするのはもってのほかです。必ずケージなどに入れ、隔離をしてください。どこでくしゃみをして、どこで嘔吐するかわかりません。感染を広げる原因になります。

 

ワクチンの有無は関係ない

ワクチンを接種していたとしても、隔離をしなくてよい、猫風邪には感染しないわけではありません。ワクチンは100%の予防ではなく、かかった際に重篤化しないために接種するものです。また、4種以下のワクチンを接種している場合は、ワクチンを打っていたとしても猫風邪の原因であるすべてのウイルス、細菌を防御できているわけではないので注意が必要です。

早期に治療を始めること

動物病院嫌いの猫は多く、連れて行くのは億劫になってしまいがちですが、必ずかかりつけの動物病院へ連れて行きましょう。似たような症状が違う同居猫に出たときも同じです。

治療が終わり、隔離が解除された場合は、ケージや部屋を徹底的に消毒しましょう。くしゃみや吐物は思った以上に広い範囲に飛び散っているので、ケージ周辺の床、カーペット、カーテンなどは洗濯したほうが良いでしょう。猫風邪の原因となるウイルスや細菌は体外に排出されても1ヶ月以上は感染力が維持されるので注意が必要です。

 
 

関連カテゴリ