2017年5月18日更新

ジャック・ラッセル・テリアの散歩には首輪がいいの?ハーネスがいいの?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

可愛らしい見た目とは裏腹に疲れ知らずとまでいわれるスタミナを持つジャック・ラッセル・テリア。たっぷりの運動量が必要なジャック・ラッセル・テリアには毎日の散歩は欠かすことができません。今回はそんなジャック・ラッセル・テリアの散歩には首輪がいいのかハーネスがいいのかについて調べてみました。

 

首輪とは?ハーネスとは?

犬の散歩デビューを前に飼い主の方の多くが悩むことが、リードを付けるのは首輪がいいのか?それともハーネスが適しているのか?ということではないでしょうか。犬種によってそれぞれ適した使い方もあるようですが、ジャック・ラッセル・テリアに適している使い方を考える前に、首輪とハーネスはどのようなものなのかをご紹介しましょう。

首輪の特徴

首輪と聞いてまず思い浮かべる物は犬の首に巻かれている、皮でできたベルトのようなものではないでしょうか?最近では首輪にもさまざまな形式のものが販売されていて、素材も皮だけではありませんが、犬の首に巻いて使う道具であることには変わりはありません。

つまり首に巻くということが大切なのですね。ではなぜ首に巻くのでしょう?犬のしつけはルールを守れていない時に、目上の犬が目下の犬の首を噛んで間違いを正します。つまり首輪を巻くということは犬に対して常に飼い主が上位であることを示し、しつけの際に首輪を引くことで首に衝撃を与え間違いを正すことができるのです。

首輪を巻く事にはしつけの他に迷子犬への対策の意味もあるといわれています。犬が首輪を巻いていれば一目でその犬に飼い主がいることがわかりますね。首輪に迷子札や直接連絡先を記入しておけば、保護された時にすぐに連絡をもらうこともできます。

またジャック・ラッセル・テリアのようにやや興奮しやすい犬種の場合は、他の犬に吠えかかるなど危険な状態になった時にとっさに首輪を掴んで止めることもできます。このようなことから首輪は散歩いがいの時でも常時付けておくことが望ましいといわれています。

犬_素材

ハーネスの特徴

最近ではハーネスも犬の散歩用のグッズとして浸透してきていますが、本来はそり犬をそりにつなぐために開発された道具です。そり犬の多くは極寒の地域で車が通れないような道を、重い荷物や人を引いて長時間走り続けます。首輪では首に負担がかかり過ぎて、長時間重い荷物を引き続けることは困難ですね。

ハーネスは首輪に比べて首や体にかかる負担が少なく、犬が物を引っ張って走りやすいような形状になっています。現在はそり犬だけでなく盲導犬や介助犬など、長時間人を導いて歩く使役犬と人とをつなぐ道具としても活用されていますね。

家庭犬が散歩で利用するハーネスの多くは、リボン状のものを前足に通すような形のものが多いようですが、より体への負担が少ないベストタイプの物や、しつけにも利用することができる物など、首輪同様にハーネスにもさまざまなものが販売されているようです。

それぞれのメリット・デメリット

首輪やハーネスがどのようなものかがわかったところで、ジャック・ラッセル・テリアにどちらが適しているのかを考えるために、それぞれを散歩に利用する時のメリットとデメリットはどのようなものがあるのかを理解しておきましょう。

首輪のメリット・デメリット

メリット

  • 着脱が簡単に行える
  • いつもつけておくことができる
  • 首に直接ショックを与えることができるので犬とのコミュニケーションが取りやすくしつけに向いている

デメリット

  • 首が細く頭の小さい犬種の場合は抜けやすい
  • 引っ張った時に首や気管に負担が大きい

ハーネスのメリット・デメリット

メリット

  • 引っ張っても首や気管に負担がかからない
  • 胴に回すので抜けにくい

デメリット

  • 犬が引っ張りやすい構造なので引っ張り癖を付けやすく治しにくい
  • 犬が咬んで壊してしまう可能性があるので装着をしたままにしておくことができない
  • 前足を通して胴体に回さなければならないので着脱に時間がかかる

犬_素材dog-947722_640

 

ジャック・ラッセル・テリアに適しているのは首輪?ハーネス?

首輪とハーネスの特徴やそれぞれのメリット・デメリットをふまえて、ジャック・ラッセル・テリアが散歩に使うにはどちらが適しているのかを考えてみましょう。

ジャック・ラッセル・テリアはやや興奮しやすい傾向がある犬種です。特に急な動きをするものや音に対して敏感に反応する所があり、バイクや鳥など狩猟本能をくすぐるようなものに対して、瞬間的に飛び掛かって行ってしまうようなところがあるようです。そのため散歩中のトラブルも多く、飛出しなどによる交通事故も多い犬種だといわれています。

ジャック・ラッセル・テリアと安全に散歩をするには、必ずリーダーウォークの訓練をおこなっておく必要があります。リーダーウォークの訓練には、ハーネスよりも首輪がロングリードよりもしっかりとした素材の短めのリードが適しているといわれています。

首輪とリードを利用してリーダーウォークを教える時に注意しなければいけない点は、嫌がって暴れたり急に引っ張られた時に首輪はハーネスよりも抜けやすいという点です。暴れることなく訓練ができるようになるまでは室内や家の近所など、首輪から離れてもすぐに捕まえることができる場所を選んで訓練するとよいですね。

またジャック・ラッセル・テリアは噛み癖がある犬が多く、キツネを仕留めることができるほどの顎の力を持っているため、気に入らないことがあるとリードや首輪を噛みきってしまうことがあります。リーダーウォークの訓練に使用する首輪やリードはできるだけしっかりとした素材の物を選ぶことがおすすめです。

ジャック・ラッセル・テリアの場合は首や気管などに障害がない犬は、リーダーウォークが定着し落ち着いて飼い主について歩くことができるようになるまでは首輪とリードを使用して、落ち着いて歩くことができるようになったら散歩中の事故防止のために抜けにくいハーネスに切り替えるとよいようです。

散歩嫌いの理由の1つは首輪やハーネスにある?

運動が好きなジャック・ラッセル・テリアの中にも、散歩が苦手な犬もいるようです。散歩が嫌いな理由はさまざまなものがありますが、首輪やハーネスに対する違和感から歩かないという場合も多いようです。

首輪もハーネスも付けてすぐに散歩に出かけるのは犬にとっては気持ちの悪いことのようです。まずは付け慣れることから始めてあげることが大切ですね。

首輪やハーネスに慣らすにはまず室内で首や胴に軽いリボンのようなものを巻いて、何かを巻くことに慣らしてあげるとよいでしょう。リボンが巻かれていても気にしなくなってきてから、首輪やハーネスを巻くようにします。

それでも皮や布の感触に慣れずに嫌がることも多いと思います。その場合は無理をさせずすぐに外してあげましょう。少しずつ慣らしてあげることが大切です。巻かれていても落ち着いていられるようになったら、散歩の前の準備として室内でリードを付けて遊んであげましょう。

室内で遊ぶことに慣れてきたら初めて外へと散歩に出かけてみましょう。最初は外の雰囲気に緊張して慣れたはずの首輪やハーネスを嫌がることもあるかもしれません。その時も無理をさせず、犬のペースにあわせてあげることが大切です。少し歩けたらたくさん褒めてあげましょう。これを繰り返して少しずつ距離を伸ばしていきます。褒める時にご褒美のオヤツをあげるのも効果的なようです。

首輪からハーネスもしくはハーネスから首輪へ変更する時もこの手順を踏んで徐々に慣らしてあげると、散歩を嫌がることなくスムーズに切り替えることができます。

素材small-672794_640

まとめ

ジャック・ラッセル・テリアには首輪が適しているのかハーネスが適しているのかを、散歩で利用することを中心に調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

狩猟本能の強いジャック・ラッセル・テリアにとって、どんなに訓練を積んでも動くものに対して瞬時に反応してしまう癖を抑えるのは難しいようですね。そのためジャック・ラッセル・テリアは交通事故による死亡が多い犬種だといわれています。

ジャック・ラッセル・テリアを散歩に連れて行く時は、狩猟犬であることをしっかりと念頭において、愛犬の安全を確保するためにも、常に飼い主がコントロールできる状態を保ってあげることが大切です。そのためには可愛いデザインの物よりも素材やサイズにこだわって、安全に使用できる首輪やハーネスを選んであげるよいですね。