2017年5月18日更新

ぐいぐい引っ張るビーグルの散歩には首輪がいいの?ハーネスがいいの?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

大きな垂れ耳となんにでも興味を持っているようなキラキラした瞳が魅力のビーグル。穏やかで人にも犬にもフレンドリーな性格ながら、猟犬らしい活発で諦めない心を持った犬種でもあります。そんなビーグルには散歩は不可欠ですね。今回はビーグルの散歩には首輪がいいのかハーネスがいいのかについて調べてみました。

 

首輪とは?ハーネスとは?

ビーグルとの散歩で問題になることが多いのが引っ張り癖ですね。散歩中に興味のあるものをみつけたり、大好きな友だち犬と出会ったりすると、飼い主そっちのけでぐいぐいと引っ張っていってしまうところがあるようです。

小型犬の中では体が大きく筋力もあるビーグルに引っ張られると転倒事故の危険性があります。引っ張り癖を治しつつ体に負担が少ないものをと考えると、首輪がいいのかハーネスがいいのか迷ってしまうところでしょう。

ビーグルの散歩に首輪が適しているのかハーネスが適しているのかを考える前に、首輪とハーネスそれぞれの特徴を理解しておきましょう。

首輪の特徴

首輪は字のとおりに犬の首に巻いて使う道具のことですね。首輪というと皮のイメージが強いですが、最近ではナイロンテープや布など肌触りがよくデザインも可愛いものがたくさん販売されています。形状もベルトタイプやバックルタイプだけでなく、ハーフチョークやマーティンゲールなどしつけをおこなうこともできるようなものも販売されています。

ではなぜ犬の首に巻く必要があるのでしょうか?それは犬のしつけ方に起因するところがあるようです。犬は目上の犬が目下の犬を叱る時に相手の首を噛んで教えます。首輪はその習性を生かして犬に対して常に飼い主が上位であることを示し、しつけの際に首輪を引くことで首に衝撃を与え間違いを正すことができる道具なのです。

首輪を巻く事にはしつけの他に迷い犬への対策という意味合いもあるようです。犬が迷い犬になった時に首輪を巻いていれば一目でその犬に飼い主がいることがわかります。首輪に迷子札や直接連絡先を記入しておけば、保護された時にすぐに連絡をもらうこともできます。

またビーグルのようにやや興奮しやすい犬種の場合は、危険な状態だと判断した時にすぐに首輪を掴んで止めることもできます。このようなことから首輪は散歩の時だけでなく常時付けておくことが望ましいといわれています。

ハーネスの特徴

ハーネスは犬の散歩のための道具ではなくそり犬をそりにつなぐための道具として開発された物です。そり犬は重い荷物を引いて長時間走り続けなければなりません。物を引く時に首輪のように首や体に負担のあるものでは力が出せませんし、持久力も落ちてしまいますね。

ハーネスは体に負担をかけることなく、力を入れて物を引っ張ることができる道具として考えられたものなのです。現在はそり犬だけでなく盲導犬や介助犬など、長時間人を導いて歩く使役犬と人とをつなぐ道具としても活用されています。

家庭犬が散歩で利用するハーネスの多くは、リボン状のものを前足に通すような形のものが多いですね。最近では首輪同様にベストタイプのハーネスやフリースラインドハーネスなど肌や体に負担のかからない物から、イージーウォークハーネスなどの引っ張り防止用のものなどさまざまなタイプのハーネスが販売されています。

犬_素材

それぞれのメリット・デメリット

首輪とハーネスがそれぞれどのような道具なのかがわかったところで、次に散歩に使用する場合にはどのようなメリットとデメリットがあるのかを考えてみましょう。

首輪のメリット・デメリット

メリット

  • 着脱が簡単に行える
  • いつもつけておくことができる
  • 首に直接ショックを与えることができるので犬とのコミュニケーションが取りやすくしつけに向いている

デメリット

  • 首が細く頭の小さい犬種の場合は抜けやすい
  • 引っ張った時に首や気管に負担が大きい

ハーネスのメリット・デメリット

メリット

  • 引っ張っても首や気管に負担がかからない
  • 胴に回すので抜けにくい

デメリット

  • 犬が引っ張りやすい構造なので引っ張り癖を付けやすく治しにくい
  • 犬が咬んで壊してしまう可能性があるので装着をしたままにしておくことができない
  • 前足を通して胴体に回さなければならないので着脱に時間がかかる

犬_ビーグルbeagle-1091670_640

 

ビーグルに適しているのは首輪?ハーネス?

首輪とハーネスの特徴やそれぞれのメリット・デメリットをふまえて、ビーグルが散歩に使うにはどちらが適しているのかを考えてみましょう。

ビーグルはマイペースで気になるものをトコトン追いかけてしまう癖がある犬種です。体力も持久力もあるので引っ張り癖を治しておかないと、飼い主が転倒してけがをしたり散歩中にリードから離れてしまうようなこともあるので、まずはしっかりと引っ張り癖を矯正しておく必要があります。

引っ張り癖を矯正するためにはリーダーウォークを訓練しておく必要がありますね。リーダーウォークの訓練にはハーネスよりも首輪が適しているといわれています。特にハーフチョークやチェーンチョークなど引いていない時は首に違和感を与えることがなく、引っ張った瞬間だけ首に強く衝撃を与えることができる物がよいといわれていますね。

ただしチェーンチョークのようにすべてが可動するタイプの首輪は、無駄に首が締まってしまう危険性があるので、使う時には訓練士などからの手ほどきを受けるべきだといわれており、可動する首輪を使い慣れていない場合はハーフチョークやマーティンゲールのように半分は固定されているものを使用するとよいようです。

ビーグルは椎間板ヘルニアの好発犬種でもあり、骨への負担はできる限り少なくしておきたいところです。リーダーウォークを覚え散歩中に落ち着いてついて歩けるようになってきたら、体に負担が少ないハーネスに切り替えてあげるとよいでしょう。

付け慣れないと歩けない

あまり神経質なところのないビーグルですが、それでも首輪やハーネスを付けてすぐに散歩に出かけられるかというとそういうわけにはいかないようです。首輪もハーネスも付け初めは犬にとって違和感のある気持ちの悪いものです。まずは付け慣れることから始めてあげることが大切ですね。

首輪やハーネスに慣らすにはまず室内で首や胴に軽いリボンのようなものを巻いて、何かを巻くことに慣らしてあげるとよいでしょう。リボンが巻かれていても気にしなくなってきてから、首輪やハーネスを巻くようにします。

それでも皮や布の感触に慣れずに嫌がることも多いと思います。その場合は無理をさせずすぐに外してあげましょう。少しずつ慣らしてあげることが大切です。巻かれていても落ち着いていられるようになったら、散歩の前の準備として室内でリードを付けて遊んであげましょう。

室内で遊ぶことに慣れてきたら初めて外へと散歩に出かけてみましょう。最初は外の雰囲気に緊張して慣れたはずの首輪やハーネスを嫌がることもあるかもしれません。その時も無理をさせず、犬のペースにあわせてあげることが大切です。少し歩けたらたくさん褒めてあげましょう。これを繰り返して少しずつ距離を伸ばしていきます。褒める時にご褒美のオヤツをあげるのも効果的なようです。

リーダーウォークの訓練が終わってハーネスへ切り替える時にも、同じ手順でハーネスに慣らしてあげるとよいですね。

素材dog-888025_640

まとめ

ビーグルには首輪が適しているのかハーネスが適しているのかを、散歩で利用することを中心に調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

ビーグルは犬を飼ったことのない人が初めて飼う犬には適していないといわれています。その理由の1つは散歩中の引っ張り癖や吠え癖を治すことが難しいという点があるようです。

ビーグルはもともとウサギを狩る猟犬として活躍してきました。ビーグルの猟は群れを作って鳴き交わしながら獲物を追い詰めていく方法でおこなわれます。今でもこの習性は抜けていないようで、気になるものを見つけると鳴きながら追い続けてしまうのです。

ビーグルの引っ張り癖や吠え癖は本能に基づいた行動なので、治していくには根気強く同じことを教えていくしかないようです。ハーフチョークやイージーウォークハーネスなどをうまく活用して、しっかりとリーダーウォークを教えてあげるとよいですね。