本当にスヌーピーみたいなカラーがあるの?ビーグルのカラーについて

スヌーピーのモデル犬として有名なビーグル。ビーグルといえば白と茶色と黒の3色をイメージしますね。でもスヌーピーのカラーはホワイトを基調に耳や背中に黒い斑点があるカラーです。実際にビーグルのカラーとしてあるものなのでしょうか?今回はあまり知られていないビーグルの被毛のカラーについて調べてみました。

 

ビーグルの被毛の特徴は?

ビーグルのカラーについてご紹介する前に、ビーグルの被毛の特徴についてお話ししましょう。

ビーグルは全身を短い被毛で覆われているスムースコートと呼ばれる毛質をしています。固い毛質をしていますが粗くゴワゴワとした手触りではなく、艶のある滑らかな手触りをしています。猟犬として活躍してきたビーグルは、どのような天候の中でも活動できるように撥水性の高い毛質になっているようですね。

固く撥水性のある被毛は実は表面を覆う上毛で、その下に短く柔らかい下毛が密集して生えています。このように上毛と下毛の2重構造になっている被毛をダブルコートといいます。ダブルコートの犬種は寒冷地で育種改良された犬が多く、下毛が抜け替わることによって季節にあった体温調整をしているため抜け毛が多いといわれています。

ビーグルも例外ではなく抜け毛が多い犬種として名前があがることが多いですね。ビーグルは短毛なのでトリミングの必要はありませんが、毎日のブラッシングなど抜け毛に対する対策が必要なようです。

Cute Beagle Puppy
 

ビーグルのスタンダードカラーは?

ビーグルの日本でのスタンダードカラーについて、一般社団法人・ジャパンケネルクラブ(JKC)ではどのように定められているのでしょう。

ビーグルのスタンダードカラーはレバー色以外のハウンドカラーであれば認められるとされています。ではハウンドカラーとはどのようなカラーなのでしょうか?ハウンドカラーとは別名ハウンドマーキングとも呼ばれていて、ベースとなるホワイトカラーにブラックや褐色の班が入るカラーのことを指します。

ビーグルやバセット・ハウンドなど臭覚ハウンドのカラーとしてポピュラーなもののようですね。ビーグルのカラーとしてはハウンドカラーであること以外には、尻尾の先がホワイトであることが決められています。

 

人気カラーのご紹介

ビーグルの人気のカラーをご紹介しましょう。

トライカラー

ビーグルと聞いて最初に思い浮かべるカラーはこのトライカラーではないでしょうか?ビーグルのカラーとしてもっともポピュラーなカラーです。

ホワイト、ブラック、タンの3色で構成されているカラーで、ハウンドカラー・ホワイト&ブラック&タンとも表記されることがあるようですね。ブラックやタンが全体に広がったようなカラーもありますが、基本的にはベースのホワイトにブラックやタンのはっきりとした班が出るカラーのようです。

犬_ビーグルbeagle-1091670_640

レッド&ホワイト

ベースとなるホワイトにレッドと呼ばれる赤茶色の班がある2色構成のカラーです。赤茶色の濃さには濃淡があり、同じレッド&ホワイトでも個性豊かなカラーバリエーションがあるようです。

最近はレモンカラーと呼ばれる明るく柔らかい茶色の班が出るカラーの人気が、高くなってきているようですね。トライカラーよりも優しい印象を与えるところが人気の理由かもしれませんね。

 

スタンダードとして認められていないカラーは?

スタンダードカラーとして認められていないカラーをミスカラーといいます。ミスカラーの犬種は繁殖の際には注意が必要だといわれており、ドッグショーなどへ出陳すると大きな減点となってしまいます。

ビーグルで認められていないカラーはレバーカラーの他に、ブラウン&ホワイト(ホワイト&ブラウン)、ブラウン・タン&ホワイト(ブラウン・ホワイト&タン及びホワイト・ブラウン&タン)の2色が認められていません。

犬_素材

まとめ

ビーグルのカラーについて色々と調べてきましたがいかがでしたか?

ビーグルのカラーのもっともポピュラーなカラーはホワイト、ブラック、タンの3色からなるトライカラーのようで、実際にはスヌーピーのようなホワイトとブラックの2色だけのビーグルはとても珍しいようです。

しかしビーグルの班の出方は1匹として同じ出方がないといわれています。確かにスヌーピーと同じカラーの犬を探すことは難しいかもしれませんが、世界で唯一のカラーを持つ愛犬に出会えることも、ビーグルの魅力の1つかもしれません。

関連記事