2017年6月14日更新

猫の肥満が急増中!猫のダイエットに本気で取り組もう!【獣医師が解説】

猫の肥満、実は大きな問題になっているのをご存知でしょうか?その割合、なんと40%以上と言われています。さらに、2013年の調査では、「5年前と比べて肥満の猫が増えているという実感がある」と答えた獣医師が6割以上!猫の肥満は急速に広がっています。

おうちの猫がポチャッとしているという飼い主さん!猫の健康のため、ダイエットを考えてみましょう。

必要なカロリーとフードの量を計算してみよう

理想体重の決め方

カロリー計算をするためには、理想体重を決めることが必要になります。
一番いいのは、BSC(ボディコンディションスコア)を基に大体の理想体重を決めることです。以下のサイトにBCSの見方が載っているので参考にしてみてください。
http://www.petful-life.jp/diary/study/cat_bcs.html
猫は種類による体重の違いが少ないため、標準の体重は3.5~4.5㎏です。ただし、骨格が大きければ5㎏以上でも正常であったり、小さい猫であれば2㎏後半でも正常な猫もいます。BCSと平均体重を参考に理想体重を決定しましょう。

安静時必要カロリーを計算してみよう!

次にその理想体重を使って、カロリー計算をします。現在の体重ではなく必ず、理想体重を使ってくださいね!

まずは、安静時必要カロリー(RER)の計算。
RER(kcal)=(理想体重の4分の3乗)×70
ですが、この計算式はややこしいので簡易の式で計算できます。
RER(kcal)=理想体重×30+70

一日の摂取カロリーの目安を知ろう

上までで出したRERに、肥満気味の猫は1.0、減量が必要な肥満の猫は1.2をかけます。
例えば理想体重が4kgの猫であれば、RER=4×30+70=190kcal
肥満気味の猫であれば190kcal、減量が必要な猫であれば190×0.8=152kcalが一日の摂取カロリーの目安です。

一日に必要なフードの量を決める

フードによってカロリーは変わってくるので、摂取カロリーを1g中のカロリーで割ります。例えば350kcal/100gと書いてあるフードの場合は、1日190kcal食べさせるとすると、190÷3.5=54gが1日のフードの量です。これを1日2回もしくは3回に分けて与えます。

猫のダイエットの注意点

ダイエットにもいくつかの注意点があります。

フードは徐々に減らす

上で計算したご飯の量は、普段食べている量よりかなり少なくなると思います。いきなり減らさず、2週間以上かけてゆっくり目標の量まで減らして行ってください。もし体重が一気に減るようなら、フードの量は少し戻してもらった方がいいでしょう。必ず、猫の健康状態や体重を見ながらゆっくり減量してくださいね。

急に減らすと肝リピドーシスの危険性あり

もし万が一、急に食欲や元気がなくなる、嘔吐が出てくる場合は「肝リピドーシス」を起こしている可能性があります。急激なダイエットで肝臓に負担がかかると起こる病気ですが、危険ですのですぐに病院で診てもらった方がいいでしょう。特に重度の肥満の猫では、減量スピードには要注意です。

フードの量を減らす以外にできるダイエット方法

ごはんが足りない/なかなか痩せない猫にはダイエット食を

ご飯の量を減らすと、満足できずにもっと欲しいとねだる猫が多いです。また、フードを減らしても、なかなか体重が落ちない猫もいます。

そういった場合には、肥満の猫用のダイエット食を与えましょう。ダイエット食は、食物繊維を多くして、カロリーを抑えているため、同じカロリーでもたくさんの量を食べることができます。

カロリー消費を増やして満足感を与える食事の方法

食べさせ方の工夫も重要です。一気にご飯を食べてしまうと満腹感が得られないことがあります。

その場合にオススメなのが、「トリートボール」というおもちゃを。ボール状のおもちゃで、中にフードを入れることができます。穴が開いているので、ボールをうまく転がすとフードが出て来て食べることができるというおもちゃです。
・時間をかけて食べるため満腹感が増す
・カロリー消費が増える
・猫の捕食本能を刺激して満足感を与えられる
というメリットがあるため、ダイエットが成功しやすくなります。

運動量を増やすための環境作り

猫は運動によるダイエットは難しいですが、空間をうまく使うと運動量が増えて消費カロリーを増やすことができます。

猫は特に上下の空間や移動が好きです。キャットタワーなどをうまく使って、活発に動きたくなるような環境を作ってあげましょう!そうすることで消費カロリーが上がってダイエットの助けになりますよ。

まとめ


猫のダイエットは難しいです。また、急激なダイエットは時に危険もあります。できれば動物病院で相談しながらうまくやってもらうことがおすすめです。

長く元気で生きてもらうためにダイエットを頑張ってみましょう!

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

肥満は万病の元!愛猫にオススメのダイエット法

ネットやテレビで誰もが一度は見たことがあるおデブ猫ですが、お宅の愛猫はどうですか。 あそこまで丸まるとおデブでなくても、そこそこおデブやポチャコなんてことはないでしょうか。 本来……

猫の食事・キャットフード

猫の食生活を管理するために知っておきたい!キャットフードの種類や原材料について。

猫の食生活、ほとんどの飼い主さんは市販のドライフードや缶詰を毎日の食事として与えているのだと思いますが、その内容やそれぞれのメリット・デメリットはご存知でしょうか? キャットフードやお……

猫の食事・キャットフード

「S.G.J.プロダクツ」のキャットフードとは?

「S.G.J.プロダクツ」は猫の自然食になるべく近いキャットフードを作るため、オーストラリアの食材だけを厳選し一貫した管理のもとに日本の猫達にフードを届けているメーカー。原産国不明の食材や合……

猫の食事の基礎

【獣医師が解説!】肥満や痩せ過ぎの指標BMIって犬猫にもある?

健康維持を考える上で、肥満や痩せ過ぎを予防することはとても大切です。肥満や痩せ過ぎの程度を知るために人では『BMI』という指標が使われていることは知っている人も多いのではないでしょうか。 ……

大人気!グレインフリーキャットフードが猫の健康に良い3つの理由とは?

最近人気のグレインフリーのキャットフード。グレインフリーキャットフードとは穀物類を使用していないキャットフードのことで、穀物を使用しないことで猫の健康に良い影響があると言われています。 ……

猫の食事の基礎

画期的★猫の歯磨き+飼い主がダイエット出来るおもちゃを作ってみた!

皆様、何度かブログでも紹介していますが、ワタクシの趣味は「猫のおもちゃ作り」。普通の猫じゃらしはモチロンのこと、「天井から吊るす猫じゃらし」や「壁掛けキャッチミーイフユーキャン」などを作って……

猫の歯のお手入れ

猫が健康に生きていくために必要な栄養とは?飼い主なら知っておきたい猫栄養学について。

多くの飼い主さんは猫の毎日の食事にキャットフードを使っていると思いますので、猫の栄養学について知識がなくても特に問題はないでしょう。 しかしながら、猫が高齢になったり、病気になったりす……

猫の食事の基礎

【キャットフード】愛猫の水分補給にもおすすめキャットフード10選

愛猫が脱水症状を起こしやすい時期には、特に水をもっと飲んでほしいと思いますよね。また、下部尿路疾患など水分不足が悪影響を及ぼす病気もあるので、猫の水分補給はとても大切です。 愛猫が水分……

猫に必要な栄養

最近の猫の40%が肥満!メタボ猫になってしまう5つの原因とは

2010年の飼い猫の調査によると、最近の犬猫の40%は肥満だという結果があり、その数は年々増加傾向にあるそうです。 デブにゃんこは確かに可愛く微笑ましいと思いますが、猫の健康を考えたら……

猫のダイエット

【ネコのダイエット】愛猫をデブニャンにしない!飼い主のNGな習慣とは

「飼い主が肥満だとペットも太りやすい傾向がある」とどこかで読んだ気がしますが、愛猫カイトは3,8キロという標準体型を維持しています。 私の息子も160cmで43キロという「女子の敵!」……

猫のダイエット

獣医師が教える!ぽっちゃり気味の犬猫さんへお届けする安全なダイエット

犬や猫も肥満になります。肥満になると、関節障害や心臓疾患、糖尿病、猫であれば泌尿器疾患にもかかりやすくなります。今回は、前半で犬や猫のダイエット方法を、後半で健康を害さないために大切な点と、……

猫のダイエット

猫の肥満が急増中!猫のダイエットに本気で取り組もう!【獣医師が解説】

猫の肥満、実は大きな問題になっているのをご存知でしょうか?その割合、なんと40%以上と言われています。さらに、2013年の調査では、「5年前と比べて肥満の猫が増えているという実感がある」と答……

猫のダイエット

【ちょっと猫飼いに聞いてみました!】ダイエット中の猫のおねだりをかわすにはどうすればいい?

猫について獣医師に聞くほどのことではないのだけど、でも知っておきたいことってありますよね。猫飼いのスタッフが考えてみました。 質問!ダイエット中の猫のおねだりをかわすにはどうすればいい? ……

猫のダイエット

プレミアム・ニュートリション・フード 「ピュリナワン」のキャットフードとは?

キャットフードを選ぶ時、愛猫が勢いよく食べてくれる〝食いつきの良いフード″を選んでしまうという飼い主さんは少なくないのではないでしょうか。やはりガツガツ食べてくれると嬉しいですし、何より健康……

猫に必要な栄養

【スペシャルキャットフードのすすめ】ダイエット専用フードが良い理由とおすすめキャットフードブランド

室内飼いの猫が多くなり長寿になって嬉しい反面、運動不足で体重オーバーになる猫も増えてきています。肥満になると猫はさまざまな病気に罹りやすくなりますので、早目のダイエットが必要です。そんな時、……

ニュース

【デブとは呼ばないで!】黒猫モモちゃんダイエットを始めました。

人間のダイエットも大変ですが、猫のダイエットもつらい道のりです。でも健康の第一歩は適切な体重管理です。太りすぎにならないように適切な体重を目指しましょう。 猫のダイエットを始める前に知……

猫のダイエット

猫の健康を維持する為には?猫のエサの与え方と与えてはいけない食材

私たち人間は、健康に毎日を過ごす為に日頃から食生活に気をつけたり、運動や睡眠を充分にとったりしています。健康管理をする事で風邪などの病気を予防します。 猫も同じです。野良猫の場合は、本……

猫の食事の基礎

猫の食事回数はどれが正解?悩める飼い主さんに答えが見つかるアドバイス!

猫の食事回数、飼い主のみなさんはどうしてますか? 1日2、3回?もっと頻繁に?猫の食事回数について悩む飼い主さんは意外と多いのです。この記事では猫の食事回数を決める時に役に立つ情報をお……

猫の食事の基礎

【動物看護師が解説!】愛猫のダイエットを成功させるコツ

丸々とした猫って可愛いですよね。お腹もぷよぷよで、触っていても、見ているだけでも癒されます。しかし、体への負担は大丈夫なのでしょうか?「丸くて可愛いからいいの!」ではすまされない猫の肥満。ダ……

猫のダイエット