2017年5月18日更新

毛質だけじゃないカラーも色々!ジャック・ラッセル・テリアのカラーについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

短毛のスムース、長毛のラフ、短毛と長毛の混ざったちょっと粗いブロークンと個性豊かな毛質を持つジャック・ラッセル・テリア。つい毛質に目が行きがちですが、実はカラーも魅力的な要素が色々とあるようです。今回はあまり知られていないジャック・ラッセル・テリアの被毛のカラーについて調べてみました。

 

ジャック・ラッセル・テリアの被毛の特徴は?

ジャック・ラッセル・テリアの魅力の1つは個性豊かな毛質ですね。カラーをご紹介する前にジャック・ラッセル・テリアの毛質についてお話ししましょう。

ジャック・ラッセル・テリアには3つのタイプの毛質があります。

スムースコート

短い直毛が密集したように生えており、すべすべとして手触りをしています。3つのタイプの中でもっとも抜け毛の多い毛質をしており、やや固い短毛のため洋服や家具に刺さってしまうことが難点のようです。

抜け毛は多いのですがトリミングの必要がなく、ブラッシングやシャンプーが楽に行えるので被毛のケアには手がかからない毛質だといわれています。

日本にいるスムースコートは本来のスムースコートよりもやや長い毛質をしている犬が多いようですね。

ラフコート

長くサラッとした手触りの毛質をしています。3つのタイプの中でもっとも毛の量が多く、モジャモジャとして可愛らしい見た目をしています。ラフコートはテリアらしい固い毛質を保つためにはストリッピングというトリミングが必要になります。

ブロークンコート

ジャック・ラッセル・テリアに最も多い毛質だといわれており、短毛と長毛が混ざって生えています。とてもバラティーに富んだ毛質で、ワイヤーのような剛毛から柔らかくサラッとした毛質までさまざまな手触りの犬がいるようです。

ブロークンコートもラフコートと同様に、固い毛質を保つためにはストリッピングが必要になるようです。

素材_shutterstock_250818478

ジャック・ラッセル・テリアのスタンダードカラーは?

ジャック・ラッセル・テリアの日本でのスタンダードカラーについて、一般社団法人・ジャパンケネルクラブ(JKC)ではどのように定められているのでしょうか?

ジャック・ラッセル・テリアのスタンダードカラーは、ベースのカラーであるホワイトが優勢でなければならないとされています。またベースカラーのホワイトの中にブラックやタンのマーキングがあることとされており、マーキングカラーのタンの色合いは明るいものからチェスナットと呼ばれる濃いものまで、幅広いグラディエーションの色が認められています。

 

人気カラーのご紹介

ジャック・ラッセル・テリアの人気のカラーをご紹介しましょう。

ホワイト&タン

ジャック・ラッセル・テリアでもっとも多いカラーです。ベースのホワイトカラーに部分的にタンのマーキングが入ったカラーになります。スタンダードカラーのところでも書きましたが、タンの色合いは薄い茶色からチェスナットと呼ばれる濃いものまで、カラーバリエーションがあります。

ホワイト&ブラック

ベースのホワイトカラーに部分的にブラックのマーキングが出るカラーです。ジャック・ラッセル・テリアではとても珍しいカラーで、あまり見かけことがないカラーですね。

トライカラー

トライカラーとは3色からなるカラーのことで、ジャック・ラッセル・テリアの場合はホワイト・タン・ブラックの3色で構成されます。ベースのホワイトカラーにタンとブラックが混ざったマーキングが現れるカラーです。

素材dog-1285647_640

ミスカラーはあるの?

犬種によってはスタンダードとして認められていないカラーがあります。スタンダードカラーとして認められていないカラーはミスカラーと呼ばれており、ドッグショーへ出陳すると大き減点になってしまい、繫殖を考えている場合はミスカラー同士の掛け合わせは見合わせた方がよいなど注意が必要になるようです。

ではジャック・ラッセル・テリアにはミスカラーはあるのでしょうか?

ジャック・ラッセル・テリアでスタンダードカラーとして認められていないカラーは、ホワイト&ブルー、ホワイト・ブルー&タン、ホワイト・チョコレート&タンの3色です。

成長にあわせて変色することも楽しみのうち

ジャック・ラッセル・テリアのカラーの特徴としては、成長とともに変色していくことが多いということです。子どもの頃はホワイト&タンなどのパーティーカラーだったのが成長とともにトライカラーへ変化していったり、マーキングのなかった部分にマーキングが現れたりといったことも起こるようですね。

ジャック・ラッセル・テリアの変色でもっとも多いのは、マーキングのカラーが薄くなっていくことと面積が広がっていくことのようです。

特に顔の部分のマーキングが広がっていくことが多く、子犬の頃に合ったブレーズといわれる頭部から両目の間を通り鼻梁へと抜ける白い線が、成長とともに細くなっていくことがあるようです。そのため、成犬になってもはっきりとしたブレーズが残るカラーを望む場合は、ブレーズが広い子犬を選ぶとよいといわれていますね。

成長とともにカラーが変色していくことはジャック・ラッセル・テリアの魅力の1つです。「こんなカラーの予定じゃなかった。」と考えるのではなく、愛犬がどんなカラーになっていくのかを一緒に楽しんであげるとよいですね。

imasia_11447243_S

まとめ

ジャック・ラッセル・テリアのカラーについて色々と調べてきましたがいかがでしたか?

ご紹介しませんでしたが、ジャック・ラッセル・テリアの中にはマーキングが出ない全身ホワイトの犬もいるそうです。また顔の部分のマーキングも両目に出て中央にブレーズがとおる場合と、アイパンチと呼ばれる片目だけに出る場合があり、アイパンチはユーモラスな風貌が可愛らしく人気のあるカラーになっているようです。その他にもティッキングといって大きなマーキングではなく、水玉模様のような小さなマーキングが全身に現れる場合もあるようですね。

ジャック・ラッセル・テリアのカラーは色合いだけでなく、マーキングの出方や成長とともに変色していくところなど、個性豊かなジャック・ラッセル・テリアらしい特徴を持っているようです。