2017年5月18日更新

洋服のサイズで悩んじゃう!ジャック・ラッセル・テリアに洋服は必要?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

小柄な体つきに馬力たっぷりのエンジンを付けたようなジャック・ラッセル・テリア。元気いっぱいのイメージがありますが意外と寒さが苦手な犬も多いようです。そんな時の悩みが「暖かい洋服を着せてあげたいけどサイズがなくて。」というもの。今回はジャック・ラッセル・テリアに洋服を着せることについて調べてみました。

 

ジャック・ラッセル・テリアに洋服を着せる必要性

「サイズが合わないなら無理に洋服なんて着せなくてもいいんじゃないの?」と疑問に思う方もいらっしゃると思います。確かに犬に洋服を着せることには賛否両論あり、無理に着せて犬の環境への順応性をさげる必要はないという意見もあるようです。

では洋服を着せることには意味がないのでしょうか?ジャック・ラッセル・テリアに洋服を着せることの意味は次のようなものがあるようです。

素材jack-russell-346519_640

マナーとしての着用

ジャック・ラッセル・テリアには3つのコートタイプがあります。短い直毛が密集したように生えていてすべすべとした手触りをしているスムースコート、長くサラッとした手触りの毛質をしているラフコート、ジャック・ラッセル・テリアに最も多い毛質で短毛と長毛が混ざって生えているブロークンコートの3タイプです。

3つのタイプの被毛の共通点は抜け毛が多いということです。特のスムースコートは3つのタイプの中でもっとも抜け毛の多い毛質をしており、やや固い短毛のため抜け毛が洋服や家具に刺さってしまうようです。

自宅ならば粘着ローラーなどで綺麗に掃除をすればよいですが、友人の家やドッグカフェなどの公共施設ではそうはいきませんね。特に人が多く利用する公共施設では、他の人の洋服に毛がついてしまったり椅子などを汚してしまうなど、洋服を着せずに連れて歩くと迷惑になってしまうことも考えられます。

最近ではドッグカフェや犬と泊まれるペンションなどでは、施設内での洋服の着用が義務付けられている場合があるようです。他所の家や公共の施設へジャック・ラッセル・テリアと一緒に出かける時には、洋服を着用することはマナーとして必要なもののようです。

皮膚病の予防

ジャック・ラッセル・テリアは体が丈夫で健康的な犬種としても有名ですが、皮膚病には注意が必要なようです。特にアトピー性皮膚炎には注意が必要だといわれています。

アレルギーを起こす原因としては食べ物によるもの、ノミやダニなどの寄生虫、ハウスダストや花粉などの環境的な要因が考えられ、アトピー性の皮膚炎はそれらのアレルゲン(アレルギーを起こす元となる物質)が肌についたり、呼吸とともに吸い込んだりすることで発症します。

症状としては痒がって手足を噛んだり、足でかくと大量のフケが出たりするようになります。重症化していくと脱毛を起こしたり、患部が赤黒くなり皮膚が分厚くなってしまうことがあるようです。

洋服を着ることでノミやダニなどの寄生虫、花粉などのアレルゲンが肌に付着することを防ぐことができますね。寄生虫や花粉の多い自然豊かな場所へ出かける時は、洋服を着せてあげることで皮膚病の予防をすることができるようです。

暑さ寒さを予防して過ごしやすくするため

犬はもともと環境への順応性が高い生き物ですが、ジャック・ラッセル・テリアのような小型犬は温度管理の行き届いた室内で過ごすことが多いため、外気温との温度差で体調を崩してしまうようなこともあるようです。

また近年は夏の温度の上昇も激しく、秋口には急な冷え込みがあるなど気象が安定しておらず、環境への順応性がある犬でも気温変化に対応することがなかなか難しくなってきてもいるようです。

確かに寒さや暑さに対応できているのに無理に洋服を着せて歩く必要はないかもしれませんが、夏の散歩で帰りに息が上がっていたり冬に外に出ると震えているような時には、無理をさせずに暑さ寒さの対策のために洋服を着せてあげるとよいですね。

Gorgeous Jack russell terrier with santa hat in a christmas

体にあった洋服を選びましょう

ジャック・ラッセル・テリアに洋服を着せる時の1番の悩みは、体にぴったりとくる洋服がなかなかないことのようです。ジャック・ラッセル・テリアはさまざまな犬種の掛け合わせによって生まれてきた犬種のため、体格に個体差が大きくジャック・ラッセル・テリアならこのサイズという基準が難しいことも理由の1つのようですね。

特のイギリス系の血筋を引いているジャック・ラッセル・テリアは足が長く、オーストラリア系の血を引いているジャック・ラッセル・テリアはウェルシュ・コーギー・ペンブロークの影響もあって足が短いといわれていて、犬によって体高にも大きな幅があるようです。

ジャック・ラッセル・テリアの洋服を購入するには、愛犬のサイズをしっかりと測っておくとよいようです。犬の洋服を買う時に採寸しておく点は次の5点です。

  • 胴回り:前足のつけ根から背中を回って胸の一番広いところを1周
  • 首回り:首輪の位置を1周
  • 背丈:首のつけ根から尻尾のつけ根まで
  • 腹側着丈:腹側の首輪の位置から排泄で汚れない位置まで
  • ウエスト:後ろ足の抜け根から背中を回って胴の一番細いところを1周

オーダーメイドやセミオーダーで愛犬のサイズにぴったりの洋服を作ってもらうのもよい方法ですね。確かに金額的には既成の洋服よりもやや高額になりますが、デザインや着心地なども考えられた愛犬にぴったりの1着を手に入れることができるのは魅力的です。

またジャック・ラッセル・テリア用の洋服を作っているお店もいくつかあるようです。専門店では、ジャック・ラッセル・テリア特有の小型ながらがっしりとした骨格にあった洋服を探すことができるようです。

 

着慣れるまでは無理をさせないようにしましょう

犬にとって着る習慣のない洋服はどんなに必要なものであっても最初は違和感があるものです。そのため洋服を嫌がって噛んで暴れたり、逆に動けなくなってしまうようなこともあるようです。洋服を着せて出かける前には、室内で洋服を着ることに慣らしてあげることが大切ですね。

初めて着せる洋服はできるだけ軽く違和感のない洋服を選んであげましょう。いつも過ごしている安心できる場所で着せてあげて、嫌がるようならすぐに脱がしてあげます。絶対に無理をさせてはいけません。少しでも着ていられたらたっぷりと褒めてあげます。食いしん坊のジャック・ラッセル・テリアの場合は、オヤツをうまく利用して着ていられる時間を伸ばすのも有効ですね。

洋服も他のしつけと同様に小さな頃から着せることに慣らしてあげるとスムーズに着られるようになるようです。基本的なしつけが終わったら軽く着心地のよい室内着から初めてみるとよいですね。

室内では脱いで過ごす時間も必要

ジャック・ラッセル・テリアには状況に応じで洋服を着せる必要があるようですが、脱いだ状態で過ごすことも大切なことのようです。

本来洋服を着る習慣のない犬にとって1日中洋服を着ていると、洋服と被毛や皮膚の間に抜け毛やフケなどの汚れが溜まっていってしまいます。また他の犬種よりも運動量が多く汗をかきやすいといわれているジャック・ラッセル・テリアの場合は、洋服の中が蒸れてしまうことがあるようです。

アトピー性の皮膚炎の他にもマラセチア皮膚炎などに注意が必要なジャック・ラッセル・テリアですから、皮膚や被毛はできる限り清潔な状態で保ってあげたいところですね。自宅では温度管理の行き届いた場所を用意して、洋服を着ないで過ごすことができるようにしてあげることも大切なようです。

犬_素材

まとめ

ジャック・ラッセル・テリアに洋服を着せることについて色々と調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

動きの激しいジャック・ラッセル・テリアの場合は、動きを妨げるような装飾がついていない洋服であることも重要です。装飾の多い洋服を着せてしまうと、ジャック・ラッセル・テリアらしい取っ組み合いのようなじゃれ合いが始まった時に、足や首に装飾が絡まってしまうようなことが考えられ危険だからです。

自由で活発なジャック・ラッセル・テリアのよさを洋服で邪魔することがないように、できるだけシンプルで着心地のよい洋服を選んであげるとよいですね。