2017年5月18日更新

柴犬に洋服は必要?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

日本犬ならではのシュッとしたかっこよさと健気なまでの飼い主愛が魅力の柴犬。かっこよく服を着こなしている写真を見ると「着せてみたい!」と思う飼い主の方も多いようですね。でも柴犬に洋服を着せるのはサイズをあわせるのがなかなか難しいようです。今回はそんな柴犬に洋服を着せることについて調べてみました。

 

柴犬に洋服は必要?

柴犬に洋服を着せることには賛否両論あるようです。確かに柴犬は日本犬なのでトイ・プードルやチワワなどの洋犬と比べて日本の気候風土にあった体質をしています。つまり洋犬のように季節にあわせて洋服を着せ、暑さや寒さを防ぐ必要はないわけですね。

お洒落のためだけなら犬にとって違和感のある洋服を無理に着せる必要はないことになってしまいます。

では柴犬に洋服が必要なことがあるのでしょうか?柴犬に洋服が必要な場面として考えられるのは次のような事柄です。

素材dog-1203351_640

公共の場所へ連れて行く時

柴犬に洋服を着せる必要がある最大の場面は、ドッグカフェや旅行先など公共の場所へ一緒に連れて行く時です。

柴犬の被毛はやや固くまっすぐな上毛と、淡い色合いの柔らかく綿のような下毛の2重構造をした、ダブルコートと呼ばれる被毛の構造をしています。柴犬のようなダブルコートの犬種は寒冷地で育種改良された犬種が多く、下毛が抜け替わることで季節にあわせた体温調整をおこなっています。

柴犬も例外ではなく換毛期と呼ばれる春から夏にかけてと秋から冬にかけて、下毛が生え変わるためかなりの量の抜け毛があります。

柴犬の下毛は綿のように柔らかく細かい毛質をしているため、洋服など布製の物にべったりと付着してなかなか取れない厄介なもののようです。自宅ならば粘着ローラーや掃除機で対処することもできますが、公共の場所ではそうはいきませんね。また公共の場所では犬の毛にアレルギーを持った人も利用している可能性があります。

利用者への配慮から最近ではドッグカフェや犬と泊まれるペンションなどでは、洋服の着用を義務付けているところも増えてきているようです。公共の場所へ柴犬を連れて行く時は、毛の抜け落ちを防ぐために洋服を着用することはマナーの1つのようです。

花粉やノミ・ダニの多い場所へ連れて行く時

柴犬はアレルギーを持っている犬が多い犬種だといわれています。特にアトピー性の皮膚炎には注意が必要な犬種で、痒みや腫れ脱毛などの症状を起こすことが多いようです。アトピー性の皮膚炎はアレルゲンとなる物質が肌に付着したり、呼吸とともに吸い込むことで発症します。

アレルゲンとなるものにはさまざまなものがありますが、主なものとしては花粉、ノミ・ダニなどの寄生虫、ハウスダストなどがあげられます。

アレルゲンを呼吸とともに吸い込んでしまうことは防ぐことができませんが、洋服を着て入れば肌への付着は防ぐことができますね。花粉や寄生虫の多い自然の中を散策するような時や、ドッグランで遊ばせる時などは洋服を着せてアレルゲンの付着を予防して、アレルギーの発症を抑えてあげるとよいようです。

強い日差しを受ける場所へ連れて行く時

柴犬は密集した下毛が肌を守るため、他の犬種よりは紫外線への抵抗力が高いといわれていますが、黒褐色の柴犬の場合は太陽光を吸収しやすいため被毛の中の温度が上がりやすい性質を持っているようです。

黒褐色の柴犬の場合は強い日差しを浴びるような場所へ連れて行く時は、白い洋服を着せて太陽光の吸収を弱めてあげるとよいようですね。

また寒さには強い柴犬ですが、近年の猛暑には適応できずに熱中症を発症してしまうこともあるようです。頻繁にパンティングをしていたり、暑さでぐったりしているような場合は、水で濡らして着る洋服や肌に触れるとひんやりするクール素材でできた洋服などをうまく活用して、暑い夏を快適に過ごさせてあげる必要もあるようです。

imasia_9887586_S

体にあった洋服を選びましょう

柴犬に洋服を着せる時の難点が、既存の洋服で着られるサイズの洋服を見つけることが難しい点です。体つきは小柄ながら首が太く鳩胸な柴犬の場合は、首のサイズにあわせると体がぶかぶかで、体のサイズにあわせると今度は首が窮屈になってしまうことが多いようですね。

もちろん既存の洋服でも前空きの洋服の場合はボタンやファスナーで調整すると着ることができるようですが、できるだけ着心地のよいものをと考える柴犬専門の洋服を扱っているお店か、オーダーメードで洋服を作ってくれるお店に頼むのがよいようです。専門店はネット販売しているお店が多く、柴犬、洋服で検索するといくつものお店を見ることができます。

思うようなお店や洋服が見つからない時は、手作りしてみるのもよい方法ですね。犬の洋服の型紙はネットでも本でも手に入れることができます。1度愛犬のサイズを採寸して型紙をなおしてしまえば、いつでも愛犬にぴったりの自分好みの洋服を作ることができるというメリットも手作りにはあるようです。

 

嫌がる場合は無理をさせない

柴犬はやや神経質なところがあり、気になることがあるとストレスを溜めてしまいやすい犬のようです。そのため他の犬種よりも洋服に対する違和感を強く持つ犬が多いようで、無理に着せているとストレスから体調を崩してしまう場合もあるようです。

「無理して着せなければいいじゃない。」と思う方も多いようですが、前にも書いているとおりドッグカフェなどの公共の場所へ連れて行く時には、洋服を着なければならない場面も多くあります。一緒に出かけられるようにするためには、ある程度洋服に慣らしておく必要があるのです。

洋服に慣れてもらうためには、無理をさせずに少しずつ着ていられる時間を伸ばしていってあげることが大切です。

洋服に着慣れさせる第一歩は、まずできるだけ軽く違和感のない洋服を選んで着せることから始めます。着る場所もできるだけ安心できるいつも過ごしている場所を選びましょう。着せて嫌がるようならすぐに脱がしてあげます。絶対に無理をさせてはいけません。少しでも着ていられたらたっぷりと褒めてあげます。これを繰り返して少しずつ着ていられる時間を伸ばしていきます。

洋服に慣らす時も他のしつけと同じ様に、小さな頃から始めるとスムーズに着られるようになることが多いようです。トイレやおすわり、待てなどの基本的なしつけが終わったら、早めに洋服を着ることに挑戦してみるとよいですね。

脱いで過ごすことも大切

柴犬に洋服を着せることに反対する意見の多くは、洋服を着せることで従来柴犬が持っている季節や環境への順応性が薄れてしまうというものです。確かに一理ある意見だと思います。柴犬は屋外で飼育することもできるほど環境への順応性が高い犬種ですから、その順応性を薄れさせてしまうのは健康面を考えてもできる限り避けたいところです。

温度管理が行き届いた部屋で、洋服を着せて過保護に過ごさせてしまうと、せっかくの順応性を鈍らせてしまうことにもつながります。温度管理のできている室内では洋服を着せずに、ありのままの姿で自由に過ごさせてあげるとよいですね。

素材_shutterstock_309942500

まとめ

柴犬に洋服を着せることについて色々と調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

犬の洋服を手作りする時に注意しなければならないことは、着ている時に犬が噛んでとってしまうことができる装飾を付けないようにすることです。特にボタンやリボンなどの小さなものは、誤飲の危険性があるので付ける位置に注意が必要になります。

柴犬の洋服は活発な柴犬の動きを妨げない着心地のよい服が1番です。過度な装飾を避けてシンプルでかっこいいデザインの洋服にしてみてはいかがでしょうか?

【柴犬の関連記事】

柴犬の飼い方、柴犬との暮らしで注意すること【ペットシッターが解説】

 
 

関連カテゴリ