2017年5月18日更新

独得の鳴き声としつけが心配なビーグルの飼いやすさについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

スヌーピーのモデル犬としても有名なビーグル。森のトランぺッターなどの異名をとる美しい鳴き声は住宅街などでは騒音問題の元になってしまうこともあるようですね。「ビーグルって飼いにくの?」と心配になってしまうところですが実際はどうなのでしょう?今回はそんなビーグルの飼いやすさについて調べてみました。

 

ビーグルの性格は?

ビーグルはウサギ狩りをおこなう猟犬として使役されてきた歴史を持っています。ビーグルの狩りは群れでおこなうもので、ウサギの臭いを追いながら仲間同士で鳴き交わし、獲物を追いつめていくという方法でおこなわれました。

いまでもビーグルの性格はこのウサギ狩りをおこなっていた頃の名残があり、犬同士の協調性に長けた犬が多く多頭飼いに向いている犬種だといわれています。集団での行動に慣れている犬種なので、犬だけでなく人に対してもとても友好的で愛情深い性格をしており、小さなお子さんがいるご家庭からご高齢の方まで、幅広い年代の方と一緒に生活することができます。

またビーグルのウサギ狩りはテリアのように自分で仕留めるような狩ではなかったため、攻撃的な性格はなく猟犬のなかでもっとも穏やかな犬種としても知られていますね。

穏やかだといわれる一方で猟犬としての本能も健在のようで、遊び好きで活発な面もあるようです。特に1度気になるものを見つけると集中して追いかけてしまうような、マイペースで頑固なところがあるようです。興奮するとなかなかクールダウンできない点も気になるところですね。

集団でいることが好きだということは反対をかえすとさびしがり屋で甘えん坊ということになります。いつも誰かと一緒にいたいという気持ちが強い犬が多いため、ビーグルは長時間の留守番には向いていない犬種だといわれています。

ビーグルは性格的な面から考えると、犬との濃厚なコミュニケーションを嫌がらず何かを一緒にすることを楽しむことができる人に向いているようです。

素材beagle-1248768_640

ビーグルのしつけはしやすい?

ビーグルが犬を飼うことに慣れていない人には飼うことが難しいといわれている理由は、しつけにとても根気がいることのようです。特に吠えることに対するしつけが難しい犬種だといわれています。

猟犬として活躍していたころのビーグルにとって吠えることは仕事でした。今でも気になるものを見つけると、自分が決めた目標を達成するまで諦めることなく吠え続けてしまう犬が多いようです。またさびしがり屋で甘えん坊な面のあるビーグルは留守番をすることがとても苦手で、しつけができていないと飼い主が帰ってくるまで吠えていることもあるようです。

ビーグルの声はとても通る独特の声をしています。森の中ではとても役立つものですが、住宅街やマンションなどでは近隣トラブルの原因になってしまうこともあります。できるだけ無駄吠えをしないようにしつけてあげる必要があるのですが、本能的な行為であるため小さな頃から一貫していけないことを教え続けなければなりません。

初めての犬がビーグルである場合は、しつけはプロのトレーナーの力を借りるとよいかもしれませんね。

 

ビーグルの抜け毛と臭いは?

以前は屋外で飼育されることも多かったビーグルですが、最近は犬の健康面と精神面を考えて室内で飼う方が増えてきています。室内でビーグルを飼う時に気になるのが抜け毛と臭いの問題ですね。

ビーグルは抜け毛の多い犬種として、フレンチ・ブルドッグやウェルシュ・コーギー・ペンブロークなどと並んで名前があがることがある犬種です。一見短く密集した被毛をしているので抜け毛が少ないように感じるかもしれませんが、ビーグルは抜け毛が多いといわれているダブルコートと呼ばれる毛の構造をしているため、春から夏にかけてと秋から冬にかけての換毛期には多くの量の毛が抜け落ちます。

ダブルコートは上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)の2層構造となっており、下毛が抜け替わることによって季節にあった体温調整をしているといわれています。そのため春から夏にかけてと秋から冬にかけて下毛が抜け替わる換毛期があるのです。

抜け毛だけでなくビーグルは臭いも気になる犬種として名前があがることが多いようです。

皮脂の分泌が多く脂性の肌質をしているため体臭が強い犬が多いようですね。また大きな垂れ耳が汚れをためやすかったり、トイレの覚えが悪く排泄の臭いが付いてしまうことがあったり、よだれの分泌が多いなど、体臭以外にも臭いの原因として注意が必要な要素を数多く持っている犬種のようです。

ビーグルを室内で飼う時はブラッシングやシャンプーなど被毛のケアを丁寧におこない、皮膚と被毛を清潔に保つことで抜け毛と臭いへの対策をすることが必要なようですね。

素材dog-888025_640

ビーグルのかかりやすい病気は?

ビーグルは丈夫で健康的な犬種だといわれています。大きな病気をせずに天寿を全うする犬も多いようですね。屋外で飼われることが多かった頃はフィラリアにかかることが多かったようですが、室内飼育が主流になりフィラリアに対する予防も進んでいる現在では、フィラリアにかかる犬も減ってきているようです。

フィラリア以外でビーグルが気を付けておきたい病気は椎間板ヘルニアです。

椎間板は背骨と背骨の間に挟まってクッションの役目を果たしているもので、ゼリー状の髄核とそれを覆う繊維輪でできています。この繊維輪が肥満や老化、外傷などで破れて髄液が外に飛び出してしまい、周りにある神経や脊髄を圧迫している状態を椎間板ヘルニアといいます。

症状としては歩き方がおかしい、運動を嫌がる、足の痛みや麻痺などがあります。

治療法としては軽度の場合は安静療法や投薬などの対症療法がおこなわれますが、重度の場合は外科的な手術によって飛び出した髄核を除去する必要があります。また症状が進んでしまうと排泄の補助や歩行の補助などの介護が必要になる場合が考えられる病気です。

椎間板ヘルニアは肥満によって誘発されることが多い病気です。ビーグルは肥満によって誘発されることがある病気としては、椎間板ヘルニア以外にも糖尿病にもかかりやすいといわれています。食欲旺盛で太りやすい体質をしているので、ビーグルを飼う時は食事と運動のバランスに気を付け、常に体重をコントロールしてあげる必要があるようです。

ビーグルの飼育費用は?

飼育費用の面で考えるとビーグルは飼いやすい犬種だといえるでしょう。

かかりやすい病気が少なく健康的なビーグルは、他の犬種に比べて医療にかかる費用が少なくて済む可能性が高い犬種だといえます。犬の医療費は保険がきかないため高額になることが多く、犬の飼育費用の中で大きな部分を占めるものです。その医療費への備えが少なくて済む可能性がある点は費用面ではポイントが高いといえますね。

エサ代については食欲旺盛な犬が多く小型犬の中では体格がよいため、チワワやポメラニアンのよう小型な犬種と比べると高額になるようです。与えるエサの内容にもよりますが1ヶ月おおよそ4千円~5千円程度のようですね。

しかし小型犬に属するビーグルは飼育を始める時に用意する生活用品についても、大型や中型の犬種が使うものよりも小さなもので大丈夫なので、初期の費用も4万~5万円程度で済むようです。短毛のビーグルは自宅でブラッシングやシャンプーをおこなえばトリミングの必要もないので、被毛のケアにも費用がかからないのも費用面では大きな点ですね。

imasia_2293341_S

まとめ

ビーグルの飼いやすさについて実際に生活をすることを考えて、色々と調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

ビーグルはしつけが難しく飼いにくい犬だといわれることが多いようですが、性格的な面からいえば人に対して友好的で攻撃性がなく室内でも飼育がしやすい犬種だと考えることもできます。

ビーグルを飼いやすい犬ととらえるか飼いにくい犬ととらえるかは、吠え癖をどうやって抑えるかが重要になってくるようです。ビーグルと楽しく一緒に暮らしていくためには、犬のしつけのプロの力を上手に借りるのもよい方法かもしれません。