小型犬でも難易度高め?ジャック・ラッセル・テリアの飼いやすさについて

大きな瞳にいたずら好きで好奇心旺盛な光を浮かべているジャック・ラッセル・テリア。何とも愛らしい姿から日本でも人気の高い犬種ですね。しかしジャック・ラッセル・テリアの飼育難易度は小型犬の中ではかなり高い方だといわれています。今回はそんなジャック・ラッセル・テリアの飼いやすさについて調べてみました。

 

ジャック・ラッセル・テリアの性格は?

ジャック・ラッセル・テリアはテリア犬種の中ではまだ新しい犬種で、19世紀にジョン・ラッセルという牧師によって作り出された犬種だといわれています。ジョン・ラッセルはキツネ狩りを愛好しており優秀な猟犬の資質を持つ犬種を生み出すべく、フォックス・テリアを元にビーグルやボーダー・テリアなどの猟犬との交配を重ねたました。

最終的には猟犬としての優秀さだけでなく、キツネの巣穴へ潜ってもひるむことなくキツネを仕留めることができる勇敢な気質が必要との考えから、より気性の激しいブルテリアなどとの交配がおこなわれ生み出されたのが、イギリスタイプのジャック・ラッセル・テリアだといわれています。

イギリスタイプのジャック・ラッセル・テリアは生粋の猟犬として生まれてきたため、ペットとして人とともに生活をしたりドッグショーへ出陳するには気性が激しすぎるので、現在ではあまり見かけないタイプとなっているようですね。

日本で多くみかけるのはオーストラリアタイプと呼ばれているジャック・ラッセル・テリアで、イギリスタイプと比べて気性がやや穏やかなので、家庭での飼育やショードッグに適したタイプになっています。オーストラリアタイプはウェルシュ・コーギー・ペンブロークなどとの掛け合わせがおこなわれているため、足が短く体高の低い体格をしています。

イギリスタイプよりは穏やかだといわれているオーストラリアタイプですが、キツネ狩りをおこなう猟犬としての気質は健在です。いわゆるテリア気質といわれるもので、テリア気質としてよく言われていることは次のようなものがあります。

  • 頭の回転が速い
  • 人への依存度が低いためしつけをする際は忍耐力が必要
  • 気が強く勇敢
  • 諦めることを知らないやや興奮しやすい性質

ジャック・ラッセル・テリアは小柄で見た目が可愛らしいので、愛玩犬として考えがちですがテリア特有の激しい気性を持っており、しっかりとした信頼関係を築くができなければ、攻撃的で手におえない犬へと成長してしまう可能性が高いといわれています。この点がジャック・ラッセル・テリアはしつけの難易度が高く、見た目だけで飼ってはいけない犬だといわれる理由のようです。

犬_素材
 

ジャック・ラッセル・テリアのしつけはしやすい?

ジャック・ラッセル・テリアは猟犬としての本能が強い犬種なので、飼い主に対しての服従心は強く聡明でコマンドは入りやすいといわれています。

ただし聡明で勇敢なジャック・ラッセル・テリアは、飼い主となる相手を見定めるようなところがあり、自分を任せることができる相手だと認めないと、逆に相手をうまくコントロールをして自分の思うように動かそうとするところがあるようです。この状態をそのままにしておくと次第に思うようにいかないと攻撃的な態度を取るようになり、手におえない凶暴な犬へと成長してしまう可能性があります。

ジャック・ラッセル・テリアのしつけで1番大切なことは、必ず飼い主が犬の上位に立ちリーダーシップをとってあげることです。そのために必要なことは家族の中で犬とのルールを決めて、一貫した態度で接していくことです。特に叱る時と褒める時のコマンドや態度を決めておくとよいですね。

もう1つ重要なことはしっかりと社会化をしてあげることです。社会化とは家族以外の人や他の犬に対する接し方を学ばせ、犬に社会性を身に付けることを言います。もっとも望ましい社会化は、生後3ヶ月までの間に親犬や兄弟犬から犬同士のコミュニケーションの取り方を学び、ブリーダーから人との関わり方を学ぶことが望ましいといわれています。

このことからジャック・ラッセル・テリアはペットショップなどから購入せずに、良心的に繁殖を続けているブリーダーから社会化ができている子犬を直接譲ってもらう方がよいといわれています。もしもペットショップから3ヶ月前の子犬を購入する場合は、覚悟を持って社会化をおこなう必要があるようです。

社会化のできていないジャック・ラッセル・テリアは噛み癖を持つ犬が多いといわれています。キツネを仕留めることができるほど顎の力が強いジャック・ラッセル・テリアに本気で噛まれると、子犬でも流血するほどのケガにつながります。まずは家族の中でしっかりと噛み癖をなおしてあげる必要があります。

犬同士のコミュニケーションについてはワクチンが済む4ヶ月から、多くの犬と触れ合う機会を設けてあげるとよいでしょう。ただしジャック・ラッセル・テリアは小型の動物を狩る本能を持っているため、社会化ができていない状態で体の小さいチワワやシー・ズーなど遊ばせるのは危険です。まずは飼い主がリードを付けてコントロールしている状態で、犬同士の挨拶から始めるとよいですね。

 

ジャック・ラッセル・テリアの抜け毛と臭いは?

ジャック・ラッセル・テリアは温暖な地域では屋外での飼育も可能な犬種ですが、警戒心を付けず家庭犬として飼育するなら室内で一緒に生活をしてあげる方がよいようです。室内で犬を飼う時の飼いやすさの目安の1つが、抜け毛の量と臭いではないでしょうか?

ジャック・ラッセル・テリアには3つのタイプの毛質があります。固く短い毛が均一に生えているスムースコート、ジャック・ラッセル・テリアの中では1番長毛で毛の量が多く柔らかい毛質のラフコート、スムースコートとラフコートの中間的な毛質で長毛と短毛が混ざり合った毛質をしているブロークンコートの3つのタイプです。

3つのタイプに共通しているのは1年を通して抜け毛があり、抜ける量も多いということです。もっとも抜け毛が多いといわれているのが、意外なことに1番短い毛質をしているスムースコートで、短く固い毛が洋服や家具にビッシリと刺さり掃除が大変なようですね。ジャック・ラッセル・テリアは毎日のブラッシングなど抜け毛の対策が必要になります。

抜け毛が多いかわりにジャック・ラッセル・テリアは臭いはあまり気にならない犬が多いようです。確かに運動量が多く汗をかきやすいといわれているため、なかには体臭が気になる犬もいるようですが、基本的には抜け毛の対策と同様に毎日ブラッシングをして、定期的にシャンプーをすることで被毛と皮膚を清潔にしておけば、臭いの心配はあまりないようです。

素材snout-1444697_640
 

ジャック・ラッセル・テリアのかかりやすい病気は?

ジャック・ラッセル・テリアはとても健全で健康的な犬が多い犬種だといわれています。病気への心配が少ない点は飼いやすさとしてはポイントの高いところですね。

しかし運動量が多く活発なジャック・ラッセル・テリアは骨や関節の病気には注意が必要なようです。特にジャック・ラッセル・テリアの場合は膝蓋骨脱臼に注意が必要だといわれていますね。膝蓋骨脱臼は後ろ足の膝蓋骨(膝のおさら)が脱臼(ずれたり外れたり)してしまう病気です。骨や筋肉の形成異常で起こるような場合は先天性、高いところから落ちるなどがきっかけで発症する場合は後天性といいます。

症状としてはスキップのような歩き方をする、脱臼した足をかばい3本の足で歩く、つま先立ちのような歩き方をする、膝が腫れている、歩きたがらない、立ち上がりにくそうにするなどがあります。治療法としては膝蓋骨を正常な位置に戻す手術を受けるのですが、あまり病気が進行してしまうと骨が変形してしまい、手術に適さない状態になってしまうことがあります。そのため早期発見、早期手術が必要になる病気です。

その他にもレッグペルテスや糖尿病、白内障などに注意が必要だといわれています。

ジャック・ラッセル・テリアの飼育費用は?

ジャック・ラッセル・テリアは飼育費用の面で考えると、比較的飼いやすい犬種だといえるでしょう。運動量も多く食欲旺盛でよく食べる犬種のようですが、それほど多くのエサを必要とするわけではありませんので、食費やおやつ代も多くはかかりません。

また犬の飼育費用の中で大きな部分を占める医療費についても、健康的で長生きな傾向のあるジャック・ラッセル・テリアの場合は、他の犬種と比べて費用がかからない場合が多いようです。

飼育環境を整えるために必要なケージやトイレなども小型犬用の物で大丈夫なので、大型や中型の犬種のようにはかかりませんし、トリミングについてもショーなどに出陳するためにテリアらしい硬い毛質を守る必要がなければ、自宅でブラッシングとシャンプーをするだけで十分だといわれています。

このような点からジャック・ラッセル・テリアは飼育費用の面ではポイントの高い犬種だといえます。

素材dog-1285647_640

まとめ

ジャック・ラッセル・テリアの飼いやすさについて実際に生活をすることを考えて、色々と調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

ジャック・ラッセル・テリアは見た目が可愛らしく、一目ぼれをして飼ってしまうような人も多いようですが、性質的なことを考えるとある程度犬のしつけについて知識がある人が飼うのが望ましい犬種のようです。特に小さなお子さんがいる場合や、すでに他の動物を飼っているような環境で飼育するには、噛み付き事故などの危険があるため向かない犬種だといわれています。

また小型犬の体に大型犬のパワーを秘めているといわれるほどタフなジャック・ラッセル・テリアは、同じ小型犬でもシー・ズーなどの愛玩犬とは異なりしっかりとした運動量が必要な犬種です。知的な好奇心も強いため、肉体的にも知能的にも満足できる状態を保ってあげないと、ストレスから問題行動を起こすことも多いようですね。

ジャック・ラッセル・テリアを飼うことができる人は、しつけや毎日の散歩など犬に対して向き合う時間をしっかりととり、根気強く犬と接することができる人のようです。

関連記事