2017年2月25日更新

獣医さんおすすめ!猫を安心して連れ出せる安全で便利なキャリーバッグ

初めて猫を飼ったら揃えなければならないグッズの筆頭にあげられるのがペット用のキャリーバッグ。猫を家に連れて来たらまず、病院に行って健康状態を調べる必要がありますが、そのためにもキャリーバッグは不可欠です。ところが、必要に迫られてお店に置いてあるキャリーバッグを適当に購入してしまったり、デザイン優先で選んでしまったりして後で後悔する飼い主さんも少なくないようです。そこで、今回は獣医さんの視点から猫に相応しいキャリーバッグをご紹介します。

キャリーバッグは病院に連れて行くことを前提に探すのがベスト

病院へ行くのが好きな猫は滅多にいません。無理やりキャリーバッグに入れられて、未知との遭遇に戸惑いながら病院へ。そして、病院に着いたら今度は無理やりキャリーバッグから出されて、あちらこちら触られ、時には痛い思いも・・・病院とは猫にとってとても理不尽で恐ろしい場所なのです。キャリーバッグはそんな猫を少しでも安全にストレスなく連れて行けること、そして病院では猫を手際よく出し入れできることを前提に選ばなければなりません。今回は・・・

  1. 横にドアがあって出し入れしやすい
  2. 爪が引っかからない固い素材
  3. 天井部が開いて猫を出し入れしやすい
  4. ドアがワンタッチで開けられる
  5. 床に爪が引っかかるものがない

の5つの条件でおすすめのキャリーバッグを探してみました。サイズや形などを比較して、愛猫にあったもの、飼い主さんの使い勝手に合わせて選んでください。

5つの条件を満たす獣医さんおすすめキャリーバッグ

【獣医さんおすすめキャリーバッグ】①リッチェル キャンピングキャリー ダブルドア

サイドにも天井にもドアがついたダブルドアでアマゾンでも人気NO.1のキャリーバッグ。サイズSでも比較的大きめになので6kg程度の猫なら余裕で入れることができます。サイドのドアは左右どちら側にも開閉ができますので、置き場所を選びません。また、シートベルトを固定する機能もありますので、クルマを運転しながら一人で猫を運ぶ時にも安心です。使わない時には上下のケージ部分を真ん中から外して重ね、省スペースで収納しておくことができますし、サイドのドアが取り外しできるので、家にいる時にはハウスとして普段使いしてもOK。ハウスとして普段から慣らしておけば「キャリーバッグ=病院」のイメージを払しょくすることができ、大人しく病院に連れて行くことができそうです

  • メーカー:リッチェル
  • サイズ:幅31.5㎝×奥行47㎝×高さ28.5㎝(Sの場合)
  • 重さ:1.8kg
  • 素材:本体/ポリプロピレン、バックル・扉ロックなど/ABS樹脂、上の扉/ポリカーボネード

【獣医さんおすすめキャリーバッグ】②Amazonベーシック ペットキャリー ダブルドア S

こちらのペットキャリーはAmazonが「良いものを安く」というコンセプトのもと、全世界で展開しているオリジナルブランド「Amazoベーシック」の商品です。ドアはサイドと天井部の両方にあるダブルドア。天井部の扉は左右どちらからでも開けることができますし、完全に外すこともできますので猫を出し入れしやすいでしょう。また、サイドドアは鋼鉄製で丈夫ですので猫が暴れても壊れることはありません。キャリーの上部と下部はふたつに分解することができますので、洗ったり干したりする際に便利。上下を合体するときにはクリップだけでなくねじ止めすればさらに安全です。「Amazonベーシック」の商品は1年間の保証付きですので、その点もメリットです。

  • メーカー:Amazon
  • サイズ:幅30.5cm×奥行き×48.3cm高さ25.4cm
  • 重さ:1.4kg
  • 材質:プラスチック、鋼鉄(ワイヤ)

【獣医さんおすすめキャリーバッグ】③ファーストラックス ペットスイート S

ペットスイートのキャリーバッグもサイドと天井が開くダブルドア。両ドアとも左右両方に開けることができますので、どんな状況においても最低限の労力で猫を出し入れすることができます。また、両ドアともにハンドルロックでドアを閉めるようにできていますので、間違ってドアが開くことがありません。力の強い猫、中で暴れがちな猫には特におすすめです。また、サイドドアの格子には必要に応じて給水ボトルやえさ箱をつけることも可能です。このペットキャリーは、IATA(国際貨物輸送協会)の基準をクリアしていますので、飛行機で移動する際にも使用することができます。Sサイズは4.5kgまでの猫に対応していますので、愛猫が5kg以上あるようならMサイズを購入した方が良いでしょう。

  • メーカー:ファーストラックス
  • サイズ:幅32cm×奥行49cm×高さ26cm(Sサイズ)、幅39cm×奥行59cm×高さ33cm (Mサイズ)
  • 重さ:1.6kg
  • 材質:ポリプロピレン、スチール

【獣医さんおすすめキャリーバッグ】④プチリュバン ペットキャリーバッグ50

「プチリュバン」のキャリーもサイド、天井ともに開けることができるダブルドア。両ドアとも格子でできたドアなので外から中の猫をチェックしやすいうえ、通気性が良いのが特徴です。中に入った猫にとっても外の様子が分かるので、どちらかというと好奇心旺盛な猫に向いたキャリーかもしれません。気の小さい猫を運ぶ場合は病院でキャリーをすっぽり覆うカバーを用意することをおすすめします。ドアは取り外し可能ですので家ではドアなしでハウスとして使用することも可能。キャリーの天井がフラットなので、多頭飼いで複数のキャリーがある場合には重ねて猫マンションにすることもできます。キャリーのカラーはブラウンとグレイの2色があります。

  • メーカー:プチリュバン
  • サイズ:横35cm×奥行50cm×高さ32cm
  • 重さ:1.5kg
  • 材質:プラスチック

【獣医さんおすすめキャリーバッグ】⑤アイリスオーヤマ ペットハウス キャリー P-HC480

天井が大きく開くだけでなく、サイドも24cm幅で広く開けられるペットキャリー。サイドの扉に小窓がはめ込まれているのが特徴で、小窓のみを開ければ猫の飛び出しを防ぎつつ、中の猫をケアすることができます。さらにサイドドアはスライドアップして天井部分に格納し、フルオープンにすることができますので、普段、家でハウスとして使っても不自然に見えません。天井、サイドともに開閉部分が透明になっているため中の猫の様子が分かりやすいのもポイント。カラーは、ブラウンとホワイトの2色があります。給水ボトルがつけられたり、シートベルトに固定するフックがあったりなど、アイリスオーヤマらしいアイデア満載のキャリーです。

  • メーカー:アイリスオーヤマ
  • サイズ:幅32.1cm×奥行48cm×高さ30cm
  • 重さ:1.63kgkg
  • 材質:ポリプロピレン、スチロール、ABS樹脂

【獣医さんおすすめキャリーバッグ】⑥マルカン 2ドアキャリー 小型犬・猫用

天井とサイドのダブルドアでサイドドアは両側に開けることができます。下に敷くスノコが付属していますので、キャリーの中でおとなしくしてくれる猫なら、オシッコに備えてスノコの下にペットシートを敷いて使うことができます。ただし、キャリーの中で暴れる猫の場合、スノコで爪を怪我してしまうことがありますので、猫の性格やキャリーでの様子を確認して判断してください。カラーは、ブラウン(下がブラウン、上がベージュ)、ピンク(下がグレイ、上がピンク)、ブルー(下がグレイ、上がブルー)の3色があります。

  • メーカー:マルカン
  • サイズ:幅30.5cm×奥行47.5cm×高さ28.2cm
  • 重さ:1.7kg
  • 材質:ポリプロピレン、ポリスチレン、スチール

【獣医さんおすすめキャリーバッグ】⑦VOOPH(ブーフ) ペットキャリー

体重8kgまでの猫を入れられる大きめのキャリー。サイドのドアは格子状ですし、上部のカバーには空気穴がたくさん開いていますので、通気性は抜群。夏の暑い季節にも中が暑くなりにくい構造です。もちろん、天井部にも扉がありますので、猫の出し入れも簡単。本単はABS樹脂製、ドアの格子はステンレス製ですので耐久性も抜群ですし、IATAの基準をクリアしていますので飛行機での移動にも使用できます。サイズが大きめで若干重めですので、クルマで移動することが多い飼い主さんや男性の飼い主さんにおすすめです。

  • メーカー:VOOPH
  • サイズ:幅33cm×奥行53cm×高さ32cm
  • 重さ:1.8kg
  • 材質:ABS樹脂、ステンレス

キャリーバッグの選び方が猫の命を救うこともある

キャリーバッグは猫グッズのひとつではありますが、ハウスやマットを選ぶのとは訳が違います。たまに「怖がって暴れる猫をキャリーバッグに入れられず、どうしても動物病院に連れて行けない」という飼い主さんの声を聞きますが、もし猫が深刻な病気に罹っていたら、救える命も救えなくなってしまいます。キャリーバッグはより簡単に猫を出し入れできるダブルドア構造タイプを選ぶべきですし、中で猫が暴れても怪我をしないよう内部の作りにも留意すべきでしょう。また、新品にいきなり猫を入れるのではなく、猫がキャリーバッグに恐怖心をもたないよう家の中にしばらく置いて慣らしておくことも大切。そうすれば猫のストレスも多少は抑えられますし、臆病な猫でもいざという時に病院に連れていけるようになるでしょう。キャリーバッグは時に猫の命をも左右する重要なアイテムなのです。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

さまざまな理由で猫を飼えない人におススメ! 猫付きマンションって知ってる?

ペットを飼うことができる賃貸物件は最近、そんなに珍しくありませんが、実は猫が付いてくる賃貸物件があるのをご存知でしょうか? [関連記事]ペット一緒に愉しく暮らそう!犬・猫と住める賃貸物……

猫の幸せ

GWに飼い主さんが旅行に。動物病院にペットを預けるメリットとデメリット

ゴールデンウィークが近づき、旅行を計画しはじめている人も多いと思います。様々な事情でペットと一緒に旅行に行けない場合、ペットの世話はどのようにする予定ですか?親類や信頼できる知人に預けたり、……

犬との旅行

猫のためのペットホテル利用方法。料金や注意点は?

1日や2日のお留守番ならしっかりこなせるのが猫ですが、海外旅行や出張など長く家を留守にする時はやっぱり心配ですよね。 そんな時に便利なのがペットホテル。 今回は猫をペットホテルに……

猫のワクチン接種

【ペットシッターが解説】飼い主さん必見!ペットシッターをお願いするときに準備しておきたい3つのこと

ペットシッターを初めてお願いする時は、まずは打合せが必要になります。しかし、どんなことを準備しておいたらいいのか、初めてだと何かと不安ですね。大切なペットのお世話をお願いからには、愛犬や愛猫……

犬の留守番のしつけ

猫と一緒に海外旅行!飼い猫を飛行機に乗せる方法とは

飼い猫は家族の一員であるからこそ、家族旅行にいく時には一緒に連れて行ってあげたいと思うものです。 しかし、猫を飛行機に乗せるためにはいくつかの条件があり、それについて予め知っておかなけ……

猫の心を読む訓練