2017年5月18日更新

運動量豊富なジャック・ラッセル・テリアと一緒にドッグランへ行くには?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

小型犬の体つきながら大型犬並の体力と運動量を誇るジャック・ラッセル・テリア。「自由にたっぷりと走り回らせてあげたい!」と考える飼い主の方も多いようです。そんな時に利用したいのがドッグランですね。今回はそんなジャック・ラッセル・テリアとドッグランに行くにはどうしたらよいのかを調べてみました。

 

ドッグランとは?

最近では高速道路のサービスエリアや大型のアウトレットモールなどにも併設されるようになり、犬を飼っている人だけでなく飼っていない人でも、ドッグランを言う言葉を知っている人が増えてきました。ではドッグランとはどのような施設なのでしょうか?

ドッグランは飼い犬とその飼い主専用の広場のことで、1980年代にニューヨークに作られたのが始まりだといわれています。日本ではドッグランと呼ばれていますが、欧米ではドッグパークと呼ばれることが一般的なようです。

ドッグランの中では犬はリードを離れ自由に走り回ったり、他の犬とじゃれあうことが許されています。そのため多くのドッグランは犬が施設外へ行ったしまうことがないように柵で囲われていたり、他の犬や人の出入りの時に犬が出ていってしまわないように、出入り口が2重扉になっています。

施設の中には犬が水を飲むことができる水場や、飼い主と犬が休むことができるようなベンチ、強い日差しを遮ることができる木立などが配置されていることが多く、利用者が心地よく過ごせるような配慮がされています。

長い散歩よりも質のよい集中的な運動を好むジャック・ラッセル・テリアにとっては、自分のペースで自由に走り回ることができるドッグランは、運動への欲求と知的な好奇心の両方を満たすができる素晴らしい施設です。しかし残念ながら狩猟犬としての激しい気性と小型犬の中では群を抜く運動量から、他の利用者から敬遠されてしまいがちなようですね。

ジャック・ラッセル・テリアと一緒にドッグランを利用するためには、他の利用者の方に安心感を持ってもらい愛犬に対して理解をしてもらうことが必要です。他の利用者の方に安心感を持ってもらうには、しっかりとしつけができていることと利用する際のマナーを守ることが大切になってきます。

素材small-672794_640

利用前に身に付けておくべきしつけは?

気性が激しいなど他の利用者に不安を感じさせてしまうことがあるジャック・ラッセル・テリアの場合は、どうしても他の利用者の方から厳しい目で見られてしまいがちです。他の利用者の方に安心感をもってもらいお互いに気持ち良く利用するためには、飼い主が完璧に愛犬をコントロールできていることをわかってもらう必要があります。

ドッグランを利用する前にしつけが必要なことは、ジャック・ラッセル・テリアに限ったことではありませんが、ジャック・ラッセル・テリアの場合は特にしっかりとできるようになってから利用することが必要になります。

呼び戻し

ドッグランを利用する時に1番必要なしつけが呼び戻しです。

ドッグランの中ではリードを付けずに犬たちが自由に動き回っています。なかにはジャック・ラッセル・テリアの狩猟本能をくすぐるような動きをしている犬もいるかもしれませんし、こちらから喧嘩を仕掛けなくても仕掛けられてしまう可能性もあります。

自由に遊べる場所だからこそ飼い主が少しでも危険だと感じた時に、例え愛犬にとって興味があるものがあったとしても、名前や「おいで」のコマンドで飼い主の元へ戻ってこられるようにしておく必要があるのです。

どんな時でもしっかりと呼び戻しができているということは、周りの方から見ると飼い主が愛犬をコントロールできているという安心感につながります。お互いに気持ち良く利用するために、ジャック・ラッセル・テリアの場合は室内や散歩では100%呼び戻しができている状態にしておくとよいですね。

クールダウン

呼び戻しにあわせて教えておきたいのがクールダウンです。ジャック・ラッセル・テリアは夢中になると興奮しやすい傾向があります。1度興奮してしまうと短い時間で落ち着かせるのは難しいようです。

ジャック・ラッセル・テリアの場合は呼び戻してすぐに離すのではなく、しっかりとクールダウンさせて落ち着きを取り戻してから離すようにしてあげるとよいでしょう。呼び戻しには「お座り」「ふせ」「待て」のコマンドが有効です。

散歩の途中の公園などで「お座り」や「ふせ」をさせた状態で「待て」のコマンドをかけ、人や他の犬の動きにつられることなく待っていられるように訓練しておきましょう。

ドッグランでは呼び戻してリードにつないだ後で、「お座り」や「ふせ」をかけて、他の犬の動きを目で追うことなく飼い主に注目できるようになるまで、「待て」のコマンドをかけて待たせます。クレートを持参して呼び戻しの後「ハウス」でクレートへ入れてクールダウンさせるのもよいでしょう。

もしもどうしても落ち着かない場合は速やかにドッグランの外へ犬を連れだしましょう。ドッグランの近くを散歩するなどして1度ブレイクさせてあげるとよいですね。

社会化

ドッグランの中には貸し切りで利用できるところもありますが、基本的に家族以外の人や他の犬と一緒に利用することになります。そのためドッグランを利用する犬は、人に対してフレンドリーで犬同士のルールを守ることができる犬であることが大前提なのです。

テリア気質のあるジャック・ラッセル・テリアは、小さな頃から家族以外の人や他の犬との交流がない状態で育ってしまうと、排他的な傾向が強い攻撃性のある犬へ育ってしまうことがあるようです。犬に人や犬同士の関わり方を教えてあげることを、犬の社会化といいます。

本来は生後3か月までに親犬や兄弟犬から犬同士のコミュニケーションの方法を学び、ブリーダーから人とのコミュニケーションの方法を学ぶのが理想的なのですが、ペットショップなどで販売されている子犬の場合はうまく学べていないケースが多くあるようです。

テリア気質のため人への依存度が低いジャック・ラッセル・テリアの場合は、警戒心が付かないできるだけ早い時期から社会化を始めることが肝心です。ワクチンの接種が済む4ヶ月頃から積極的に散歩へ出かけ、家族以外の人や他の犬と触れ合う機会を作ってあげましょう。まずはリードを付けた状態で飼い主がコントロールしながら、挨拶の仕方を教えてあげるとよいですね。

絶対にしてはいけないことは社会化のためにドッグランへ連れて行くことです。ジャック・ラッセル・テリアの場合は社会化ができていない状態でドッグランを利用すると、他に犬に対して攻撃的な態度を取ってしまうことが多いようです。他の犬に対して攻撃的な態度を取っていると小型犬用のドッグランでは加害者になってしまう可能性がありますし、逆に大型・中型犬用のドッグランでは被害者になってしまう可能性があり危険です。

飼い主がリードを持っている状態で他の犬とのコミュニケーションがしっかりと取れるようになってから、ドッグランを利用するようにしましょう。

犬_素材

 

利用する時に守るべきことは?

基本的なしつけは犬がドッグランを利用するために身に付けておくべきことですが、飼い主もドッグランを利用する時には守らなければならないマナーがいくつかあります。

ドッグランは公共の施設ですから犬に対する考え方がさまざまな飼い主の方が利用します。お互いに気持ち良く利用するためには基本的なマナーは必要ですね。ドッグランを利用する時のマナーには次のようなものがあります。

利用規約に沿って正しく利用しましょう

ドッグランには施設によって決められた規約があります。利用料金や利用時間などの基本的なものから、ワクチン接種が済んでいることの証明が必要であったり、おもちゃの持ち込みを禁止していたりなど細かい決まりがある場合もあります。

なかには事前に講習会へ出席して会員登録をしないと利用できないドッグランもあるようです。

利用規約はそれぞれの施設で利用者がトラブルなく安全に楽しんでもらえるように考えて作られたものです。施設を利用している間はその施設の利用規約に従って正しく利用することを心がけましょう。

初めて利用するドッグランへ行く時は、事前にホームページや電話などで利用規約を確認しておくとよいでしょう。

愛犬からは絶対に目を離さない

ジャック・ラッセル・テリアとドッグランを利用する時に絶対にしてはいけないことは愛犬から目を離してしまうことです。

どんなに犬や人に慣れていてドッグランの利用回数も多かったとしても、多くの人が利用するドッグランでは、ジャック・ラッセル・テリアの猟犬としての本能はいつどのような形で発揮されてしまうかわからないと考えておく必要があるのです。

常に飼い主が愛犬を監視していて、危険な状態になったらすぐに呼び戻しができる態勢になっていることが、他の利用者の方に安心感を与えることにつながるのです。

排泄は済ませてから、粗相はすぐに片付けましょう

多くの犬が利用するドッグランをできるだけ清潔な状態に保つためには、ドッグラン内で粗相をさせないことが大切ですね。ドッグランを利用する時は自宅で排泄を済ませてから利用するようにしましょう。自宅から離れたドッグランを利用する時は近くを散歩させるなど工夫をして、ドッグラン内で粗相をしないように注意しましょう。

それでも他の犬の臭いにつられて粗相をしてしまうこともありますね。もしもドッグラン内で粗相をしてしまった場合は、飼い主の責任で速やかに片付けましょう。

ドッグランの中には粗相の際の片づけ方に決まりがある場合があります。決まりがある場合はその決まりに従って正しく片づけるようにしましょう。

ワクチンの接種は済ませておく

伝染性の高い病気を公共の場へ持ち込むことがマナー違反なのは、人でも犬でも同じことです。ドッグランに限らず、ドッグカフェや犬と泊まれるペンションなど犬と一緒に利用する公共施設を利用する時には、必ずワクチンの接種を済ませてから利用するようにしましょう。

なかにはワクチンの接種が済んでいることを証明できないと、入場させてもらえないドッグランもあります。初めて利用するドッグランへいく時は、鑑札や注射済み証の提示が必要になる場合もありますので、必ず持参しておくとよいでしょう。

発情中は利用しない

発情中のメスはオスを引き付けるために独特の臭いを放っています。メスの放つ臭いはオスにとってどんなに訓練しても本能を抑えることが難しいもののようです。

発情中のメスをドッグランへ連れて行くと、興奮したオス同士が喧嘩になってしまうこともありますし、なにより愛犬が興奮したオスに襲われてケガをしたり、望まない妊娠をしてしまう可能性があります。

発情中は体調も崩しやすくストレスも感じやすい状態になっています。できるだけ室内で静かに生活させてあげるとよいですね。

picnic

ジャック・ラッセル・テリアとドッグランを利用するには?

ジャック・ラッセル・テリアとドッグランを利用するために必要なことについて調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

ジャック・ラッセル・テリアはテリアの中では比較的穏やかな犬種だといわれています。しっかりと社会化をおこない人や犬に対する接し方を学ばせてあげて、飼い主が常にリーダーシップを発揮できる状態であれば、大きなトラブルを起こすことなく他の犬と仲良く遊ぶことができる犬も多いようですね。

しかしジャック・ラッセル・テリアに対して凶暴で攻撃的な犬種だと考えている人がいることもまた事実です。「何でジャック・ラッセル・テリアだけ?」と思う方も多いと思いますが、お互いに気持ち良くドッグランを利用していくためには、怖いと思う方もいることを理解したうえで、周りの方への配慮を忘れずに利用することが必要なようです。