2016年12月12日更新

【今日のにゃんグッズ】まるで猫のマンション!宮大工さんが作った「猫まみれツリージャングル」

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

複数の猫を飼ってみると、猫によって個性がまったく異なることに驚きます。体のサイズや性格、好き嫌いなどさまざまで「猫とはこんな動物」とひとくくりに片付けることができません。そんな猫たちの個性や飼い主さんの要望にひとつひとつ向き合って生まれたのが、今回ご紹介する「猫まみれツリージャングル」です。

 

宮大工さんが飼い主さんの気持ちに応えました

「猫まみれツリージャングル」はいままでのキャットタワーに不満を感じていた飼い主さんの声から生まれた究極のツリーハウスです。例えば「多頭飼いしているから、タワーの中に寝る場所を増やしてほしい」という要望に応えて5つのハウスを作りました。また、「太った猫や子猫のために登りやすい工夫をしてほしい」という声には、ハート型の踏み台を16cmの間隔で4枚はめ込んで階段にすることで対応しました。階段があるので、ジャンプ力がなくてもタワーの3階までゆっくりあがることができます。
さらに2 階の箱の内寸が幅45cm×奥行27cm×高さ13cmもあったり、3階にある2つのハウスが中で繋がっていて奥の内寸が66cmもあるのは、「大きな猫でも入れるハウスを」という声に耳を傾けた結果なのです。

しかも、宮大工さんが天然木を使って丁寧に作っただけあって安心の品質ですし、大人の男性が乗ってもビクともしない頑丈な作りも自慢。お値段は安くありませんが猫の一生ものと考えれば、高い買い物ではないのではないでしょうか。

サイズはいろいろ、猫の頭数や部屋の広さに合わせて選んでください

ご紹介した「猫まみれツリージャングル」はかなり大きなサイズですが、この他にダウンサイジングした姉妹品「猫まみれツリー城」や「猫まみれツリーハウス」があります。「ツリージャングルはちょっと大きすぎる」という人は飼っている猫の数や部屋の大きさに合わせて、そちらもチェックしてみてください。

  • サイズ:幅約82cm×奥行約73cm×高さ約156cm(ハート台のつけ方によっては幅、奥行が変わります。)
  • 素材: 天然木